京都大学教育学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.9.10

京都大学教育学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

京都大学教育学部では、「教育と人間に関わる多様な事象を対象とした諸科学を学ぶことにより多様な人々との協働によって地球社会の調和ある共存に貢献できる人材の育成」を目的しています。
学びでは「心、人間、社会についての専門的識見を要請し、さらに広い視野と異質なものへの理解を形成し、人間らしさを擁護し促進する態度」を身につけます。
ここでは京都大学教育学部について、偏差値や卒業後の進路および評判などをまとめました。

参照:京都大学教育学部

京都大学教育学部の偏差値

京都大学教育学部の偏差値は、65.0〜67.5です。

京都大学教育学部の偏差値と同系統の学部

  • 東京大学教育学部(東京都):偏差値67.5
  • 神戸大学国際人間科学部(兵庫県):60.0〜70.0

京都大学教育学部以外の偏差値

  • 京都大学文学部の偏差値:67.5
  • 京都大学総合人間学部の偏差値:65.0〜67.5
  • 京都大学法学部の偏差値:67.5
  • 京都大学経済学部の偏差値:67.5
  • 京都大学理学部の偏差値:65.0
  • 京都大学医学部の偏差値:62.5〜72.5
  • 京都大学薬学部の偏差値:65.0
  • 京都大学工学部の偏差値:62.5〜65.0
  • 京都大学農学部の偏差値:62.5〜65.0

京都大学教育学部の倍率

京都大学教育学部の入試方法は2種類です。この記事では2018年度に実施された各入試方式の倍率結果を紹介します。

  • 前期日程(文系・理系)
  • 特色入試(AO入試)

前期日程

  • 倍率:3.7
  • 募集人数:54(内訳:文系44・理系10)
  • 志願者数:206
  • 合格人数:55

特色入試(AO入試)

  • 倍率:5.0
  • 募集人数:6
  • 志願者数:30
  • 合格人数:6

京都大学教育学部の入試の種類

京都大学教育学部の入試の種類の詳細です。

前期日程/文系

センター試験 5~6教科8科目(250点満点)

  • 【国語】国語(50)
  • 【数学】数IA・数IIB(50)
  • 【理科】物基・化基・生基・地学基から2(備考参照)(50)
  • 【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])
  • 《地歴》世B・日B・地理Bから選択(25)
  • 《公民》「倫理・政経」(25)

※理科は,「基礎2科目」または「発展2科目」から選択
●選択→地歴・公民から2

個別学力試験 4教科(650点満点)

  • 【国語】国語総合・現代文B・古典B(200)
  • 【地歴】世B・日B・地理Bから1(100)
  • 【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)(150)
  • 【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可)(200)

前期日程/理系

センター試験 5教科7科目(250点満点)

  • 【国語】国語(50)
  • 【数学】数IA・数IIB(50)
  • 【理科】物・化・生・地学から2(50)
  • 【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])
  • 《地歴》世B・日B・地理Bから選択(50)
  • 《公民》「倫理・政経」(50)

※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1

個別学力試験 4教科(650点満点)

  • 【国語】国語総合・現代文B・古典B(150)
  • 【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
  • 【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1(100)
  • 【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可)(200)

特別入試(AO入試)

書類審査、課題および口頭試問によるパフォーマンス評価、センター試験の成績をもとに総合的に判定。
提出書類:調査書、学びの報告書、学びの設計書

京都大学教育学部のカリキュラム

ここでは京都大学教育学部のカリキュラムについて紹介します。

1・2年次は全学部共有科目を履修

京都大学教育学部は1・2年次に「一般教養科目」「外国語科目」などの「全学部共有科目」を主に履修します。
各学部の専門的な学習を行う為に必要な基礎学力、国際的視野や異文化理解能力、コミュニケーション能力を高めていきます。また1年次には大学での学びに理解する為の「必修科目」、レポート作成や論文作成に必要な能力を養う「推奨科目」を設置しています。

3年次から3系のいずれかに所属

教育学部では3年次になると3系のいずれかに所属します。
3系とは「現代教育基礎学」「教育心理学」「相関教育システム論」のことであり、 学生自らが選択します。3・4年次には所属系において、より専門的な知識を身につける為に、専門的な講義、ゼミナール、購読・実習科目を配置しています。

京都大学教育学部の特徴

ここでは、京都大学教育学部の特徴について説明します。

現代教育基礎学

現代教育基礎学では、哲学、思想、歴史、心理学などに基盤を置く専門分野から構成されており、教育に関わる事象について家庭教育、社会教育などを視野に入れた研究や教育を行います。

教育心理学

教育心理学では、教育心理学、認知心理学、臨床心理学を中心に充実したカリキュラムが組まれており、他学部の心理学系教室とも連携して活発な教育や研究活動が行われています。

相関教育システム論

相関教育システム論では21世紀において、社会全体がグローバルな人間形成社会になり、そうした社会での教育の柔軟ありかた、国際的なネットワーク化が課題であり、こうした相関教育システム論系では、グローバル社会を視野に入れた教育に多角的なアプローチで創造しています。

京都大学教育学部の進路状況

教育学部の進路状況を、

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

の3つのカテゴリに分けてまとめました。

就職率

京都大学教育学部の就職状況は、以下の通りです。

  • 卒業者数:71名
  • 進学者数:26名
  • 就職者数:41名
  • 公務員就職者数:8名
  • 教員就職者数:2名

主な就職先企業

  • 三菱UFJ銀行
  • 京都市役所
  • 旭化成
  • 総務省
  • 三井住友銀行
  • ブリヂストン
  • 明治安田生命
  • 住友商事
  • 法務省
  • 朝日放送グループホールディングス

主な内定業種一覧

京都大学教育学部の進路状況は、

  • 卒業生:71名
  • 就職・教育関係:43名
  • 大学院進学:26名
  • その他:2名

京都大学教育学部で取得可能な資格

京都大学教育学部では、所定の単位を修得すると以下の資格が得られます。
全ての学科・専攻で、取得できる資格は同じです。

  • 中学校一種
  • 高等学校一種
  • 特別支援学校教諭
  • 社会教育主事
  • 学芸員
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書
  • 公認心理師
  • 臨床心理士

京都大学教育学部のキャンパス情報

<

ul>

  • 大学名:京都大学
  • キャンパス名:吉田キャンパス
  • 住所:京都府京都市左京区吉田二本松町
  • アクセス

    • 出町柳駅:(京阪本線)より徒歩20分
    • 三条京阪駅:(地下鉄東西線)より徒歩5分
    • 河原町駅(阪急京都線)より徒歩5分

    京都大学教育学部の評判は?

    最後に、京都大学教育学部に実際に通っている学生の口コミを集めました。

    教育分野や心理学を学びたい人にオススメの学部

    教育学部は文系と理系がともに入学できる利点があります。
    将来、教育分野や心理学を学びそれぞれの道に進みたいと考えている人にとっては京都大学の特に臨床心理学は優れているのでオススメです。

    また、履修は3年次から専門分野に分かれて履修することとなり、自分でコースを選択する為の2年間は共通科目を履修して、大学での学びに慣れていくことができるので、思っていた学部と違ったというようなミスマッチが起こりづらいので学生にとっては自由度の高さが魅力となっています。

    学部自体が小規模なので授業で顔を合わす人の姿に代わり映えがないですが、その分、講義やゼミナールなどを通じて交流が深まり友達も自然とできる環境となっています。

    カバまる

    カバまる

    カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

    関連記事

    関連キーワード

    問い合わせはこちらから

    無料でAOIブランドを体感しにきてください。

    私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
    入塾者を制限しております。
    お早めにお問い合わせください。

    • 必須お名前

    • 必須電話番号

    • 必須メールアドレス

    • 必須受講希望校舎

    • ご相談、お悩み、ご要望など