Loading...

COLUMN

aoiとの出会い

aoiとの出会い

aoiとの出会い
ライター

梅田 琴未

aoiとの出会い

 

 

出会い

 

 

この塾との出会いは、一回生の冬のことでした。友人の紹介で塾長の染谷さんと出会ったのがきっかけです。染谷さんとの出会いは、今でも鮮明に覚えています。彼との初対面では、エネルギッシュでいきいきとした印象を抱きました。現在でもあの時と変わらず、いや、むしろ当時以上にその印象が彼にはあります。染谷さんが自己の熱意と思いを打ち明け、最後に一言、『僕たち(メンターと生徒)と一緒に夢を見ないか?』という言葉から、彼の元で一緒に生徒と夢を見たいと思ったのが、この塾との出会いです。

 

 

なぜ、やろうと思ったか

 

 

今思えば、この塾に出会えた事、いや、むしろ彼に出会えた事は、自分自身の人生のターニングポイントであったと感じています。 私は高校2年の時、総数100名以上の部員を率いる吹奏楽部の部長をしていました。そこで、新しくもう一度部活を立ち直すという試みを遂げた事により、私は将来、リーダーとして何かを作り上げる、という夢を持つようになりました。けれども、大学に入学した後は、大学生活という貴重な時期の1日1日を無駄に過ごしてしまっていました。染谷さんに出会ったのは、ちょうどそのころです。 私が大学生活を自分のやりたい事に少しでも近づくことの出来る四年間にして行きたいと思い、染谷さんの塾立ち上げを初期から一緒に作り上げたいと思ったのがきっかけです。

 

 

去年一年やってみてどうだったか

 

 

私は、生徒の志望理由書のサポートと面接対策に携わっていました。一年を通して2つ印象に残っている事があります。1つめは、生徒が自分の夢を目を輝かせて話している姿。2つ目は、その生徒が実際に合格証書を手にして泣きながら喜んでいる姿です。 私たちaoiのメンターは、「一緒に合格する」という意気込みで生徒一人一人にあたっていたので、生徒たちが志望校に合格した時は、私たちも自分の事のように嬉しかったです。生徒ははじめ、自分の強みや弱みなどを明確にする事に苦戦していたので、何十回も論文の添削を繰り返しては書き直すという作業を投げ出すかなと思いましたが、aoiの生徒は諦めずに何十回も書き直して頑張っていました。 aoiのAO入試対策のカリキュラムには小論対策も導入されているので、生徒の小論文の出来も徐々に成長していくのがわかりました。 最終的に、合格証書を生徒が手に入れた時の喜びを生徒と分かち合うことができました。aoiではメンターたちの力を集結させ、生徒一人一人と向かい合い、合格まで導きたいと考えています。今年も去年の反省を生かしつつ、生徒とメンターが一緒に夢を掴む事をaoiは目指しています。

 


 

当塾では、AO入試・推薦入試に関する無料相談・無料体験を行っています。この記事を読んで、「AO入試を考えてみようかな・・・」と思った方も、ぜひ一度、無料体験にお越しください。AO入試や推薦入試、小論文についての疑問が晴れることは間違いないでしょう。

 

無料体験はこちらをクリック

 

 

View More...

他の記事を読む

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。