大阪大学外国語学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.9.12

大阪大学外国語学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

大阪大学外国語学部では、「25に及ぶ世界の諸言語の専攻語教育課程」が設けられており、世界の言語と地域文化の教育研究を行っています。この学部では、複数の言語に関する高度な言語運用能力を基に、世界各地域の多様な文化に関する総合的かつ専門的な知識を身に付け、異文化における相互理解と諸課題の解決に貢献する人材育成を教育目標としています。ここでは大阪大学外国語学部について、偏差値や卒業後の進路および評判などをまとめました。

大阪大学外国語学部の偏差値

大阪大学外国語学部の偏差値は、57.5~65.0です。

大阪大学外国語学部の偏差値と同系統の学部

東京大学教養学部(東京都):偏差値67.5
京都大学教育学部(京都府):偏差値65.0〜67.5

大阪大学人間科学部以外の偏差値

  • 大阪大学文学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学人間科学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学法学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学経済学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学理学部の偏差値:60.0〜62.5
  • 大阪大学医学部の偏差値:57.5〜70.0
  • 大阪大学歯学部の偏差値:60.0
  • 大阪大学薬学部の偏差値:62.5
  • 大阪大学工学部の偏差値:57.5〜60.0
  • 大阪大学基礎工学部の偏差値:60.0〜62.5

大阪大学外国語学部の倍率

大阪大学外国語学部の入試方法は2種類です。この記事では2018年度に実施された各入試方式の倍率結果を紹介します。

  • 一般入試
  • AO入試

一般入試

  • 倍率:2.2
  • 募集人数:505
  • 志願者数:1,320
  • 合格人数:578

AO入試

  • 倍率:3.5
  • 募集人数:65
  • 志願者数:52
  • 合格人数:15

大阪大学外国語学部の入試の種類

大阪大学外国語学部の入試の種類の詳細です。
5~6教科8科目(150点満点)

  • 【国語】国語(25)
  • 【数学】数IA必須,数IIB・簿記*・情報*から1,計2科目(25)
  • 【理科】物基・化基・生基・地学基から2(備考参照)(25)
  • 【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](25[6.25])
  • 《地歴》世B・日B・地理Bから選択(25)
  • 《公民》「倫理・政経」(25)

※理科は、「基礎2科目」または「発展2科目」から選択
●選択→地歴・公民から2

個別学力試験

3教科(500点満点)

  • 【国語】国語総合(100)
  • 【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II・英語会話(備考参照)[音声テストを課す](300)
  • 《地歴》世B(100)
  • 《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)

●選択→地歴・数学から1

AO入試

一次試験:提出書類により選考を行い募集人員の約2倍までの者を上限に合格者を決定

二次試験:小論文、面接、センター試験の成績、提出書類をもとに総合的に判定

(センター試験科目:国語、地理歴史・公民、理科、数学、外国語)
提出書類:調査書、志望理由書、志望者評価書など

大阪大学外国語学部のカリキュラム

大阪大学外国語学部に入学したら、どのようなカリキュラムで学ぶことができるのでしょうか?ここでは大阪大学外国語学部のカリキュラムについて紹介します。

1年次は導入

大阪大学外国語学部の1年次は豊中キャンパスで全学部共通の「一般教養」と「専攻言語」の授業を受けます。同時に外国語学部の基礎となる知識を学びます。

2年次からは専門教育

大阪大学外国語学部は2年次から箕面キャンパスに場所を移し、言語と並行して外国文化を学んでいきます。3・4年次からは「専攻言語」と「外国文化の学習」といった分野の比重が特に高まり、これまで学んできた語学力を活かして研究に取り組みます。外国語学部の学生は、25専攻に分かれて学び、キャンパス全体にはさまざまな言葉が聞こえてくるほか、外国人教員、留学生も同居しています。毎日、異国の言語と文化に触れあい、肌で感じることが出来る環境に身を置くことで国際人として感覚を磨いていきます。

グローバル人材の育成プログラムを採用

外国語学部では世界の言語と地域社会に関する専門的知識や方法論の両方を身に付けたグローバル人材の育成を目指し、文系他部局と協力してMLE(マルチリンガル・エキスパート養成プログラム)を実施しています。MLEに参加することで、文学部、人間科学部、法学部、経済学部の専門教育を学ぶことができるようになります。

専攻言語教育のための「客観的な到達度評価制度」を採用

外国語学部では、専攻語教育において「読む、聞く、話す能力」がいつ頃どの程度身につくのかを学年別到達度目標を25専攻言語で設定し公開をしています。国内の大学で初めての取組であり、留学や将来の計画を立てる際にも活躍できる評価制度となります。

大阪大学外国語学部の進路状況

大阪大学外国語学部の進路状況を

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

の3つのカテゴリーに分けてまとめました。

就職率

大阪大学外国語学部の就職状況

  • 卒業者数:615名
  • 進学者数:48名
  • 就職者数:524名
  • 公務員就職者数:56名
  • 教員就職者数:11名

となっています。
一方、他大学の類似学部・学科と比較してみると以下の通りとなります。

東京大学教養学部の就職状況

  • 卒業者数:217名
  • 進学者数:90名
  • 就職者数:96名
  • 公務員就職者数:13名

京都大学教養学部の就職状況は、

  • 卒業者数:71名
  • 進学者数:26名
  • 企業等数:41名
  • 公務員就職者数:8名
  • 教員就職者数:2名

主な就職先企業

  • 富士通
  • ニトリ
  • 三菱電機
  • 財務省
  • 防衛省
  • 三井住友銀行
  • 大和証券
  • トヨタ自動車
  • みずほフィナンシャル・グループ
  • 住友商事

主な内定業種一覧

大阪大学外国語学部における男子、女子別の内定業種は以下のとおりです。

<男子>

  • 製造業:36.4%
  • 金融業・保険業:11.8%
  • 卸売業・小売業:10.7%
  • 情報通信業:9.6%
  • その他の専門・技術サービス業:9.1%
  • 公務員:9.6%
  • 教育、学習支援業:7.0%
  • 運輸・郵便業:3.7%
  • その他:2.7%

<女子>

  • 製造業:26.8%
  • その他の専門・技術サービス業:13.6%
  • 金融業・保険業:12.1%
  • 公務員:11.5%
  • 卸売業・小売業:9.4%
  • 情報通信業:9.1%
  • 教育、学習支援業:4.4%
  • 運輸・郵便業:6.2%
  • その他:6.8%

大阪大学外国語学部で取得可能な資格

※大阪大学外国語学部では取得可能な資格に関する情報は公開されていません。

大阪大学外国語学部のキャンパス情報

大阪大学外国語学部のキャンパスは、豊中キャンパスと箕面キャンパスです。

※キャンパス間の移動のための学内連絡バスは運行しています。

豊中キャンパス

  • 大学名:大阪大学
  • キャンパス名:豊中キャンパス
  • 住所:大阪府豊中市待兼山町
  • アクセス:バスなし
  • 主要駅より:石橋駅より約15分、柴原駅より約7〜15分

箕面キャンパス

  • キャンパス名:箕面キャンパス
  • 住所:大阪府箕面市粟生間谷東8-1-1
  • アクセス:阪急バスあり
  • 主要駅より:北千里駅より約25分、小野原駅より約15分

大阪大学外国語学部の評判は?

最後に、大阪大学外国語学部に実際に通っている学生の口コミを集めました。

少人数制教育が嬉しい

25専攻言語があり普段触れることがない言語がここでは学べるというのは大きなメリットと感じて入学を決意し、授業では少人数制なのでマイナー言語で修学に苦労していてもきめ細かなサポートがあるので安心できる。

ネイティブスピーカーの講師が充実

外国語学部ではネイティブスピーカーの講師が各専攻言語におられるので、発音やリスニング学習では講義を受けているだけで勉強になります。本格的な授業を開講してくれる他、言語学習を通じて外国文化を理解できるので真の外国語学習だと感じます。

大阪大学にしかない専攻言語がある

外国語学部では25専攻言語があるので、マイナー言語を学びたいと考えている人はここで学ぶべきだと言えます。学んだ言語を活かして、歴史や文化を学び、最終的には研究をすることが目的であり、外国語学部という名前以上に奥の深い内容を学ぶことができます。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など