法政大学法学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:00〜21:00

information | 2019.8.11

法政大学法学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

法政大学人間環境学部

法政大学は、私立大学の中で最も伝統がある私立大学です。

法政大学の看板とも謳われている法学部は、法律学科・政治学科・国際情報学科の3つがあり、伝統を大切にしながらもカリキュラムの見直しに注力し、常に新しいことに取り組んでいる学部です。

法政大学法学部はどういったところなのでしょう。
法政大学法学部の入試情報・偏差値・進路・評判について紹介します。

法政大学法学部の偏差値

法政大学法学部の偏差値は、60.0~62.5となっています。
よく比較される明治大学と中央大学の法学部の偏差値は、明治大学法学部が62.5、中央大学法学部が60.0~62.5とほとんど変わらないレベルとなっています。

法政大学法学部の倍率

法政大学法学部で実施された2019年度入試における倍率は以下の通りです。

T日程

  • 法律学科:10.1倍(志願者数1,318人、合格者数126人)
  • 政治学科:7.1倍(志願者数375人、合格者数51人)
  • 国際政治学科:6.4倍(志願者数358人、合格者数53人)

英語外部試験利用入試

  • 法律学科:6.6倍(志願者数73人、合格者数11人)
  • 国際政治学科:8.3倍(志願者数53人、合格者数6人)

A方式

  • (Ⅰ日程)国際政治学科:5.1倍(志願者数884人、合格者数166人)
  • (Ⅱ日程)法律学科:5.6倍(志願者数3,110人、合格者数494人)
  • (Ⅱ日程)政治学科:5.5倍(志願者数982人、合格者数157人)

センター試験利用B方式(3教科型)

  • 法律学科:6.4倍(志願者数2,775人、合格者数430人)
  • 政治学科:3.7倍(志願者数548人、合格者数150人)
  • 国際政治学科:7.0倍(志願者数738人、合格者数106人)

センター試験利用C方式(5教科6科目型)

  • 法律学科:2.6倍(志願者数582人、合格者数217人)
  • 政治学科:4.3倍(志願者数369人、合格者数83人)
  • 国際政治学科:2.0倍(志願者数84人、合格者数41人)

法政大学法学部の入試の種類

法政大学法学部に入るための入試制度は下記の通りです。

  • T日程
  • 英語外部試験利用
  • A方式
  • センター試験利用

A方式試験は一般入試の中で募集人数が一番多く、また法政大学独自の試験方式です。
また、T日程試験では、2科目で複数学部の併願が可能となっています。T日程・英語外部試験利用は全国10都市、A方式は全国6都市で実施されています。

T日程(全学科)

全国10都市(東京・札幌・仙台・新潟・金沢・長野・名古屋・大阪・広島・福岡)にて実施されています。

  • 英語(必須)(150)(国際政治学科のみ200)
  • 国語・数学から1科目選択(100)

<英語 出題範囲>コミュ英Ⅰ~Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ
<国語 出題範囲>国語総合
<数学 出題範囲>「数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B」数列・ベクトルのみ)

※国語は古文・漢文の独立問題は出題しない

英語外部試験利用(法律・国際政治学科)

全国10都市(東京・札幌・仙台・新潟・金沢・長野・名古屋・大阪・広島・福岡)にて実施されています。

  • 国語・数学から1科目選択(100)

<国語 出題範囲>国語総合
<数学 出題範囲>「数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B」(数列・ベクトルのみ)
※国語は古文・漢文の独立問題は出題しない

A方式(全学科)

全国6都市(東京・札幌・仙台・名古屋・大阪:福岡)にて実施されています。

  • 英語(必須)150(国際政治学科のみ200)

<英語 出題範囲>「コミュ英Ⅰ~Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」

  • 国語(100)

<国語 出題範囲>「国語」総合

  • 下記5科目から1科目選択(100)
  • 世界史B
  • 日本史B
  • 地理B
  • 政治・経済
  • 数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B※数Bは数列・ベクトルを出題範囲とする

センター試験利用

センター試験利用は、B方式(3教科型)とC方式(5教科6科目型)の2種類があります。それぞれ紹介します。

B方式(3教科型)※全学科共通

  • 国語(必須科目100)

「国語」は大学入試センター試験の配点150点(近代以降の文章100点と古文50点)を100点に換算する

  • 地理歴史・公民、数学、理科、外国語より1科目選択

地理歴史・公民:「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理・政治・経済」
数学:「数Ⅰ・数A」「数Ⅱ・数B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
理科:「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」

※上記の科目より高得点の1科目を合否判定に使用する「地理歴史」「公民」「理科②」は第1科目を使用する

・外国語1科目選択(150)(国際政治学科のみ200点)
「英語(リスニングを含む)」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
※外国語は大学入試センター試験の配点200点(英語は250点)を150点に換算する
※国際政治学科のみ、外国語は大学入試センター試験の配点250点を200点に換算する

C方式(5教科6科目型)

  • 国語(必須)(200)
  • 地理歴史・公民1科目選択(100):「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理・政治・経済」
  • 数学(必須)(200):「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」それぞれ配点100点ずつ
  • 理科1科目選択(100):「物理基礎」「物理基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」より1科目を選択とする
  • 外国語1科目選択(200):「英語(リスニングを含む)」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」

※英語は、大学入試センター試験の英語は250点を200点に換算する

法政大学法学部のカリキュラム

法政大学法学部には以下の3つの学科があります。

  • 法律学科
  • 政治学科
  • 国際政治学科

それぞれの学科ごとのカリキュラムを紹介します。

法律学科

こちらの学科では,憲法・民法・刑法・商法などそれぞれの分野で基礎となる法律や理論をしっかりと学んでから、その知識を応用することで、幅広い視野と柔軟な思考力を鍛えることが目的として掲げられています。

1年次

1年次では、法律学を学ぶために必要な基礎的スキルを、入門講義を通じて学びます。
また、自分が興味のある分野・テーマを考えながら、知識を深めていきます。

2年次

2年次は法律の応用を学ぶことに加え、人数限定ではありますが専門科目に関する基礎的なトレーニングにじっくり取り組む「法律実務入門」が用意されています。
希望者は、2年次から外国書講読の履修が可能です。

3~4年次

3~4年次には、1・2年で学んだことを踏まえ、選択した科目の専門性をさらに深めます。

科目として、「裁判と法」「行政・公共政策と法」「企業・経営と法コース(商法中心)」「企業・経営と法コース(労働法中心)」「国際社会と法コース」「文化・社会と法コース」の6つから1つ選択できます。また、選択科目は変更することも可能です。

政治学科

政治学科ではジェンダーや公共政策、コミュニティ政策などについて学ぶことができます。そのことにより、実社会で起きている具体的な政治問題にも取り組めます。

1年次

1年次より、政治学科の専門科目でもある「理論・歴史・思想」科目群と「政策・都市・行政」科目群に分かれており、どちらか片方を選択します。
入学してすぐに専門科目の学習をはじめることで、早い段階から政治学の専門知識に触れることが出来ます。
これに加え少人数のゼミを受講し、政治の基本的な能力を身に付けます。

2年次

2年次には、民法をはじめ世界の法律や法律の文化を学びます。
また自由科目では、応用として電算実習の演習が設置されています。

3~4年次

3年次は演習も含め、国際経営論の分野を4年次まで学ぶカリキュラムとなっています。

4年次は卒業論文をはじめ総合的な分野を学びます。

国際政治学科

国際政治学科は「アジア国際政治コース」「グローバル・ガバナンスコース」の2つのコースのどちらかを入学時に選択し、その専門分野を4年間かけて学びます。

1年次

1年次は、国際政治の基礎はもちろん、英語以外の第2外国語(ドイツ語・フランス語・ロシア語・スペイン語・中国語・朝鮮語)から1ヶ国語を学びます。

2年次以降

2・3年次は、実践的な演習が設置されています。また、2年次より法律学科科目、政治学科科目の分野を自由に学べる講義があります。
4年次は卒業論文をはじめ、演習で得た総合的な分野を学びます。

法政大学法学部の特徴

法政大学法学部は、法律学科・政治学科・国際政治学科の3つにわかれています。
この学部ならではの魅力をご紹介いたします。

基礎からしっかり定着させる

法学部で学ぶ法律学や政治学は専門的な用語や知識が多く、基礎をしっかり学んでおかないと応用分野でつまずいてしまいます。

これに対し法政大学では、基礎知識を習得するためにわかりやすく質の高い講義が設置されているので、安心してしっかりと学ぶことができます。
また、国際政治学科では入学時に実施するTOEFL(R)-ITPのスコアをもとに、英語クラスを編成しています。これにより自分のレベルに合ったレベルの講義を受講できます。

6つの選択肢で深い専門的知識を学べる

法学部は幅広い分野で学べる反面、専門的知識がが身につきにくいという弱点があります。
そこで法政大学法学部では、少人数でより深い専門的知識を学ぶために、3年時に6つの分野に絞ったゼミが設置されています。

学科問わず学べる

法学部では、他の学科の専門科目も学ぶことが可能です。多くの知識を得ることでさまざまな方面より分析できます。
また、他の学科の単位は20単位まで卒業単位として算入されますので、自分が興味を持って学んだ分野を卒業の単位に活かせます。

法政大学法学部の進路状況

法政大学法学部のホームページより、卒業生の就職率・内定企業をまとめました。

就職率

法政大学の公式では学部別の就職率は公開されていません。
法政大学全体の就職率は97.6%です(2019年3月卒業生6,172人のうち、5,812人からの統計)。

主な就職先企業

2019年3月の法政大学法学部卒業生の主な就職先は以下の通りです。(順不同)

  • キッコーマン東京本社
  • サントリー食品インターナショナル
  • アサヒビール
  • 東レ
  • 日本たばこ産業(JT)
  • トヨタ自動車
  • 本田技研工業
  • 川崎重工業
  • 凸版印刷
  • 村田製作所
  • 富士通
  • 日立製作所
  • 三菱電機
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ信託銀行

主な内定業種一覧

法政大学法学部の進路は幅広く、さまざまな業種に就職しています。特に公務員は毎年15%の就職率があります。主な内定業種の割合は以下の通りです。

  • 金融・保険:18.3%
  • 公務員:14.9%
  • サービス業:11.7%
  • 製造業:11.7%

法政大学法学部で取得可能な資格

法政大学法学部では、教育課程をはじめ希望者には公認会計士などさまざまな資格を取得できます。また、新司法試験の受験試験資格は大学院卒業後に取得できます。

取得可能な資格は以下の通りです。

教育課程

  • 中学:社会
  • 高校:地理歴史・公民

その他の資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事
  • 博物館学芸員
  • 公認会計士(希望者のみ費用を払い、資格取得の受講ができます)

法政大学法学部のキャンパス情報

法政大学法学部の学生は、市ヶ谷キャンパス(住所:東京都千代田区富士見2-17-1)へ通学することになります。

交通機関のアクセス方法は以下の通りです。

東京駅より

JR中央線快速 約4分で「御茶ノ水」駅
「御茶ノ水駅」より、JR総武線 約4分で「飯田橋」駅
「飯田橋」駅より徒歩約10分
所要時間:約18分

新宿駅より

JR総武線 約10分で「市ヶ谷」駅
「市ヶ谷」駅より徒歩約10分
所要時間:約20分

池袋駅より

地下鉄有楽町線 約10分で「飯田橋」駅
「飯田橋」駅より徒歩約10分
所要時間:約20分

渋谷駅より

地下鉄半蔵門線 約6分で「永田町」駅
「永田町」駅より地下鉄有楽町線 約3分で「市ヶ谷」駅
「市ヶ谷」駅より徒歩10分
所要時間:約19分

上野駅より

JR山手線 約4分で「秋葉原」駅
「秋葉原」駅よりJR総武線 約6分で「飯田橋」駅
「飯田橋」駅より徒歩約10分
所要時間:約20分

法政大学法学部の評判は?

最後に、実際に法政大学法学部で学んでいる学生の声をご紹介します。

就職に力をいれている

就活ガイダンスやキャリアセンターなど就職活動の支援を積極的に行ってくれます。面接練習やESの添削など、個人個人に行き届いた丁寧な指導を行ってくれます。

質の高い授業

法政大学法学部では、有名で専門分野に特化した教授が多く、法律の中でも特に民法に強い教授が多いです。ゼミを含め質の高い授業を受講できます。

また、キャンパスが飯田橋と市ヶ谷駅が最寄り駅のため、多方面から通学することができます。また、授業終わりに遊べる場所がたくさんあるのがうれしいです。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など