早稲田大学創造理工学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.8.20

早稲田大学創造理工学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

早稲田大学創造理工学部

早稲田大学創造理工学部は、2007年に理工学部が創造理工学部に再編され発足しました。

この学部では、「人間」「生活」「環境」の3つのキーワードに基づき、社会が直面する諸問題を科学技術の観点から解決すべく5学科が密接に連携しながら教育と研究を行い「豊かな社会の創造に貢献できる人材」の育成を目標にしています。
ここでは早稲田大学創造理工学部について、偏差値や卒業後の進路および評判などをまとめました。

早稲田大学創造理工学部の偏差値

早稲田大学創造理工学部の偏差値は、62.5〜65.0となっています。
日本で最も偏差値の高い私立大学である「早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学」の中では、慶應義塾大学と並び早稲田大学の創造理工学部が各私立大学においてトップクラスの偏差値を誇っています。

早稲田大学創造理工学部の倍率

早稲田大学創造理工学部で実施された2019年度入試における倍率は下記の通りです。

一般入試

  • 建築学科:5.0倍(志願者数908名、合格者数166名)
  • 総合機械工学科:5.0倍(志願者数1185名、合格者数222名)
  • 経営システム工学科:3.6倍(志願者数538名、合格者数163名)
  • 社会環境工学科:4.3倍(志願者数349名、合格者数106名)
  • 環境資源工学科:3.7倍(志願者数334名、合格者数102名)

英語学位プログラム特別入学試験

  • 創造理工学部:2.8倍(募集人数73名、合格者数26名)

指定校推薦入学試験

  • 創造理工学部:1.0倍(募集人数130名、合格者数159名)

帰国生入学試験

  • 創造理工学部:8.0倍(志願者数16名、合格者数2名)

帰国学生のための学部入学試験

  • 創造理工学部:4.6倍(志願者数84名、合格者数18名)

早稲田大学創造理工学部の入試の種類

早稲田大学創造理工学部に入るための入試制度は以下の通りです。

  • 一般入試
  • 英語学位プログラム特別入学試験
  • 指定校推薦入学試験
  • 帰国生入試
  • 外国学生入試

一般入試の特徴

一般入試は外国語、国語、地歴・公民または数学の3科目の学力試験による入学試験制度になります。ここでは各試験における特徴や受験科目の配点などをみていきましょう。

一般入試

出願期間は2020年1月6日(月)〜1月23日(木)、入学試験日は2020年2月15日(土)、合格発表日は、2020年2月24日(月)となります。入学試験では、「外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語から1つ選択)(60点)」「国語(50点)」「地歴・公民・数学から1つ選択(40点)の3科目を受験します。

英語学位プログラム特別入学試験の特徴

一般入試は外国語、国語、地歴・公民または数学の3科目の学力試験による入学試験制度になります。ここでは各試験における特徴や受験科目の配点などをみていきましょう。

英語学位プログラム特別入学試験

出願期間は2019年11月1日(金)〜11月6日(水)、一次試験の書類審査日は11月22日(金)、二次試験日は2019年11月30日(土)、合格発表日は、2019年12月6日(金)となります。二次試験では、「数理科学的思考力を問う総合試験」「英語による面接」を受験します。

指定校推薦入学試験の特徴

早稲田大学創造理工学部の指定校推薦入学試験入試では学部ごとに決定した指定校の学校長の推薦された学生が出願できる制度です。

指定校推薦入学試験

出願期間は2019年11月1日(金)〜11月5日(火)、第二次試日は2019年11月30日(土)、合格発表日は2019年12月13日(金)となります。入学試験では、一次審査で書類選考、二次審査の「論述試験、面接試験」を総合して合否を判定しています。

帰国生入試の特徴

早稲田大学創造理工学部の日本国外で教育を受けた外国学生や帰国生を広く受け入れるため、各学部で様々な入試制度を設けています。

帰国生入試

出願期間は2019年7月1日(月)〜7月8日(月)、第一次試験「共有試験」は2019年9月4日(水)、第二次試験「面接審査」は2019年9月6日(金)〜9月18日(水)の期間、合格発表日は2019年9月12日(木)〜26日(木)となります。

外国学生入試の特徴

早稲田大学創造理工学部の外国学生入試は、日本の教育制度以外の課程による中等教育機関を修了した者、もしくは修了見込みの者で、「日本留学試験」もしくは「日本語能力試験」を受験する者が対象となります。

外国学生入試の特徴

出願期間は2019年6月21日(金)〜6月26日(水)、第一次試験「共有試験」は2019年9月4日(水)、第二次試験「面接審査」は2019年9月6日(金)〜9月26日(木)の期間、合格発表日は2019年9月19日(木)〜26日(木)となります。

早稲田大学創造理工学部のカリキュラム

  • インターンシップ、寄附講座、生涯教育プロジェクト研究
  • プロジェクト・ベースド・ラーニングによる実践的教育

早稲田大学創造理工学部のカリキュラムは、1年次は創造理工リテラシーという基礎を鍛え、参加型授業を用意しています。地球視点、技術者倫理、コミュニケーション能力などの習得を教育の基本とし、社会のリーダーとなれるよう、国際性の高い人材育成を行う上で、体験型学習を積極的に取り入れ、産業界とも連携しながら学部、大学院教育を展開しています。

学部から大学院への一貫教育体制

  • 5学科に分類
  • 創造理工リテラシー

早稲田大学創造理工学部は3つのキーワードを重視した人材育成カリキュラムとなります。

国際的な視野を持ち、世界に認定される技術を持つ人材を育成する「人間」、地球規模の資源、環境、防災などの諸問題に取り組む「環境」、より安心、安全な社会基盤と豊かな生活づくりに貢献する「生活」、これらの2つの各分野に分かれて履修していきます。創造理工学部の専門的なカリキュラムを構成しています。3つの履修モデルの特徴について見ていきましょう。
参考:早稲田大学 創造理工学部

5学科に分類

早稲田大学創造理工学部では、5学科(建築学科、総合機械工学科、経営システム工科学・社会環境工学科、環境資源工学科)に分かれて学びます。1年次は創造理工リテラシーを学び、2年次からはこれら5学科から自分が将来の志望する進路を実現するための専門分野の教育から専門性を磨いていきます。

創造理工リテラシー

早稲田大学創造理工学部では、地球的視野をもつ想像力豊かな21世紀の科学技術者の育成を目指しています。
この理念に基づき「創造理工リテラシー」では、技術者倫理、リスクコミュニケーション、知的財産について、その基礎となる考えを学び、加えて異文化間コミュニケーションの問題性を実感的に理解し、その上で情報収拾の方法やプレゼンテーションのポイント、論文の書き方など、読み書きの技術とマナーを習得します。

早稲田大学創造理工学部の進路状況

早稲田大学創造理工学部の進路状況についてまとめました。

卒業後の進路

  • 卒業者総数:639名
  • 進学者総数:423名
  • 就職者総数:192名
  • 公務員就職者数:14名
  • 教員就職者数:0名

主な就職先企業

2018年度の早稲田大学創造理工学部の主な就職先は以下です。(順不同)

  • 新日鉄住金ソリューションズ
  • アクセンチュア
  • 清水建設
  • 野村総合研究所
  • キャノン
  • 日立製作所
  • 大成建設
  • 博報堂
  • ソフトバンク

主な内定業種一覧

2018年度の早稲田大学創造理工学部卒業生の主な内定業種は下記の通りです。

  • 進学:76.4%
  • 情報通信:5.0%
  • メディア・IT・通信:3.7%
  • 官公庁・地方公共団体:2.5%
  • 不動産・ディベロッパー:1.9%
  • ハウスメーカー:1.2%
  • その他:9.3%

早稲田大学創造理工学部で取得可能な資格

卒業時に取得可能な資格及び受験資格は以下の通りです。

創造理工学部

  • 中学校教諭(理科)
  • 高等学校教諭(理科)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 学芸員
  • 社会福祉主事
  • 1級建築士
  • 測量士補

早稲田大学創造理工学部のキャンパス情報

早稲田大学創造理工学部の学生は西早稲田キャンパス(住所:東京都新宿区大久保3-4-1)に4年間通学することになります。
主要駅からのアクセスは以下の通りです。

  • 西早稲田キャンパス
  • 【JR】 山手線 高田馬場駅から徒歩15分
    【西武鉄道】 西武新宿線 高田馬場駅から徒歩15分
    【東京メトロ】 東西線 早稲田駅から徒歩22分
    【東京メトロ】副都心線 西早稲田駅から直結

早稲田大学創造理工学部の評判は?

実際のところ、早稲田大学創造理工学部に在学した経験者たちは、ここでの学びについてどのように感じているのでしょうか。実際の口コミを見ていきましょう。

理工学部生に必要な人間力を磨ける

早稲田大学創造理工学部では人としてだけでなく理工学を社会に貢献するために必要な能力を磨くことができます。「論理的思考力、発想力、表現力、対人能力」などがこれにあたり、受け身の授業だけでなく参加型の講義も用意されていることから、こういった能力を自然と磨けるカリキュラムに魅力を感じます。

基礎的な勉強から車や飛行機のデザインなど発展科目が充実

早稲田大学創造理工学部では四力学やプログラミングといった基礎科目から始まり、学年が上がるにつれて、車や飛行機のデザイン、手作りロボットなど理工学部を選択した学生が最も学びたい専門的な分野の講義を履修することができます。ロボットの設計、加工、組み立て、制御など専門的な内容はとても充実している内容です。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など