早稲田大学基幹理工学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.8.20

早稲田大学基幹理工学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

早稲田大学基幹理工学部

早稲田大学基幹理工学部は、2007年に理工学部が基幹理工学部に再編され発足しました。

この学部では、1908年の理工系学部の設置以来、理だけ工だけではなく理工が互いに協力し連携することを理念としています。この理念に沿って、数学と基礎光学をベースに理学、光学を追求する学部として基幹理工学部が誕生しました。
ここでは早稲田大学基幹理工学部について、偏差値や卒業後の進路および評判などをまとめました。

早稲田大学基幹理工学部の偏差値

早稲田大学基幹理工学部の偏差値は、65.0となっています。
日本で最も偏差値の高い私立大学である「早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学」の中では、慶應義塾大学と並び早稲田大学の基幹理工学部が各私立大学においてトップクラスの偏差値を誇っています。

早稲田大学基幹理工学部の倍率

早稲田大学基幹理工学部で実施された2019年度入試における倍率は下記の通りです。

一般入試

  • 学系I:2.9倍(志願者数492名、合格者数153名)
  • 学系II:3.9倍(志願者数2581名、合格者数730名)
  • 学系Ⅲ:7.1倍(志願者数683名、合格者数128名)

英語学位プログラム特別入学試験

  • 基幹理工学部:2.0倍(募集人数90名、合格者数45名)

指定校推薦入学試験

  • 基幹理工学部:1.0倍(募集人数135名、合格者数165名)

帰国生入学試験

  • 基幹理工学部:5.6倍(志願者数17名、合格者数3名)

帰国学生のための学部入学試験

  • 基幹理工学部:6.6倍(志願者数241名、合格者数36名)

早稲田大学基幹理工学部の入試の種類

早稲田大学基幹理工学部に入るための入試制度は以下の通りです。

  • 一般入試
  • 英語学位プログラム特別入学試験
  • 指定校推薦入学試験
  • 帰国生入試
  • 外国学生入試

一般入試の特徴

一般入試は外国語、国語、地歴・公民または数学の3科目の学力試験による入学試験制度になります。ここでは各試験における特徴や受験科目の配点などをみていきましょう。

一般入試

出願期間は2020年1月6日(月)〜1月23日(木)、入学試験日は2020年2月15日(土)、合格発表日は、2020年2月24日(月)となります。入学試験では、「外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語から1つ選択)(60点)」「国語(50点)」「地歴・公民・数学から1つ選択(40点)の3科目を受験します。

英語学位プログラム特別入学試験の特徴

一般入試は外国語、国語、地歴・公民または数学の3科目の学力試験による入学試験制度になります。ここでは各試験における特徴や受験科目の配点などをみていきましょう。

英語学位プログラム特別入学試験

出願期間は2019年11月1日(金)〜11月6日(水)、一次試験の書類審査日は11月22日(金)、二次試験日は2019年11月30日(土)、合格発表日は、2019年12月6日(金)となります。二次試験では、「数理科学的思考力を問う総合試験」「英語による面接」を受験します。

指定校推薦入学試験の特徴

早稲田大学法基幹理工学部の指定校推薦入学試験入試では学部ごとに決定した指定校の学校長の推薦された学生が出願できる制度です。

指定校推薦入学試験

出願期間は2019年11月1日(金)〜11月5日(火)、第二次試日は2019年11月30日(土)、合格発表日は2019年12月13日(金)となります。入学試験では、一次審査で書類選考、二次審査の「論述試験、面接試験」を総合して合否を判定しています。

帰国生入試の特徴

早稲田大学基幹理工学部の日本国外で教育を受けた外国学生や帰国生を広く受け入れるため、各学部で様々な入試制度を設けています。

帰国生入試

出願期間は2019年7月1日(月)〜7月8日(月)、第一次試験「共有試験」は2019年9月4日(水)、第二次試験「面接審査」は2019年9月6日(金)〜9月18日(水)の期間、合格発表日は2019年9月12日(木)〜26日(木)となります。

外国学生入試の特徴

早稲田大学基幹理工学部の外国学生入試は、日本の教育制度以外の課程による中等教育機関を修了した者、もしくは修了見込みの者で、「日本留学試験」もしくは「日本語能力試験」を受験する者が対象となります。

外国学生入試の特徴

出願期間は2019年6月21日(金)〜6月26日(水)、第一次試験「共有試験」は2019年9月4日(水)、第二次試験「面接審査」は2019年9月6日(金)〜9月26日(木)の期間、合格発表日は2019年9月19日(木)〜26日(木)となります。

早稲田大学基幹理工学部のカリキュラム

  • 1年次は学科に属さず学部共通カリキュラムを修得
  • 学部から大学院への一貫教育体制

早稲田大学基幹理工学部のカリキュラムは、1年次は学部共通カリキュラムを受講し、理工系の幅広い基礎をしっかりと修得することに重点を置いています。1年次の間に将来の進路について時間をかけて考えるようにしています。また2年次に進級する際、志望する専門分野に応じ学科を決め、3・4年時にはそれまでの受け身な学習スタイルから一転して能動的な学習が中心となります。

学部から大学院への一貫教育体制

  • 7学科に分類
  • 少人数制教育

早稲田大学基幹理工学部は2つの特徴があり少人数制教育や赤には学部や学科に問わられることなく全学生が学ぶことができる制度も導入されています。文化構成学部の専門的なカリキュラムを構成しています。3つの履修モデルの特徴について見ていきましょう。

7学科に分類

早稲田大学基幹理工学部では、7学科(数学科、応用数理学科、機械科学・航空学科、電子物理システム学科、情報理工学科、情報通信学科、表現工学科)に分かれて学びます。1年次は基礎教育、2年次からはこれら7学科から自分が将来の志望する進路を実現するための専門分野の教育から専門性を磨いていきます。

少人数制教育

早稲田大学基幹理工学部では、少人数制教育を採用し、そのメリットを生かして年次進行による各専門分野の基礎から高度な学問までわかりやすく、かつ無理なく学習することを可能としています。この教育システムにより学生と講師との距離が近づき学びを深めることができます。

早稲田大学基幹理工学部の進路状況

早稲田大学基幹理工学部の進路状況についてまとめました。

卒業後の進路

  • 卒業者総数:585名
  • 進学者総数:387名
  • 就職者総数:171名
  • 公務員就職者数:5名
  • 教員就職者数:2名

主な就職先企業

2018年度の早稲田大学基幹理工学部の主な就職先は以下です。(順不同)

  • 三菱電機
  • KDDI
  • ヤフー
  • ソニー
  • キャノン
  • 富士通
  • 任天堂
  • クックパッド
  • ソフトバンク

主な内定業種一覧

2018年度の早稲田大学基幹理工学部卒業生の主な内定業種は下記の通りです。

  • 進学:45.0%
  • 情報通信:27.0%
  • 製造業:10.0%
  • 通信・放送キャリア:3.0%
  • コンサルティング:3.0%
  • 商社・金融:3.0%
  • その他:9.0%

早稲田大学基幹理工学部で取得可能な資格

卒業時に取得可能な資格及び受験資格は以下の通りです。

基幹理工学部

        

  • 中学校教諭(数学)
  •     

  • 高等学校教諭(数学、情報)
  •     

  • 学校図書館司書教諭
  •     

  • 司書
  •     

  • 学芸員
  •     

  • 社会福祉主事
  •     

  • 第1級陸上無線技術士

早稲田大学基幹理工学部のキャンパス情報

早稲田大学基幹理工学部の学生は西早稲田キャンパス(住所:東京都新宿区大久保3-4-1)に4年間通学することになります。
主要駅からのアクセスは以下の通りです。

       

  • 西早稲田キャンパス
  • 【JR】 山手線 高田馬場駅から徒歩15分
    【西武鉄道】 西武新宿線 高田馬場駅から徒歩15分
    【東京メトロ】 東西線 早稲田駅から徒歩22分
    【東京メトロ】副都心線 西早稲田駅から直結

早稲田大学基幹理工学部の評判は?

実際のところ、早稲田大学基幹理工学部に在学した経験者たちは、ここでの学びについてどのように感じているのでしょうか。実際の口コミを見ていきましょう。

理系学部だが非常に単位が取得しやすい

早稲田大学基幹理工学部では非常に単位が取りやすく、理系学部の中では珍しい部類に入ると思います。過去問などを手に入れることができれば留年することもなく、また単位が取得しやすいにも関わらず、就職先も幅広いので大手メーカーから中小企業、公務員や土木関係の仕事まで多岐にわたり選択肢があるのが魅力です。ただし、こういった環境にいるためには基幹理工学部で学系Ⅱを選択して入学しなければいけないのでご注意を。

1年次から将来の進路をじっくり考える時間がもらえる

早稲田大学基幹理工学部では1年次に学部共通科目を履修するので、1年次の入学時点から将来の進路を制限して4年間進むということがありません。1年次に学んだ基礎科目を通じて、将来のビジョンが明確に見えてくるものであるため、2年次からコースが分かれるのはとても学生にとっては良いカリキュラムだと思います。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など