Loading...

京都産業大学情報理工学部

京都産業大学情報理工学部

情報理工学部AO入試

 

学部紹介

コンピューターそのものにかかわる基礎技術から、関連分野まで広く学ぶことでこれからの製品作りをします。なにも「コンピューター」という言葉にとらわれることなく、自由な発想から積極的に新たな価値を創造していきます。

・コンピューターサイエンス学科

コンピューターのハードウェアやソフトウェア、ネットワークやシステムに関する技術から、発展した幅広い知識を習得することができるカリキュラムを要します。プログラミング能力の育成も行い、IT関連で活躍するイノベーターの育成を目指しています。

・ネットワークメディア学科

コンピューターネットワークに関連した知識を習得し、自分でネットワークの構築をすることができる力を養います。セキュリティにかんしてなども取り扱い、情報通信のスペシャリストを育成します。

・インテリジェントシステム学科

情報処理や人間工学、脳科学、メカトロニクスの領域を学習し、新時代のシステム開発やデザインを研究しています。

 

アドミッションポリシー

 

 

積極性、問題意識、目的意識、知的探求心を持ち、そして「入学後いかに伸びるか」といった将来の可能性がある学生
そして、京都産業大学コンピュータ理工学部は「コンピュータやネットワークをはじめとして情報関連分野に関心を持っている」「コンピュータやネットワークなどの利用・応用や人間との関わりに興味を持っている」「コンピュータの利用について基礎的な能力を備えている」「プログラム作成等の経験をすでにある程度積んでいる」学生を求めている。

 

 

選考方法

 

・作品提出型

一次試験は書類審査によって行われます。ソフトウェアの場合プログラム本文の審査も行います。

二次試験は30分ほどの個人面接です。提出作品に関して説明、それに応じた質疑応答をおこないます。

・情報科目試験型

一次試験は書類審査を筆記試験によって行われます。筆記試験は情報分野に関する60分ほどのものです。

二次試験は30分ほどの個人面接で、筆記試験の内容や、情報分野に関する内容についての質疑応答が行われます。

 

 

倍率

 

 

2017年度 3.1倍

 

 

ポイント

 

 

建学の精神である「将来の社会を担って立つ人材の育成」の内容について頭に入れておくことが大切です。
創立者である荒木俊馬がどのような人物なのか調べておきましょう。
一次試験である筆記試験の過去問は必ずチェックしておく必要があります。

 

 


 

 

当塾では、AO入試・推薦入試に関する無料相談・無料体験を行っています。この記事を読んで、「AO入試を考えてみようかな・・・」と思った方も、ぜひ一度、無料体験にお越しください。AO入試や推薦入試、小論文についての疑問が晴れることは間違いないでしょう。

 

無料体験はこちらをクリック

 

 

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。