Loading...

大阪大学外国語学部

大阪大学外国語学部

外国語学部

 

学部紹介

 

大阪大学外国語学部は、大阪外国語大学を統合して2007年に誕生しました。そのため、大阪大学のなかで最も新しい学部になります。25もの言語専攻が存在し、非常に多くの言語から専攻を選ぶことができます。

25の専攻のすべては以下の通りです。

 

・中国語専攻

・ウルドゥー語専攻

・ドイツ語専攻

・朝鮮語専攻

・アラビア語専攻

・英語専攻

・モンゴル語専攻

・ペルシア語専攻

・フランス語専攻

・インドネシア語専攻

・トルコ語専攻

・イタリア語専攻

・フィリピン語専攻

・スワヒリ語専攻

・スペイン語専攻

・タイ語専攻

・ロシア語専攻

・ポルトガル語専攻

・ベトナム語専攻

・ハンガリー語専攻

・日本語専攻

・ビルマ語専攻

・デンマーク語専攻

・ヒンディー語専攻

・スウェーデン語専攻

4年一貫の専攻語教育・専門教育を特徴としています。1・2年次からネイティブスピーカーによる授業などを受けることができ、3・4年次には培った語学力を基に言語のみならず文学や文化、社会に関する専門的な知識を身につけることができます。

 

 

アドミッションポリシー

大阪大学のアドミッションポリシーを踏まえ外国語学部では、特に外国の言語・文化・社会に強い関心を持つ学生を受け入れます。そのような学生が学を通じて目的達成する能力や知識を身につけるために、必要な言語の基礎的能力と文化一般に関する基礎知識を備えているかを確認します。そのためにTOEFLなどの検定試験の成績証明書をはじめ、センター試験の結果や小論文、口頭試問などを通じて多角的、総合的に合否判定を行います。

 

 

選考方法

 

定員は64人と、他学部に比べると非常に多くなっています。

一次試験は出願書類で、配点が300点です。

二次試験は、小論文と口頭試問(面接)、センター試験になりです。配点が小論文400点、口頭試問300点、センター試験800点です。

外国語学部の世界適塾入試では、TOEFL-iBTまたはIELTSの一定以上の得点が必要となります。

センター試験の合計が満点中80%以上、かつ外国語の得点が85%以上、あわせて書類と小論文、口頭試問の合計が満点中60%必要となります。

 

倍率

朝鮮語 1.0倍

ドイツ語 1.0倍

英語 1.7倍

スペイン語 2.0倍

イタリア語1.0倍 (2017年度)

 

 

ポイント

小論文では英文の読解と資料分析など高度な知識が必要となります。センター試験の外国語のボーダーも85%と高めに設定されているので入念な準備をしたほうが良いだろう。

 

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。