京都大学経済学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.9.10

京都大学経済学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

京都大学

京都大学経済学部では、「社会で直ちに役立つ知識を与えるのだけでなく、主は学問的な基盤とともに、柔軟な思考力と創造性を養わせること」を考えて教育を行っています。大学で自主的に学び、社会人になっても経済活動に通じ成長し続け領とする学生の入学を望んでいます。ここでは京都大学経済学部について、偏差値や卒業後の進路および評判などをまとめました。
参照:京都大学

京都大学経済学部の偏差値

京都大学経済学部の偏差値は、67.5です。

京都大学経済学部の偏差値と同系統の学部

  • 東京大学経済学部(東京都):偏差値67.5
  • 神戸大学経済学部(兵庫県):偏差値62.5

京都大学経済学部以外の偏差値

  • 京都大学文学部の偏差値:67.5
  • 京都大学教育学部の偏差値:65.0〜67.5
  • 京都大学法学部の偏差値:67.5
  • 京都大学総合人間学部の偏差値:65.0〜67.5
  • 京都大学理学部の偏差値:65.0
  • 京都大学医学部の偏差値:62.5〜72.5
  • 京都大学薬学部の偏差値:65.0
  • 京都大学工学部の偏差値:62.5〜65.0
  • 京都大学農学部の偏差値:62.5〜65.0

京都大学経済学部の倍率

京都大学経済学部の入試方法は2種類です。この記事では2018年度に実施された各入試方式の倍率結果を紹介します。

  • 前期日程
  • 特色入試(AO入試)

前期日程

  • 倍率:3.0
  • 募集人数:205
  • 志願者数:662
  • 合格人数:218

特色入試(AO入試)

  • 倍率:4.4
  • 募集人数:25
  • 志願者数:96
  • 合格人数:22

京都大学経済学部の入試の種類

京都大学経済学部の入試の種類の詳細です。

前期日程/文系

前期日程は、センター試験と学力試験で組まれています。

センター試験

5~6教科8科目(250点満点)

  • 【国語】国語(50)
  • 【数学】数IA・数IIB(50)
  • 【理科】物基・化基・生基・地学基から2(備考参照)(50)
  • 【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])
  • 《地歴》世B・日B・地理Bから選択(25)
  • 《公民》「倫理・政経」(25)

※理科は,「基礎2科目」または「発展2科目」から選択
●選択→地歴・公民から

個別学力試験

4教科(550点満点)

  • 【国語】国語総合・現代文B・古典B(150)
  • 【地歴】世B・日B・地理Bから1(100)
  • 【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)(150)
  • 【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可)(150)

前期日程/理系

こちらの前期日程も、センター試験と学力試験で組まれています。

センター試験

5教科6科目(250点満点)

  • 【国語】国語(50)
  • 【数学】数IA・数IIB(50)
  • 【理科】物・化・生・地学から1(50)
  • 【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])
  • 《地歴》世B・日B・地理Bから選択(50)
  • 《公民》「倫理・政経」(50)

※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1

個別学力試験

3教科(650点満点)

  • 【国語】国語総合・現代文B・古典B(150)
  • 【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(300)
  • 【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可)(200)

特別入試(AO入試)

  • 書類審査、論文試験、センター試験の成績をもとに総合的に判定。
  • 提出書類:調査書、学業活動方区処、学びの設計書

京都大学経済学部のカリキュラム

京都大学経済学部に入学をしたら、どのようなカリキュラムで学ぶことができるのか?ここでは経済学部のカリキュラムについて紹介します。

1学科制を採用

京都大学経済学部は「経済学と経営学」の関連性を重視し、1学科制を採用しています。両者を総合的に学ぶことができるカリキュラムとなっています。本来であれば、経済学と経営学は異なっている大学が多い中で、京都大学の融合した構成は特徴的だといえます。

4つの履修モデル

経済学部では、「理論・歴史コース」「政策コース」「マネジメントコース」「ファイナンス・会計コース」の4つのコースを設けており、学生の興味や関心と将来の進路に応じて体型的に学習することができるような履修モデルとなっています。

京都大学経済学部の特徴

京都大学経済学部の特徴について紹介します。
参照:京都大学経済学部

9つの入門科目

経済学部では経済経営学科の1学科制を採用しており、経済学と経営学を横断して学んでいきます。しかし、経済と経営は専門分野が異なる為、それぞれ経済学と経営学の双方の基礎知識を固める必要があります。1年次には9つの入門科を履修しそれぞれの基礎知識を身につけていきます。

学生が自らの選択により自由に学べる

経済学部では、全ての学部科目が選択科目となっています。その一方で「理論・歴史」「政策」「マネジメント」「ファイナンス会計」という4つの履修コースモデルを用意し、コースツリーを明治することで提要的な履修を使用するとともに一定の条件を満たした学生を当該コースの修了者として認定しています。

京都大学経済学部の進路状況

経済学部の進路状況を、

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

の3つのカテゴリに分けてまとめました。

就職率

京都大学経済学部の就職状況は、

  • 卒業者数:253名
  • 進学者数:23名
  • 就職者数:214名
  • その他:16名

主な就職先企業

  • 日本銀行
  • 野村證券
  • みずほフィナンシャルグループ
  • LIXIL
  • 三井住友銀行
  • 日本生命
  • 大阪ガス
  • J.P.モルガン証券
  • 東海旅客鉄道
  • アクセンチュア

主な内定業種一覧

京都大学経済学部の進路状況は、

  • 製造業:28名
  • 電気・ガス・水道業:6名
  • 情報通信・運輸・郵便業:30名
  • 卸売・小売業:17名
  • 金融・保険業:59名
  • 不動産・物品賃貸業:11名
  • サービス業:57名
  • 公務員:6名

京都大学経済学部で取得可能な資格

京都大学経済学部では、所定の単位を修得すると以下の資格が得られます。
全ての学科・専攻で、取得できる資格は同じです。

  • 学芸員

京都大学経済学部のキャンパス情報

  • 大学名:京都大学
  • キャンパス名:吉田キャンパス
  • 住所:京都府京都市左京区吉田二本松町

アクセス方法

  • 出町柳駅:(京阪本線)より徒歩20分
  • 三条京阪駅:(地下鉄東西線)より徒歩5分
  • 河原町駅(阪急京都線)より徒歩5分

京都大学経済学部の評判は?

最後に、京都大学経済学部に実際に通っている学生の口コミを集めました。

評判通り自由に履修できる

経済部は自由に履修科目を選択することができると評判で、実際に入学してからは本当に興味や関心のある科目を選択して受講するこができたのでよかったです。また、面白い授業とそうでない授業があるというのは学生内でも話題として上がることがよくあります。
その為、授業に出るか出ないかについても自由なので、本当に自主的に学生が自ら選択して学んでいくというスタイルと思っておくと良いでしょう。

名前の通り経済と経営が学べる

経済部は名前の通り経済経営学科の1学科制のため、経済学部に所属していながら経済学と経営学の両方をまとめて学ぶことができるのが特徴です。どの学部入学しようか迷っている人には両立できるのでオススメできる部分でもあり、また講師陣は有名な教授も素晴らしい人もたくさんいるので、充実した時間を過ごすことができると思います。

卒業論文がない

経済部は卒業論文がないという珍しい一面があります。その分の時間や単位は興味や関心のある科目を履修して単位を取得する時間に費やすことができるので、自由度が高いカリキュラムが特徴です。また2年次からはゼミがスタートしますが、ゼミにも参加するかしないかも自由なので、何かもが自分でキャンパスライフを選択することができますので自分で必要なものを見極めて主体的に動くことが大切だと言えます。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など