Loading...

COLUMN

AO入試って時期はいつごろ?

AO入試って時期はいつごろ?

AO入試って時期はいつごろ?
ライター

aoi

AO入試の時期

 

 

大学入学試験の多様化により、各大学は多くの入試形態を実施するようになりました。そういった入試を一般入試と比べ総称して、特別入試と呼ぶ大学が多いです。最近では東京大学や京都大学で新しい形態の入学試験が導入され始め話題になっています。学力だけで学生を選抜する一般入試では測りきれない、学生のポテンシャルを多角的な観点によって選抜する場合が多いです。

特別入試の特徴として、入学試験の実施される時期にも一つ特徴があります。一般入試はいわば受験シーズン、毎年1月のセンター試験終了後から、私立大学、公立大学、国立大学と順に行われます。一方特別入試はといいますと、出願受付の開始が早いところだと8月中から、試験も9月から始まるなんて大学もあります。受験すればよかったと後悔することのないように、おおよその受験の流れを把握しましょう!

今回は関東編と関西編の二つに分けて紹介させていただきます。

 

関西

 

こちらでは関関同立と総称される各大学の特別入試の日程を紹介していきたいと思います。

 同志社大学

同志社大学の特別入試の日程は大きく3つの期間に分かれます。まず1つ目の期間にてAO入試、自己推薦入試の出願受付が早く8月半ばから開始されます。選考は9月下旬から10月上旬にかけて行われます。2つ目の期間にて自己推薦入試の出願受付が9月後半に行われます。選考は11月中盤です。そして3つ目の期間にて公募推薦入試の出願受付が11月前半に行われます。選考は12月の前半です。

 立命館大学

立命館大学AO入試は学部によって大きく3つの期間で行われます。1つ目の期間では出願受付が8月下旬、選考が10月上旬に行われます。2つ目の期間では出願受付が10月中旬、選考が10月下旬に行われます。そして3つ目の期間では出願受付が10月下旬、選考が11月中旬に行われます。

 関西大学

AO入試の出願期間が8月下旬に設定されています。この試験の選考は10月中旬に実施されます。

 関西学院大学

関西学院大学のAO入試の出願期間は9月中旬に設定されています。選考は10月上旬に行われます。

総括すると、

関西の主要な私立大学のほとんどが8月下旬から9月上旬にかけての出願をすることのできる、特別入試を行っています。反対に10月以降に出願することができる入試を設けているのは同志社大学と立命館大学のみです。関西大学や関西学院大学のAO入試を考えている人は遅れないように注意が必要です。

同志社大学と立命館大学はどちらも大きく3つの期間に分かれて募集を行っています。対して関西大学、関西学院大学は1つの時期のみの募集となっています。

全国的にみても同志社大学の公募推薦入試の募集や選考は遅めに設定されています。

 

 

関東

 

 

ここで紹介するのは、早慶上智、MARCHと呼ばれる8つの大学の行う特別入試の大まかな流れです。なお今から紹介するのは2018年度入試のデータです。あくまで目安ですので注意してください。

 早稲田大学

早いものだとグローバル入試が8月上旬から出願受付が開始され、選考は9月中に行われます。またAO入試とFACT入試がそれぞれ9月、11月と別々の試験の出願受付が開始されます。選考は遅いもので12月の中旬に行われます。

 慶応大学

SFCのⅠ期やFIT入試の出願受付が8月上旬から始まります。これらの選考は9月中に行われます。またSFCのⅡ期の出願受付は10月中に、選考は11月下旬に行われます。

 上智大学

上智大学の公募推薦入試の出願期間は10月の中旬から11月の下旬まで設定されています。選考は11月下旬となっています。

 明治大学

自己推薦入試やAO入試が、早いもので8月中から出願受付が行われています。選考は9月末となっています。いくつかの学部では9月後半に出願受付をしています。これらの選考は10月後半から11月上旬にかけて行われます。

 青山学院大学

自己推薦入試の出願期間は9月上旬に設定されています。選考は10月中旬です。同じ10月中旬にはほかの自己推薦入試の出願期間も設けられています。こちらの選考は11月下旬となっています。

 立教大学

立教大学の自己推薦入試の出願期間は9月下旬となっています。こちらの試験の選考は11月上旬となっています。

 中央大学

中央大学の自己推薦入試の一部の学部の出願期間は、早いもので8月中旬にあります。この試験の選考は10月中旬に行われます。ほかの学部の出願期間は9月中にいくつか設定されています。選考は11月前半にあります。

 法政大学

9月下旬から10月中旬にかけて自己推薦入試の出願受付がされています。選考は早いもので10月中旬、遅いもので11月後半に行われます。

 

総括すると

 

出願や選考が比較的早く始まるのは、慶応大学や早稲田大学、明治大学のいくつかの入試方法です。反対に遅く始まるのが上智大学、そして慶応大学や早稲田大学の一部の学部の入試です。

特に慶応大学、早稲田大学は入試方法によって出願や選考の時期がバラバラです。乗り遅れないように気を付けましょう。

明治大学や中央大学は長期集中的に出願や選考の時期が設定されています。逆に慶応大学、早稲田大学、立教大学、青山学院大学は短期分散的に出願や選考の時期が設定されています。

なお9月入学や、その他の特別入試を除き12月以降に出願を受け付けている大学はとても少ないので注意が必要です。

 

さいごに

 

どうでしょうか?大学の特別入試がこんな時期から始まっているんだと驚いた人もいるかもしれません。特別入試を利用しようかなと考えているひとは早くから行動するように心がけましょう。なおこの記事では出願期間について述べていましたが、それまでにやらねばならない出願書類の取り寄せや内容の完成など時間のかかる作業が多いです。くれぐれも注意してください。また特別入試の日程は大きく変更しえます。必ず各大学ホームページを参照してください。

View More...

他の記事を読む