Loading...

COLUMN

読むだけで点数が上がる、小論文でやりがちな失敗3選

読むだけで点数が上がる、小論文でやりがちな失敗3選

読むだけで点数が上がる、小論文でやりがちな失敗3選
ライター

aoi

失敗3選を紹介します

 

 

AO入試において、小論文は重要な科目です。しかし、小論文いう科目には、「絶対唯一の正解」は存在しません。そんな小論文という科目の特徴が、多くの受験生を惑わせています。そこで、小論文において「これをしてはいけない」という代表的な失敗例をみなさんにお伝えしたいと思います。

 

字数が足りてない。またはオーバーしている

 

 

「800字以内で論じなさい」

 

という問題が出題されたとします。この場合、字数オーバーは即0点です。801字でも0点です。ですから、字数オーバーだけは絶対にやってはなりません。気を付けましょう。

 

また、字数が明らかに足りないと、大幅な減点を食らいます。最低8割以上、理想は9割以上となります。ですから、この問題だと、最低640字以上で、720字以上が理想となります。

 

ちなみにですが、5割くらいしか書けていないにもかかわらず、試験が終了直前になってしまった場合は、強引に論をまとめて書き終えるようにしてください。明らかに書きかけの文を提出した場合、0点をつけられることを覚悟してください。

 

「一つの小論文として、一応完成している」という状態でなければ、点をもらうことはできないのです。ですから、試験終了一分前で、どんなに分量を書けていなかったとしても、とりあえず無理やり書き終えるようにしてください。書きかけの小論文を提出すること以上に最悪な失敗は存在しないのです。

 

 

設問に正しく答ていない

 

 

例えば「日本の少子高齢化問題に対して、どのような解決策があると思いますか。論じなさい」という問題が大学入試で出題されたとします。このような問題が出題された場合、少子高齢化の対策とその説明をしていけばいいのですが、少なからず、受験生は違うことを書きがちです。

 

たとえばですが、「私は少子高齢化を解決し、この大学に入ったら~したい」などと聞いてもないことを答えてしまうパターンです。この問題では、解決策だけを聞いているだけで、大学に入った後のことは聞いていません。この例は極端かもしれませんが、設問の意図を正しく読み取って答えることは、とても大事です。

 

また、他の例としては、設問では「世界の~」と聞いているのに、日本のことだけの視点で書いてしまうなどが挙げられます。このように設問を正しく読み取れてない方が多いと思われます。細かなテクニックよりも、設問を正しく読み取ることが、非常に大事なのです。

 

 

問題用紙の書き方が正しくない。

 

 

これもありがちな失敗です。問題用紙の使い方を間違わないためには、まずは、原稿用紙の使い方をマスターしてください。これが間違ってしまうと、元も子もありません。前回も「一人でできる小論文の対策のポイント」で言及しましたが、おすすめのサイトは「Z会作文クラブ 原稿用紙の使い方」(クリックでリンクまで飛びます)です。ぜひこれを熟読して、使い方をマスターしてください。

 

 

以上の3つが、AO入試の小論文において、代表的な失敗例です。ぜひ、この3つの失敗だけは、犯さないようにしてください。

 

当塾では、小論文の優秀なメンター(講師)が小論文の添削指導をしています。また、小論文で失敗しないための方法も教えています。興味があれば、無料体験だけでも、ぜひお越しください。

 

無料体験はこちらをクリック

 

 

View More...

他の記事を読む

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。