AO入試と一般入試の違いとは|AO入試は難易度が低いの? | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:00〜21:00

information | 2019.5.28

AO入試と一般入試の違いとは|AO入試は難易度が低いの?

AO入試と一般入試

AO入試とは?

今ではよく耳にする「AO入試」ですが、そもそもどういった入試のことなのでしょうか?言葉の意味から合格ポイントまで解説いたします。

AO=アドミッション・オフィス

AO入試は「アドミッションズ・オフィス入試」の略であり、学校側が学生に求めている基準に沿っているかどうかを基準に合否を決める入試方式のことです。
元々はアメリカで経費削減と効率性を目的として始められた入試ですが、1990年に慶應義塾大学が導入したことによって急速に広まり、日本の大学でも馴染みのあるものになりました。

選抜方法として主流なのは「高等学校での成績+面接+小論文」ですが、面接のみ、オープンキャンパスへの出席が必要など、大学によって異なっています。

志望理由・学びたいことをしっかり持っておく

AO入試において最も重要なのは「志望理由」です。ほとんどのAO入試では、出願資格・条件として「専願であること」「強い学習意欲を持っている人」などと定めています。

一般入試のように複数校を併願受験するというよりは、強く志望している大学・学部にチャレンジする、というものがAO入試の本来の趣旨なのです。

評定平均や資格は大切?

また、AO入試には学力試験がないため、「評定平均値」や「保有資格」によって大学が求める人物像により近しいことをアピールする必要があります。

決して楽な入試ではない!

AO入試は学力試験が課されないことから、一般入試に比べると楽というイメージを持っている方も少なからずおられます。しかし、出願資格として評定平均値や資格、高等学校での実績を設けているAO入試は少なくなく、出願資格を満たすことすら難しい、ということはよくあります。
AO入試の出願資格の例をご紹介いたします。

  • 高等学校全期間(卒業見込みの者は、第3学年第1学期まで)に履修したすべての教科・科目の全体の評定平均値が4.1(小数点以下第2位を四捨五入)以上であること。(慶応義塾大学)
  • 本学の一般入試出願資格に加え、過去に、「日本数学オリンピック」において、予選合格(Aランク)した者。(早稲田大学)

このように、高等学校で優秀な成績を修めたり、オリンピック・コンテストなどで入賞したりした経験を求められることは、AO入試では珍しくありません。
入試で高得点さえ取ることができれば合格できる一般入試とは大きく違っているところですね。

また、受験者が合格基準に達していないと判断された場合には、設定合格が設定されていても合格者が0名ということもあり得ます。

受験を検討する前に、AO入試は決して楽な入試ではないということを認識しておく必要があるでしょう。

AO入試と一般入試はどう違う?

AO入試の特徴などをご紹介いたししたが、一般入試とはどのような違いがあるのでしょうか。

  • 出願資格
  • 入試のスケジュール
  • 選考の方法

この3点についてそれぞれ解説いたします。

出願資格

先ほど述べた通り、AO入試の出願資格では評定平均値や高等学校での実績などが求められることが多いです。

一方、一般入試の出願資格にそういった条件はなく、学力試験のみで選考が行われます。そのため、例えそれまでの成績が悪くても、本番で結果を出せれば合格できる可能性があるのです。

入試のスケジュール

AO入試は夏~秋ごろに選考が行われ年内には合格発表が行われることが多いですが、一般入試は翌年2月に実施されます。

同志社大学商学部の2020年度入試を例にご紹介いたします。

一般入試

  • 出願期間:2019年12月24日(火)~2020年1月10日(金)
  • 試験日:2月5日(水)
  • 合格発表:2月18日(火)

AO入試

  • 出願期間:2019年8月21日(水)~8月29日(木)
  • 1次審査合格発表:9月27日(金)
  • 第2次審査日:10月12日(土)
  • 合格発表:10月29日(火)

また、6月のオープンキャンパスでのからエントリーや面談からAO入試がスタートする大学・学部もあるため、受験にあたってはスケジュール確認が非常に重要となります。

選考の方法

1回の学力試験のみで合否が判定される一般入試と違い、AO入試では1次試験(書類選考)と2次試験(面接、小論文、グループワーク、グループディスカッション、プレゼンテーション、学力考査など)の2段階で選考が行われることが多いです。

例として、慶応義塾大学法学部のAO入試(FIT入試)の選考方法をご紹介いたします。

  • 第1次選考:提出書類をもとに書類選考を行い、第1次合格者を決定します。
  • 第2次選考(A方式):
    1. 論述試験:教員が模擬講義(50分間)を行い、講義後に論述形式の試験(45分間)を行います。試験では、法律学ないしは政治学の修得に必要な理解力、考察力、表現力などを評価します(両学科とも同時に同一の内容にて実施します)。
    2. グループ討論:6~7名程度からなるグループに分かれ、与えられたテーマについて討論(45分間)を行います。理解力や表現力、社会性や自分の考えを主張する能力などを考査します。討論の開始前に全員に各2分間で自己アピールを兼ねた自己紹介を行ってもらいます。また、討論終了後、担当教員より質問することがあります。
  • 第2次選考(B方式):
    1. 総合考査:Ⅰ与えられた資料(グラフ、表、データ、条文、判例など)から読み取れることを400字程度にまとめてもらいます。社会科学に必要な論理的な思考力、考察力を評価します。(45分間)、Ⅱ与えられたテーマのもと400字程度の小論文を書いてもらいます。ここでは創造力、独創性、発想力を考査します。(45分間)
    2. 面接試験:個人面接を行います。(一人あたり10分間)

出典:慶応義塾大学

選考方法は大学・学部によって異なるので、必ず事前にチェックをしておきましょう。

AO入試と一般入試、両方受験できる?

少しでも合格の可能性を上げるためにも、AO入試と一般入試の両方を受験したいところですよね。

結論から申し上げますと、AO入試と一般入試の両方を受けることは可能です。ここでは、そのためのスケジュールやポイントをまとめました。

どんなスケジュールになる?

初めに申し上げた通り、AO入試は基本的に「専願」での出願となり、合格した場合はその大学・学部に進学しなければなりません。
また、AO入試の日程は一般入試よりも早く設定されています。

そのため、AO入試と一般入試の両方を受験するというよりも、

  • AO入試を受ける(9~11月ごろ)
  • 合格の場合→入学決定
  • 不合格の場合→一般入試にチャレンジ(2~3月)

このように順番に受けると言った方が正しいでしょう。

両方残念…とならないために

AO入試の対策としては、遅くとも高校2年生の夏までには何か自己アピールできるものを持っておくようにしておくことがおすすめです。何もアピールポイントがないと、それだけで1次試験(書類審査)の突破が難しくなります。
また、AO入試の突破に不可欠な「志望理由」をしっかりと固めるためにも、この時期には大学のオープンキャンパスに参加しておくと良いでしょう。

AO入試の受験生は合格に向けて早くから色々な取り組みをしている人が多いため、遅れを取らないためにもできるだけ早めに動き出しましょう。

万が一AO入試が不合格となってしまった場合は一般入試を受験することになりますが、ここで陥りやすいのが、「AO入試の対策ばかりしていて、学力試験の対策が不十分」という状態です。

この時点で一般入試の対策を始めても、一般入試での合格を目指している受験生との差を縮めることは容易ではありません。
AO入試を受験する予定であっても、一般入試の学力試験対策は欠かさずやっておきましょう。

まとめ

AO入試と一般入試は全く異なる入試方式です。AO入試は比較新しい入試制度で、学力だけで合否の判断を行っていた従来の方式にとらわれず、人物の個性や学業意欲に沿った合否判断を重視しています。

どうしてもその大学・学部にで学びたいと強い気持ちがあり、アピールできるポイントのある人にはおすすめです。

しかし、全く異なる方式である分、両方の対策をしていくのは大変です。
結局のところ、日頃からコツコツと勉強を重ねていくのが一番の近道と言えるでしょう。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など