Loading...

慶応義塾大学文学部 自主応募推薦入試(AO入試)

慶応義塾大学文学部 自主応募推薦入試(AO入試)

文学部 自主応募推薦入試(ao入試)

 

 

ワンポイントアドバイス

 

 

文学部は評定平均値が4.1以上あることと、現役生であることを条件に出願できる入試です。自主応募推薦の特徴として、募集枠が広く、倍率が低いことが挙げられます。
また、出願条件を満たすと必ず「総合考査」を受けることができます。
確かに、評定平均値は4.1とやや高めなので倍率は低くなる傾向がありますが、出願資格を満たしたからといって油断は禁物です。合否を分ける一番のポイントは、総合考査だからです。

 

 

試験方式

 

 

書類審査(自己推薦書)総合考査Ⅰ(論文)総合考査Ⅱ(記述)

 

 

ポイント

 

 

総合考査が最もウエイトを占めているので、総合考査の対策を入念に行いましょう。
また、総合考査が現代文の問題と違うことを認識し、小論文の演習を徹底することが大切です。
自己推薦書は文量が少ないため、一貫性のある文章を書くことを意識すると良いでしょう。

 

 


 

 

当塾では、AO入試・推薦入試に関する無料相談・無料体験を行っています。この記事を読んで、「AO入試を考えてみようかな・・・」と思った方も、ぜひ一度、無料体験にお越しください。AO入試や推薦入試、小論文についての疑問が晴れることは間違いないでしょう。

 

 

無料体験はこちらをクリック

 

 

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。