Loading...

aoiを支える6人のメンバー紹介

aoiを支える6人のメンバー紹介
ライター

染谷 大

aoi代表

メンバー紹介

 

 

 

aoiを支える6人

 

 

こんにちは。

aoi代表の染谷です。

今回は、塾の経営に携わっている魅力的な仲間たちを、塾に参画した順番に紹介していきます。

 

福井 悠紀  (京都大学)

 

 

彼とは、京都大学のクスノキ前で初めて会いました。

言うまでもなく、去年の合格実績とともに、塾が急成長しているのは福井のおかげです。

彼が塾の経営に携わる前、塾生や保護者様からメールや質問をいただくときは、必ず「染谷さん」という言葉が添え

てありました。つまり、「会社=染谷」だったのです。

そんななか、福井が21歳の誕生日の時に、塾の経営に参画したいという旨を僕に伝えてくれました。

それから僕は密かに、

塾生が合格した時、生徒、保護者様からメールやお礼の手紙をいただく際、

必ず、「染谷さん、福井さん」

と書いてもらえるように、努力しました。

半年後、合格者の保護者様の手紙に、染谷さん、福井さんと書かれていた時は、達成感に溢れました。

福井とは色々な思い出があります。二人で塾を経営していくなかで、様々な困難、壁に当たりました。ですが、彼と一緒だったからこそ乗り越えてこられました。

僕は大学に入学したときに、「大学4年間で必ずおこなう100の項目」をつくったのですが、その一つに、「最高のビジネスパートナーを見つける」とあります。彼と一年間やりきって、☑︎を入れたのはここでは内緒にしておきます。

 

 

河守 晃芳 (京都大学)

 

 

福井は、小論文合格のメソッドや、志望理由書の正しい書き方を確立させるために、京都大学の論文入試合格者や特色入試合格者にインタビューを重ねていました。

そんななか、「今まで何人も東大生や京大生と会ってきたけど、今日会う京大生は何かが違うから、大も一緒に来てほしい」と言われました。福井は基本そのようなことを言わないのにも関わらず、強くついて来るよう言ってきたので、僕も会いに行きました。

そこにいたのが河守でした。

なぜかは分かりませんが、僕と福井のためにケーキを買ってくれていて、3人でケーキを食べたことを昨日のように思い出します。

河守と話していると、福井の直感が正しいことに気がつきました。彼の魅力や強みを一言で現すことは難しいです

が、私たちのなかで一番頭が良いのは間違いなく河守です。

今では、塾の経営戦略、管理、サポートなど幅広く手がけてくれ、僕と会社にとって欠かせない大切な仲間になりました。

 

 

山之口 優(関西学院大学)

 

 

AO入試合格者の合格した要因や共通点を洗い出すために、主に関西圏のAO入試合格者に片っ端から連絡を取っていました。

当初は、魅力的な人間がいたら、メンターとして一緒に受験生をサポートしてほしいと考えていたのですが、正直、当てはまる人がいませんでした。

そんななか、友人の紹介で、連絡を取ったのが山之口です。

特に会う予定もなかったので、AO入試の情報だけ取れればいいかなと思っていました。

ある日、僕は梅田で仕事の打ち合わせがあったため電車に乗っていると、たまたま「テスト終わりました。AO入試のことでしたら何でも聞いてください。協力します」と山之口から連絡がきました。

滅多に大阪に行かない僕と、彼女のテスト終わりのタイミングが重なって、何か不思議な縁を感じました。

互いにご飯を食べていなかったので、東京下町感が溢れるお店に行きました。その時に彼女の想い、バックグラウンド、AO入試に対する想いを聞きました。すぐに、「僕たちのチームは日本一だから、毎日が修学旅行の前日みたくワクワクできる。一緒にやらないか。」と誘いました。

一期生の関学AO入試合格率は実に9割以上でした。間違いなく山之口のおかげです。

HPのデザインおよび、教室のデザインも山之口が考えました。

彼女の分かりやすく、なぜか元気が出るサポートは塾生にも好評判です。

そして、僕たちのチームが毎日良いパフォーマンスを出せるのも、ムードメーカーである彼女のおかげです。

 

 

仲谷 和樹 (同志社大学)

 

 

大学の友人がチーム同志社という団体の代表をやっていました。ある時、そのキャンプに是非来てくれと友人から誘われました。

僕はサポートが詰まっていたので、一晩だけなら参加するという約束で、京都から奈良までヒッチハイクして向かいました。

一つのホールに、同志社の1年生約15人、上回生約20人が夜12時にも関わらずワークしていました。

1年生が僕のところに集まって色々話をしていました。

少し経つと、僕と1年生たちが話しているところに、一人の上回生が入って来ました。

それが仲谷との出会いです。

その時は、彼の魅力や強みをあまり感じなかったのですが、後日、仲谷が代表を務める同志社公認ビジネスコンクールから「同志社ビジコンの基調講演をしてほしい」と連絡がありました。そして、初めて仲谷と二人で話しました。

あの時の衝撃は忘れられません。仲谷は僕が今まで会った人のなかで、最も「自分に厳しく、人に優しい」人間だったのです。

そんな彼と一緒に夢を追いたいと僕は思い、塾の経営に参画してほしいと頼みました。

仲谷は、主にシステム管理・マーケティングを手がけ、同志社大学に一般入試で入ったことから、学力サポートをメインにサポートしています。

僕たちのチームの中で、間違いなく人から信頼を寄せられるのは仲谷です。

 

 

藤田 梅田 (同志社大学)

 

 

この二人は、今年度の塾の飛躍に欠かせない二人です。

二人とも同志社大学にAO入試で合格しています。

留学に行ったり、ボランティアに行ったりと大忙しの二人ですが、その背中を塾生に見せてくれています。サポートの質は二人とも素晴らしく、塾生の精神的な支えにもなっています。

去年は塾の主要メンバーという形ではなかったのですが、これからの活躍を祈って追記とします。

 

 

最後に

 

 

僕は、経営メンバーやメンターをすごく大切に思っています。なぜなら、チームとしてのパフォーマンスの良し悪しが、サービスの良し悪しに繋がるからです。
塾生や保護者様により良い価値を提供するためには、僕らが共通認識を持ち、チームとして最大限のパフォーマンスをしなければならないと思っています。
だから、僕たちは何よりも仲間を大切にしています。今年一年、塾生が「合格」と「夢中」を掴み取れるように、チーム一丸となってサポートしていきます。

 

 

染谷 大

 


 

当塾では、AO入試・推薦入試に関する無料相談・無料体験を行っています。この記事を読んで、「AO入試を考えてみようかな・・・」と思った方も、ぜひ一度、無料体験にお越しください。AO入試や推薦入試、小論文についての疑問が晴れることは間違いないでしょう。

 

無料体験はこちらをクリック

 

 

View More...

他の記事を読む

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。