大阪大学薬学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.9.17

大阪大学薬学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

大阪大学薬学部では、2019年度から「薬科学科(4年制)」と「薬学科(6年制)」を融合した「新全6年制」による薬学教区海外を行い薬学科(6年制)の1学科のみとなりました。この学部では、「創薬基盤技術力」と「創薬臨床力」を生かし、ものづくりに貢献できる人材の育成を目標に取り組んでいます。ここでは大阪大学薬学部について、偏差値や卒業後の進路および評判などをまとめました。

大阪大学薬学部の偏差値

大阪大学薬学部の偏差値は、62.5です。

大阪大学薬学部の偏差値と同系統の学部

  • 東京大学医学部(東京都):偏差値67.5〜72.5
  • 京都大学医学部(京都府):偏差値62.5〜72.5

大阪大学薬学部以外の偏差値

  • 大阪大学文学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学外国語学部の偏差値:57.5〜65.0
  • 大阪大学法学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学経済学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学理学部の偏差値:60.0〜62.5
  • 大阪大学人間科学部の偏差値:65.0
  • 大阪大学医学部の偏差値:57.5〜70.0
  • 大阪大学歯学部の偏差値:60.0
  • 大阪大学工学部の偏差値:57.5〜60.0
  • 大阪大学基礎工学部の偏差値:60.0〜62.5

大阪大学薬学部の倍率

大阪大学薬学部の入試方法は2種類です。この記事では2018年度に実施された各入試方式の倍率結果を紹介します。

  • 一般入試
  • 推薦入試

一般入試

  • 倍率:2.9
  • 募集人数:65
  • 志願者数:223
  • 合格人数:73

推薦入試

  • 倍率:5.7
  • 募集人数:15
  • 志願者数:57
  • 合格人数:10

大阪大学薬学部の入試の種類

○大学□□学部の入試の種類の詳細です。

前期日程

センター試験

5教科7科目(400点満点)

  • 【国語】国語(100)
  • 【数学】数IA必須,数IIB・簿記*・情報*から1,計2科目(100)
  • 【理科】物・化・生から2(100)
  • 【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](50[10])
  • 《地歴》世B・日B・地理Bから選択(50)
  • 《公民》「倫理・政経」(50)

※理科は、基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1

個別学力試験

3教科(650点満点)

  • 【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(250)
  • 【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2(250)
  • 【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(150)

推薦入試

  • 一次試験:志願者が募集人員に対し約2倍を超えた場合、大学入試センター試験の争点および調査書等により、第一次選考を行います。
  • 二次試験:小論文および個人面接(2回)、センター試験の成績をもとに総合的に判定
  • センター試験科目:国語、地理歴史、公民、理科、数学、外国語
  • 提出書類:調査書、志望理由書、志望者評価書など

大阪大学薬学部のカリキュラム

大阪大学薬学部に入学したら、どのようなカリキュラムで学ぶことができるのでしょうか?ここでは大阪大学薬学部のカリキュラムについて紹介します。

1・2年次までは全学共有教育を重点的に学ぶ

大阪大学薬学部では1年次に「共通教育系科目」を豊中キャンパスで学び、一般教養や語学などを重点的に学びます。また、生命科学の基礎となる化学、生物学、物理学などをしっかり学ぶ期間ともなります。

2年次後期からは本格的に薬学専門教育を学ぶ

大阪大学薬学部では2年次後期から「薬学専門教育」が始まります。ここでは、基礎実習を行い研究を実践するために必要な知識や技術を学び、3年次からは研究室に配属され、薬学研究の最前線で長期課題研究(卒業研究)に取り組みます。

4年次以降は実務実習がスタート

大阪大学薬学部では4年次以降になると「臨床実習」が始まります。ここでは、病院や薬局において患者さんと接することによって臨床における薬物療法を学びます。医療人として果たすべき役割を考える機会として実務実習を行います。本学科を卒業すれば薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。

大阪大学薬学部の特徴

ここでは大阪大学薬学部の特徴について紹介します。

参考:大阪大学薬学部

先進研究コース

先進研究コースでは創薬臨床力や創薬基盤技術力の修得に加えて、医療経済や医療統計などの先進的な内容を学ぶことで広い視野を有した総合力を育てる「10年一貫の研究教育」を行います。日本の薬学・医学研究を牽引し、多方面において世界基準を凌ぐ研究力を養うことグローバルに活躍する研究者を重点的に養成します。

Pharm.Dコース

Pharm.Dコースでは、未来医療の実現を目指したコースとなっており、創薬臨床力を高めるため、早くから臨床や医療を中心とした知識と技能を身につける研究教育を行っています。大学や官公庁や臨床の場で中心となって活躍できる「研究型高度薬剤師」を養成します。

薬学研究コース

薬学研究コースでは、臨床や医療における経験を有し、かつその経験を基盤とした基礎研究や創薬などのものづくりへの応用研究を展開できる能力を養う研究教育を行っています。大学や製薬会社など多方面で活躍する薬剤師であり臨床経験も有する「薬剤師創薬研究者」を養成します。

大阪大学薬学部の進路状況

大阪大学薬学部の進路状況を、

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

の3つのカテゴリーに分けてまとめました。

就職率

大阪大学薬学部薬学科の就職状況

  • 卒業者数:26名
  • 進学者数:0名
  • 就職者数:24名
  • 公務員就職者数:1名
  • 教員就職者数:0名

となっています。

薬学部薬科学科の就職状況

  • 卒業者数:58名
  • 進学者数55名
  • 就職者数:0名
  • 公務員就職者数:0名
  • 教員就職者数:0名

となっています。

一方、他大学の同学部・学科と比較してみると以下の通りとなります。

東京大学医学部の就職状況

  • 卒業者数:106名
  • 進学者数:2名
  • 就職者数:1名
  • 臨床研修医数:89名
  • 公務員就職者数:0名
  • 教員就職者数:0名

京都大学医学部の就職状況

  • 卒業者数:110名
  • 進学者数:1名
  • 就職者数:0名
  • 臨床研修医数:105名
  • 公務員就職者数:0名
  • 教員就職者数:0名

主な就職先企業

大阪大学薬学部における就職先企業を紹介します。

  • マルホ
  • 塩野義製薬
  • 大塚製薬
  • 中外製薬
  • 日本新薬
  • 住友化学
  • JT
  • 大鵬薬品工業
  • 日本イーライリリー
  • 第一三共

主な内定業種一覧

※大阪大学では内定業種に関する詳細な情報は公表されておりません。

大阪大学薬学部で取得可能な資格

大阪大学薬学部では、所定の単位を修得すると以下の受験資格が得られます。

  • 薬剤師

大阪大学薬学部のキャンパス情報

  • キャンパス名:豊中キャンパス
  • 住所:大阪府豊中市待兼山町
  • アクセス:電車・モノレールあり
  • 主要駅より:石橋阪大駅より約15分〜25分、柴原阪大駅より約7〜15分

※キャンパス間の移動のための学内連絡バスは運行しています。

  • キャンパス名:吹田キャンパス
  • 住所:大阪府吹田市山田丘
  • アクセス:阪急バス、近鉄バスあり
  • 主要駅より:北千里駅より約30分、阪大病院前駅より約5〜15分

※キャンパス間の移動のための学内連絡バスは運行しています。

大阪大学薬学部の評判は?

最後に、大阪大学薬学部に実際に通っている学生の口コミを集めました。

将来の進路が決まっている学部だからこそ切磋琢磨できる

薬学部を目指す学生はほとんど創薬や研究者など薬に関わる仕事に携わるという進路が決定しているため、同級生であってもお互いがライバルとなるので授業中も切磋琢磨し、勉学に励める環境があります。

就職率と進学率が高い

薬学部は大手企業への就職率が高く、また大学院への進学率もともに高いのが特徴です。それだけ学生のレベルが高く、教授の実力もあるという証明だと思いますので在校生にとっては心強いです。

学部内の繋がりが強い

薬学部は人数が限られているので講義で顔を合わすメンバーもパターンがほとんど同じです。その分友達にもなりやすいのですが、他の学部との交流が限定的な面があるので、その分薬学部内の繋がりは強い傾向があります。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など