上智大学文学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.8.31

上智大学文学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

上智大学文学部

上智大学の文学部の偏差値・入試情報・倍率などの情報をまとめています。入試に関する情報だけではなく、上智大学の文学部卒業者の進路・就職先などの情報もまとめています。

上智大学文学部の偏差値

はじめに、上智大学文学部の偏差値をチェックしましょう。

上智大学文学部の偏差値は「65.0」となっています。国公立大学を除く全国の文学部偏差値ランキングでは、早稲田大学、慶應義塾大学に続き3位という結果になっています。

  • 早稲田大学/文学部/文学科:67.5
  • 慶應義塾大学/文学部/人文社会学科:65
  • 青山学院大学/文学部/英米文学科:67.5

ほかの大学との偏差値の差が分かったところで、上智大学の文学部は学内で高い偏差値なのかが気になりますよね。

次に、文学部以外の偏差値も紹介しておきます。

上智大学文学部以外の偏差値

  • 神学部/神学科:57.5
  • 総合人間科学部/教育学科:65
  • 法学部/法律学科:67.5
  • 経済学部/経済学科:65
  • 外国語学部/英語学科:67.5
  • 総合グローバル学部/総合グローバル学科:65
  • 理工学部/物質生命理工学科:62.5

※上記は各学部の一部学科のみ紹介しています。

上智大学文学部の偏差値は、他の学部と比較すると高い偏差値となります。

上智大学文学部の倍率

上智大学文学部の2019年に実施された入試の倍率結果を紹介します。
上智大学文学部の入試には、「一般入試」「TEAP利用型入試」「公募推薦入試」があります。

一般入試の倍率

上智大学文学部の2019年に実施された一般入試の倍率結果は以下になります。

文学部哲学科

  • 倍率:3.4.
  • 募集人数:30名
  • 志願者数:273名
  • 受験者数:254名
  • 合格者数:74名

文学部史学科

  • 倍率:3.8
  • 募集人数:40名
  • 志願者数:399名
  • 受験者数:384名
  • 合格者数:100名

文学部国文学科

  • 倍率:3.5
  • 募集人数:35名
  • 志願者数:447名
  • 受験者数:420名
  • 合格者数:120名

文学部英文学科

  • 倍率:4.7
  • 募集人数:57名
  • 志願者数:681名
  • 受験者数:670名
  • 合格者数:164名

文学部ドイツ文学科

  • 倍率:4.8
  • 募集人数:24名
  • 志願者数:255名
  • 受験者数:247名
  • 合格者数:52名

文学部フランス文学科

  • 倍率:5.3.
  • 募集人数:29名
  • 志願者数:417名
  • 受験者数:400名
  • 合格者数:75名

文学部新聞学科

  • 倍率:4.1
  • 募集人数:78名
  • 志願者数:451名
  • 受験者数:439名
  • 合格者数:107名

TEAP利用型入試の倍率

上智大学文学部の2019年に実施されたTEAP利用型入試の倍率結果は以下になります。

文学部哲学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:7.1
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:214名
  • 受験者数:212名
  • 合格者数:30名

文学部史学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:6.9
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:208名
  • 受験者数:207名
  • 合格者数:30名

文学部国文学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:9.4
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:150名
  • 受験者数:150名
  • 合格者数:16名

文学部英文学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:4.7
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:143名
  • 受験者数:142名
  • 合格者数:30名

文学部ドイツ文学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:6.5
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:197名
  • 受験者数:194名
  • 合格者数:30名

文学部フランス文学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:7.4.
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:229名
  • 受験者数:229名
  • 合格者数:31名

文学部新聞学科(TEAP利用型入試)

  • 倍率:5.2
  • 募集人数:15名
  • 志願者数:158名
  • 受験者数:155名
  • 合格者数:30名

公募制推薦入試の倍率

上智大学文学部の2019年に実施された公募制推薦入試の倍率結果は以下になります。

文学部哲学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:1.1
  • 募集人数:14名
  • 志願者数:17名
  • 受験者数:17名
  • 合格者数:15名

文学部史学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:2.2
  • 募集人数:13名
  • 志願者数:33名
  • 受験者数:33名
  • 合格者数:15名

文学部国文学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:1.9
  • 募集人数:10名
  • 志願者数:15名
  • 受験者数:15名
  • 合格者数:8名

文学部英文学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:1.4
  • 募集人数:20名
  • 志願者数:26名
  • 受験者数:26名
  • 合格者数:19名

文学部ドイツ文学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:1.9
  • 募集人数:11名
  • 志願者数:26名
  • 受験者数:25名
  • 合格者数:13名

文学部フランス文学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:2.9
  • 募集人数:6名
  • 志願者数:20名
  • 受験者数:20名
  • 合格者数:7名

文学部新聞学科(公募制推薦入試)

  • 倍率:1.3
  • 募集人数:15名
  • 志願者数:38名
  • 受験者数:38名
  • 合格者数:29名

上智大学文学部の入試の種類

上智大学文学部の入試方法は以下になります。

  • 一般入試(TEAP利用型・学科別型)
  • 推薦入学試験(指定校・公募制)
  • 海外修学経験者(帰国生)入学試験
  • 国際バカロレア(IB)入学試験Ⅰ期・Ⅱ期
  • カトリック高等学校対象特別入学試験
  • 外国人入学試験

ここでは、一般入試の特徴について紹介します。

一般入試

上智大学文学部の一般入試の募集人員や入試科目などを紹介します。

  • 募集人数: TEAP利用型80名、学科別型293名
  • 出願期間:2020年1月4日(土)~2020年1月21日(火)
  • TEAP利用型1次試験日:2月3日(日)予定
  • 学科別型1次試験日:2月5日(火)、2月6日(水)
  • 最終合格発表日:2020年2月12日(火)~2020年2月14日(金)
  • 入学手続き締切日:2020年2月19日(火)

文学部の入試科目

  • 国語:古典含む
  • 地理歴史:日本史B、世界史B、地理B
  • 公民:政治・経済、倫理
  • 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B

上智大学文学部のカリキュラム

上智大学文学部に入学をしたら、どのようなカリキュラムで学ぶことができるのでしょうか?

ここでは文学部の一部学科のカリキュラムについて学科別に紹介します。

哲学科のカリキュラム

入学後はまず、少人数の演習などの基礎的な教育科目を履修します。並行して第一外国語、第二外国語を選択し、外国語能力を鍛えます。

2年次では、哲学思想・倫理・芸術文化のいずれかの系列を選択します。
4年次で卒業論文を完成させます。

史学科のカリキュラム

1年次にアジア・日本史系、ヨーロッパ・アメリカ史系の2分野に分かれ、2年次から分野時代別プレゼミに分かれます。

3年次から本格的に専門の演習に入り、4年次で卒業論文を完成させます。

国文学科のカリキュラム

1年次は、国文学・国語学・漢文学の基礎項目を履修し、2年~4年次は選択必修科目として履修する演習・特講科目は1つの科目を連続して履修することが可能です。

4年次には、卒業論文を完成させます。

英文学科のカリキュラム

英文学科のカリキュラムは2015年度より、新しく生まれ変わっています。
従来までは1・2年次だけだった英語のスキルクラスを4年間必修とします。

4年次では、CLILを用いたクラスへと発展します。

上智大学文学部の特徴

上智大学文学部の特徴について紹介します。

横断型人文学プログラム

横断型人文学プログラムは学科の専門の枠を超えて、1~2年次に共通基礎科目、2~4年次で個別選択科目、3年次秋学期か4年次春学期にプロジェクト・ゼミを履修します。

少人数制教育

専門学科が多数ある文学部では、少人数制の教育が導入されています。

外国語の授業や、1年次からのゼミナールでは、1つのクラスを細分化しており、一人一人の顔と名前がわかる程です。

卒業論文必修制度

文学部の各学科を卒業するためには、卒業論文を執筆し口頭試問に回答しなければ卒業することができません。

卒業論文を外国語で書くこともあります。指導教員の元、1年から1年半にかけて定期的に指導を受けます。

上智大学文学部の進路状況

上智大学文学部の進路状況を、

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

の3つのカテゴリに分けてまとめました。

就職率

上智大学文学部の就職率は「84%」です。(2018年度)

就職率の内訳は以下になります。

  • 卒業・修了者数:531名
  • 就職者数:450名
  • 進学者数:27名

主な就職先

2018年の文学部生の主な就職先を紹介します。

  • ニトリ
  • 東芝
  • タリーズコーヒージャパン
  • 楽天
  • ファーストリテイリング

などが主な就職先となっています。

主な内定業種一覧

上智大学文学部の主な内定先業種は以下になります。(2018年度)

  • 製造:58名
  • 運輸・郵便:26名
  • 卸売り・小売:54名
  • 金融:61名
  • 情報通信:117名

上智大学文学部のキャンパス情報

上智大学文学部のキャンパスは四谷キャンパスです。キャンパス情報について紹介します。

  • 住所:東京都千代田区紀尾井町7-1
  • アクセス:JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分

上智大学文学部の評判

最後に、上智大学文学部に在学していた学生の実際の口コミを紹介します。

普通の大学ではない言語が学べる

古代ギリシア語など普通の大学では学ぶことができない言語が学べる。

コースが3つに分かれているので、自分の学びない分野が必ず見つかります。

ゼミが少人数制だから交流が深まる

文学部のゼミは少人数制なので、友達が見つかりやすいです。

1年の時は学部学科にとらわれず英語の授業があるので、学科外にも友達が作りやすいです。

サークル活動が積極的

積極的にサークル活動が行われているので、サークル選びには迷いません。

サークルに所属していない人もいますが、特に地方から来る学生はサークルに参加するのがおすすめ。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など