名古屋大学法学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:30〜21:00

information | 2019.9.28

名古屋大学法学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

名古屋大学

名古屋大学の法学部の偏差値・入試情報・倍率などの情報をまとめています。入試に関する情報だけではなく、名古屋大学の法学部卒業者の進路・就職先などの情報もご紹介いたします。

名古屋大学法学部の偏差値

はじめに名古屋大学法学部の偏差値をチェックしましょう。
名古屋大学法学部の偏差値は62.5となっています。国公立大学の法学部偏差値ランキングでは、7位となっています。1位は東京大学です。

それでは、他大学の法学部の偏差値も見ていきましょう。

  • 一橋大学/法学部/法律学科:67.5
  • 大阪大学/法学部/国際公共政策学科:65
  • 東京外国語大学/国際日本学部/国際日本学科:65
  • 神戸大学/法学部/法律学科:62.5

ほかの大学との偏差値の差が分かったところで、名古屋大学の法学部は学内で高い偏差値なのかが気になりますよね。次に名古屋大学の法学部以外の偏差値も紹介しておきます。

名古屋大学法学部以外の偏差値

  • 文学部/人文学研究科:60
  • 教育学部/人間発達科学科:62.5
  • 法学部/法律・政治学科:62.5
  • 経済学部/経済学科:62.5
  • 情報学部/自然情報学科:60
  • 理学部/理学科:57.5
  • 医学部/医学科:67.5
  • 工学部/化学生命工学科:60
  • 農学部/環境土木・建築学科:60

上記は一部の学科の偏差値のみ紹介しています。
名古屋大学法学部の偏差値は学内では、高い偏差値となります。

名古屋大学法学部の倍率

名古屋大学法学部の2019年に実施された入試の倍率結果を紹介します。
名古屋大学法学部の入試には、一般入試(前期日程)と「推薦入試(センター試験を課す)があります。

名古屋大学法学部の学科は、法律・政治学科のみとなります。

一般入試の倍率

名古屋大学法学部の2019年に実施された一般入試の倍率結果は以下になります。
法学部の一般入試は「前期日程」になります。

法学部法律・政治学科の倍率(前期日程)

  • 倍率:2.0
  • 募集人数:105名
  • 志願者数:254名
  • 受験者数:222名
  • 合格者数:112名

推薦入試の倍率

名古屋大学法学部の2019年に実施された推薦入試の倍率結果は以下になります。
法学部の推薦入試は、センター試験が課されます

法学部法律・政治学科の倍率(前期日程)

  • 倍率:1.2
  • 募集人数:45名
  • 志願者数:104名
  • 受験者数:55名
  • 合格者数:45名

名古屋大学法学部の入試の種類

名古屋大学法学部の入試方法は以下になります。

  • 一般入試
  • 推薦入試(センター試験を課す)

ここでは、一般入試と推薦入試のそれぞれの特徴について紹介します。

一般入試

名古屋大学法学部の一般入試の募集人員や入試科目などを紹介します。

法学部の入試日程(前期日程)

  • インターネット出願期間:令和2年1月14日(火)~2月5日(水)15時まで
  • 出願期間:令和2年1月27日(月)~2月5日(水)16時
  • 試験日:令和2年2月25日(火)、26日(水)、27日(木)
  • 合格発表:令和2年3月7日(土)

法学部の募集人員(前期)

法学部の一般入試の募集人員は105名です。

法学部の入試科目

法学部の入試科目は5教科8科目又は6教科8科目となります。

  • 国語
  • 地理歴史公民:世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治経済から2つ
  • 数学:数Ⅰ・数Aと数Ⅱ・数B、簿記、情報から1つ
  • 理科:物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2つ
  • 外国語:英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1つ

推薦入試

名古屋大学法学部では、一般入試だけではなく推薦入試も実施されています。
ここでは、推薦入試の概要を紹介します。

法学部の推薦入試はセンター試験を課す入試です。

法学部推薦入試の入試日程(センター試験を課す)

  • インターネット出願期間:令和2年1月6日(月)~1月24日(金)15時まで
  • 出願期間:令和2年1月21日(火)~1月24日(金)16時必着
  • 試験日:令和2年2月10日(月)
  • 合格発表:令和2年2月12日(水)

法学部推薦入試の募集人員(センター試験を課す)

法学部推薦入試の募集人員は45名となります。

法学部推薦入試の試験内容

  • 選抜方式:1次選考、2次選考
  • 1次選考:志願理由書、推薦書、調査書及び証明書、大学入試センター試験の成績
  • 2次選考:面接

名古屋大学法学部のカリキュラム

名古屋大学法学部に入学をしたら、どのようなカリキュラムで学ぶことができるのか?ここでは法学部のカリキュラムについて紹介します。

1年次は基礎的・入門的

1年次は基礎的・基本的な科目を中心に学びます。1年次春学期には4つの基礎的・入門的な法学部の科目があります。秋学期には、憲法Ⅰと民法Ⅰという専門科目も登場します。

2年次は少人数教育の演習

名古屋大学の法学部の学科は1つですが、法律学・政治学のどちらを中心に学ぶか決めることができます。法学部の科目は自主性を尊重した完全自由選択制になっています。なので、
卒業までの学習計画に基づいた、体系的な学習方法が求められます。

2年次のゼミナールでは、調査・発表と討論を通じて主体的に学習し、インターンシップなどの職業体験にも参加します。

3年次は専門領域、4年次は卒論

3年次では、各自の興味関心・進路の関係で各科目の学習を深めます。法学・政治学の専門的知識を身につけます。4年次の卒業論文の執筆は推奨されていますが、必須ではありません。

名古屋大学法学部の特徴

名古屋大学法学部の特徴について紹介します。

1学年150名の少人数教育

名古屋大学の法学部は昔から少人数教育を取り入れています。1学年150名で法学部関連の教員スタッフはおよそ60名です。スタッフ1人あたりの学生数は1学年あたり、3名程度ときわめて少なくなっています。

4年次一貫教育

法学部は1年生から法学・政治学の専門教育を行い、1年後期には基本の専門科目として「憲法Ⅰ・民法Ⅰ」を履修し、2年次以降の多種多様な専門科目の学習に備えます。

名古屋大学法学部の進路状況

名古屋大学法学部の進路状況を、下記3つのカテゴリに分けてまとめました。

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

就職率

2018年度名古屋大学法学部の就職率は約83%です。

就職率の内訳は以下になります。

  • 卒業・修了者数:172名
  • 就職者数:135名
  • 進学者数:29名
  • その他:8名

主な就職先

名古屋大学法学部生の主な就職先を紹介します。

  • 大垣共立銀行
  • 十六銀行
  • 住友生命保険
  • 住友電気工業
  • 中部電力
  • 東邦ガス
  • トヨタ自動機構
  • 西日本電信電話
  • ニトリ
  • 富士通

主な内定業種一覧

2018年度卒業生の主な内定先業種です。

  • 製造業:29名
  • 情報通信業:8名
  • 卸売り・小売業:4名
  • 金融・保険業:20名
  • 教育・学習支援業:2名
  • 公務:29名

名古屋大学法学部のキャンパス情報

名古屋大学法学部のキャンパスは東山キャンパスです。

  • 住所:〒464-8603 愛知県名古屋市千種区不老町
  • アクセス:地下鉄東山線「本山」駅で名城線右回り乗り換えて名古屋大学駅下車

名古屋大学法学部の評判

名古屋大学法学部に在学していた学生の実際の口コミを紹介します。

卒業論文が強制じゃない

名古屋大学の法学部が他の学部と違う一番大きなポイントは、卒業論文が任意であることです。卒業論文があるかないかだけで、4年次のスケジュールは大きく変わりますね。

法学・政治学の両方が学べる

法学部の魅力は法律学と政治学の両方が学べる場所です。ただし、講義の中でレジュメや教科書を読むだけの授業が多いのはマイナスポイントでした。

大学近辺での食事に困らない

法学部のある東山キャンパスにはカフェやごはん屋さんが多いので、食事には困りません。ただし、駅から学内の施設が遠いのが大変でした。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など