Loading...

立命館アジア太平洋大学(APU)英語基準AO方式

立命館アジア太平洋大学(APU)英語基準AO方式

APU英語基準AO方式

 

 

概要

 

 

TOEFL-iBT 61点に相当すると認めている資格、スコアの保持者を対象に、実施しているAO入試です。
出願書類はすべて英語での作成が義務づけられているので、出願書類の作成は計画性を持って取り組みましょう。
TOEFL-iBT が61点に相当する(詳しくは、APU公式HPをご覧ください)受験生は、総合評価方式、活動実績アピール方式と併願し、合格の可能性を少しでも上げる対策をしましょう。

 

 

試験方式

 

 

一次試験 出願書類(志望理由書、エッセイなど。英語で作成)
二次試験 面接(15分)

 

 

倍率

 

 

アジア太平洋学部(APS) 1.5倍程度
国際経営学部(APM) 1.3倍程度

 

 

ポイント

 

 

出願資格を満たすために、計画性を持って対策することが大切です。
一つの方式の出願資格を満たしている人は、他の二つの方式の出願も考えてみましょう。
出願書類(特に志望理由書)が最も大きな山場になるため、出願書類の作成は時間をかけ、何度もフィードバックをしてもらい完璧な状態で出願することを目標にしましょう。

 

 


 

 

 

当塾では、AO入試・推薦入試に関する無料相談・無料体験を行っています。この記事を読んで、「AO入試を考えてみようかな・・・」と思った方も、ぜひ一度、無料体験にお越しください。AO入試や推薦入試、小論文についての疑問が晴れることは間違いないでしょう。

 

 

無料体験はこちらをクリック

 

 

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。