Loading...

大阪大学法学部

大阪大学法学部

法学部世界適塾入試

 

学部紹介

 

大阪大学法学部は、大阪大学の文系学部における看板学部です。文系学部の中では最も偏差値が高く、阪大の花形学部となっています。学科は2つに分かれています。

 

・法学科・・・定員は170人。弁護士・裁判官・検察官など、司法に関わる職業に就きたい方にオススメ。政治学も学ぶことができ、法的な視点を養いたい人にもぜひおすすめの学部です。

 

・国際公共政策学科・・・定員は80人。現在、世界では数多くの国際問題が起こっています。貧困問題や環境問題、紛争などがそれに挙げられます。この学部では、公共政策を通して、そのような世界的問題を解決できる人材を輩出することを目的としています。

 

 

アドミッションポリシー

法学部では理解力、論理性、説得力、構想力を備え得る人材を受け入れることを目指しています。このような人材を選抜するためにセンター試験の成績とともに、提出書類と面接試験の成績を合わせて多面的に評価します。

 

選考方法

・法学科

出願資格にはこれといった条件はないが特筆すべき活動を証明する書類があると好ましい。

一次試験はセンター試験で、配点は160点です。

二次試験は書類審査と面接で、配点は書類10点、面接30点です。

 

・国際公共政策学科

出願資格は(1)TOEFL-iBT, IELTS, 英検いずれかの合格証明書を提出する。(2)特筆すべき活動を証明できる資料を提出できる、以上二点を有することです。

一次試験はセンター試験で配点は160点です。

二次試験は書類審査と面接で、配点は書類10点、面接30点です。

 

倍率

・法学科 -

・国際公共政策学科 1.7倍

 

ポイント

センター試験の合計がおおむね8割を超えることが望ましいです。加えて配点も大きいのでセンター試験によって着実な地盤を作ることができます。

 

aoiからのお知らせ

2017年5月19日

近畿大学工学部のページを更新しました

2017年5月16日

早稲田大学政治経済学科のページを更新しました。

2017年3月17日

HPをリニューアルしました。