法政大学経済学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.8.19

法政大学経済学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

法政大学経済学部

法政大学経済学部は、1949年から設立された伝統のある学部です。経済学科・国際経済学科・現代ビジネス学科の3つの分野から経済学を学びます。
法政大学経済学部の入試情報・偏差値・進路・評判について紹介します。

法政大学経済学部の偏差値

法政大学経済学部の偏差値は、57.5~60.0となっています。よく比較される関東の私立大学5校「MARCH」の中の明治大学と中央大学の文学部の偏差値は、明治大学が60.0~62.5、中央大学が57.5~60.0です。
中央大学とは同じレベルですが、明治大学はレベルが高い大学です。センター得点率は79~85%となっています。

法政大学経済学部の倍率

法政大学経済学部で実施された2019年度入試における倍率は以下の通りです。

T日程

  • 経済学科:7.7倍(志願者数1,020人、合格者数127人)
  • 国際経済学科:9.8倍(志願者数937人、合格者数93人)
  • 現代ビジネス学科:12.0倍(志願者数469人、合格者数38人)

英語外部試験利用入試

  • 国際経済学科:7.5倍(志願者数116人、合格者数15人)

A方式

(Ⅰ日程)

  • 国際経済学科:4.4倍(志願者数1,788人、合格者数389人)
  • 現代ビジネス学科:6.1倍(志願者数690人、合格者数107人)

(Ⅱ日程)

  • 経済学科:7.0倍(志願者数4,447人、合格者数590人)

センター試験利用B方式(3教科型)

  • 経済学科:6.7倍(志願者数2,018人、合格者数300人)
  • 国際経済学科:7.2倍(志願者数1,435人、合格者数198人)
  • 現代ビジネス学科:6.5倍(志願者数387人、合格者数59人)

センター試験利用C方式(5教科6科目型)

  • 経済学科:3.6倍(志願者数652人、合格者数177人)
  • 国際経済学科:2.4倍(志願者数128人、合格者数49人)
  • 現代ビジネス学科:3.4倍(志願者数175人、合格者数51人)

出典:法政大学公式

法政大学経済学部の入試の種類

法政大学経済学部に入るための入試制度は下記の通りです。

  • T日程
  • 英語外部試験利用
  • A方式
  • センター試験利用

A方式試験は一般入試の中で募集人数が一番多く、法政大学独自の試験方式です。T日程・英語外部試験利用は全国10都市、A方式は全国6都市で実施されます。

T日程(全学科)

T日程(全学科)は全国10都市(東京・札幌・仙台・新潟・金沢・長野・名古屋・大阪・広島・福岡)にて実施されています。

  • 英語(150)

<英語>「コミュ英Ⅰ~Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」

  • 国語・数学から1科目選択(100)

<国語>「国語」総合
<数学>「数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B」
※数Bは数列・ベクトルのみ
※国語は古文・漢文の独立問題は出題しない

英語外部試験利用(国際経済学科のみ)

英語外部試験利用(国際経済学科のみ)は全国10都市(東京・札幌・仙台・新潟・金沢・長野・名古屋・大阪・広島・福岡)にて実施されています。

  • 国語・数学から1科目選択(100)

<国語>国語総合
<数学>数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B
※数Bは、数列・ベクトルのみ
※国語は古文・漢文の独立問題は出題しない

A方式

A方式は、全国6都市(東京・札幌・仙台・名古屋・大阪:福岡)にて実施されており、内容は同じですが、日程が異なります。
Ⅰ日程(国際経済学科・現代ビジネス学科)、Ⅱ日程(経済学科)です。

  • 英語(必須科目150)

<英語>「コミュ英Ⅰ~Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」

  • 国語(必須科目100)

<国語>「国語」総合
※古文・漢文の独立問題は出題しない

  • 5科目から1科目選択(100)

「世界史B」「日本史B」「地理B」「政治・経済」「数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B」
「数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B」
※数Bは、数列・ベクトルを出題範囲とする

センター試験利用

センター試験利用は、B方式(3教科型)とC方式(5教科6科目型)の2種類があります。それぞれ紹介します。

B方式(3教科型)

全学科

  • 国語(必須科目100)

<国語>国語(近代以降の文章と古文)
※「国語」は大学入試センター試験の配点150点(近代以降の文章100点と古文50点)を100点に換算する

  • 地理歴史・公民、数学より1科目選択(100)

<地理歴史・公民>「世界史B」「日本史B」「地理B」「政治・経済」「倫理・政治・経済」
<数学>「数Ⅰ・数A」「数Ⅱ・数B」
※上記の科目より高得点の1科目を合否判定に使用する「地理歴史」「公民」は第1解答科目を使用する

  • 外国語1科目選択(150)

<外国語>「英語」(リスニングを含む)「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
※外国語は大学入試センター試験の配点200点(英語は250点)を150点に換算する

センター試験利用方式C方式(5教科6科目型)

全学科

  • 国語(必須科目200)

「国語」

  • 地理歴史・公民1科目選択(100)

「世界史B」「日本史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理・政治・経済」
※第1解答科目を合否判定する

  • 数学(必須科目200各100)

「数Ⅰ・数A」(100)
「数Ⅱ・数B」(100)

  • 理科1科目選択(100)

「物理基礎」「物理基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」より1科目を選択とする
※「理科②」は第1解答科目を合否判定とする。「理科①」「理科②」を共に受験した場合は高得点の1科目を合否判定に使用する

  • 外国語1科目選択(200)

「英語」(リスニングを含む)「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」(200)
※英語は、大学入試センター試験の英語は250点を200点に換算する

法政大学経済学部のカリキュラム

法政大学経済学部には以下の3つの学科があります。
また、経済学部では独自の留学制度「スタディ・アプロード(SA)」があり、希望者は2年次春より約4か月間アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダの現地大学で学ぶことができます。

  • 経済学科
  • 国際経済学科
  • 現代ビジネス学科

それぞれ学科ごとのカリキュラムを紹介します。

経済学科

経済学科では、少子高齢化や社会保障制度など現代の問題を捉え、世の中の仕組みを学ぶ学科です。

1~2年次は、経済学の基礎や現代の社会問題をさまざまな分野から分析するカリキュラムになっています。1~2年次には、専門科目・必須科目が多いです。
3~4年次は、現代経済分析、社会経済・歴史、文化・思想、環境、政策、金融・国際、産業・企業の7つの専門学修分野から主専攻・副専攻を選び、より深く専門的知識を学びます。

国際経済学科

国際経済学科では経済の知識だけでなく、国際社会における共通言語でもある英語の習得や経済をグローバルに捉える知識を学ぶカリキュラムを構成しています。

1~2年次は経済学の基礎に加え、国際経済の基本的知識も学びます。
3~4年次は、「国際投資・開発」「地域経済研究」の2科目から自由に専門科目を習得できます。専門科目を学ぶことで、投資・貿易・外資系企業など社会にでて役に立つさまざまな専門的知識を養います。

現代ビジネス学科

国際経済・労働経済・環境経済などから経済を学べるカリキュラム構成となっています。

1年次は、英語と第2外国語(ドイツ語・フランス語・中国語のうち1つ)企業の経営の基礎、簿記やコンピューターの基礎を学びます。また、1年次から4年次まで専門科目として企業経営を学べる「ビジネスプロフェッショナル」企業経営にアドバイスができる「リサーチ・コンサルタント」及び「大学院研究者」、公認会計士や税理士を目指す「専門資格習得者」の3つの分野を基礎から応用まで学ぶことができます。

2年次は、英語と第2外国語の応用、専門科目の演習を行います。
3~4年次は、さらに多彩な演習を含め総合的な知識を学びます。

法政大学経済学部の特徴

法政大学経済学部は、経済学科・国際経済学科・現代ビジネス学科があります。1年から4年まですべて多摩キャンパスで学びます。
男女比率は、男性73%、女性27%と男性の多い学部です。

経済学部独自の留学制度により世界経済の今を学べる

経済学部ではすべての学科で希望者が、2年次春より約4か月間アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダの現地大学で学ぶことができます。
留学も単位に含まれるので、留学体験を通じ毎年約60人の人が世界経済の現状を現地で学んでいます。

学生の研究活動が活発に行われている

授業以外に「プレゼンテーション大会」や「ディベート大会」など数多くの研究成果を発表する場所があります。このことで、ゼミの垣根を越えた交流が促されるほか、発表者が様々な意見を聞ける場面があり、学習意欲の向上を行っています。

基礎からしっかり学べる

経済学部では、経済学の基礎から演習を含めた応用まで1年次からしっかり学ぶことができます。また、少人数制を採用していることにより、複雑な経済の仕組みも的確に理解できます。

法政大学経済学部の進路状況

法政大学経済学部のホームページより、卒業生の就職率・内定企業をまとめました。

就職率

法政大学の公式では学部別の就職率は公開されていません。法政大学全体の就職率は97.6%です(2019年3月卒業生6,172人のうち、5,812人からの統計)。東洋経済オンライン(「就職力」の強い大学トップ100ランキング)によると、法政大学は第4位となっているほど就職に強い大学です。

主な就職先企業

2019年3月の法政大学経済学部卒業生の主な就職先は以下の通りです。(順不同)

  • 日清製粉
  • ライオン
  • 大正製薬グループ(大正製薬・大正富山医薬品)
  • 三菱電機
  • 日立製作所
  • 富士通
  • 大日本印刷
  • 三菱UFJ銀行
  • 横浜銀行
  • 三井住友信託銀行
  • りそなグループ
  • 三井住友銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 千葉銀行
  • 日本銀行
  • 住友生命保険 東京本社
  • 東京海上日動火災保険
  • 第一生命保険
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上火災保険
  • 野村證券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • SMBC日興証券
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • 東海旅客鉄道(JR東海)
  • 全日本空輸
  • NTTドコモ
  • ヤフー
  • ソフトバンク
  • アクセンチュア
  • JTBグループ
  • 東京国税局

主な内定業種一覧

法政大学経済学部の進路は幅広く、さまざまな業種に就職しています。特に金融系と情報・サービス系で就職の約半数を占めます。主な内定業種の割合を紹介します。

  • 金融・保険:22.9%
  • 情報・通信:14.9%
  • サービス:13.0%
  • 卸・小売り:12.8%

法政大学経済学部で取得可能な資格

法政大学経済学部では、教育課程をはじめ多くの資格を取得できます。以下では取得可能な資格を紹介します。

教育課程(全ての教育課程はどの学科でも取得できます)

  • 中学教諭一種:社会
  • 高校教諭一種:地理歴史・公民

※経済学科生のみ高校教諭一種の情報も取得できます。

その他の資格(全ての教育課程はどの学科でも取得できます)

  • 図書館司書、学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事
  • 博物館学芸員
  • 公認会計士(希望者のみ費用を払い、資格取得の受講ができます)

【また、エクステンションカレッジもあり、以下の資格にも受験可能です】

  • 英会話・TOEIC(R)テストスコアアップ講座(600点目標)
  • IELTS対策講座(6.0目標)
  • 旅行業務取引主任者など各種資格講座

法政大学経済学部のキャンパス情報

法政大学経済学部の学生は、全ての学部1年から4年生まで多摩キャンパス(東京都町田市相原町4342)へ通学することになります。田んぼが多くのびのび過ごせますが、通学には不便と感じている人が多いようです。交通機関のアクセス方法は以下の通りです。

新宿駅より

【京王線】
新宿駅から特急で約40分(急行で50分)、めじろ台駅下車
めじろ台駅からバスで約10分「法政大学前」下車
所要時間:約50~60分

新宿駅より

【JR線】
中央線:新宿駅から快速で54分(特別快速で42分)、西八王子駅下車、
西八王子駅からバスで約22分 「法政大学前」下車
所要時間:約65~80分

新横浜駅より

【JR線】
横浜線:新横浜駅から38分、相原駅下車、
相模原駅よりバスで約13分 「法政大学前」下車
所要時間:約55分

法政大学経済学部の評判は?

最後に、実際に法政大学経済学部で学んでいる学生の声をご紹介します。

学びたいことを自由に選択できる学部

学生がの自主性が尊重され、やりがいのあるゼミや講義を受講できます。また、面白い講義も多いです。

就職活動へのサポートが手厚い

就職活動時、教授やキャリアセンターの手厚く経済学科から大手企業への就職も可能です。

アクセス情報

多摩キャンパスは、通勤に不便です。駅から約1時間バスを乗り継いでかかるので1限目からの講義は難しいです。通学のために、原付バイクを購入する人も多いです。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など