明治大学文学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:00〜21:00

information | 2019.7.16

明治大学文学部の入試情報・偏差値・進路・評判まとめ

明治大学商学部

明治大学文学部の偏差値

明治大学文学部の偏差値は、60.0~65.0となります。MARCHで偏差値を比較したところ青山学院大学文学部で偏差値は57.5~67.5、立教大学文学部で偏差値が60.0~62.5、中央大学文学部で偏差値は57.5~62.5、法政大学文学部で偏差値は57.5~62.5となります。

東京の難関私立大学であるMARCHで比較すると明治大学文学部の偏差値は上から2番目に位置しており、非常に高いレベルであることがわかります。

明治大学文学部の倍率

明治大学文学部における2019年度入試の倍率は以下のとおりです。

  • 一般選抜入学試験:5.5倍(志願者数7163名、合格者数1164名)
  • 全学部統一入学試験:6.2倍(志願者数2945名、合格者数460名)
  • 大学入学センター試験利用入学試験:5.9倍(志願者数3883名、合格者数657名)

どの入試方式においても倍率は高い上に、特に穴場と言える入学試験もありません。どれで挑戦しても競争は厳しいと言えるでしょう。

明治大学文学部の入試の種類

明治大学文学部に入れる入試は以下の通りです。

  • 一般選抜入試
  • 全学部統一入学試験
  • 大学入学センター試験利用入学試験
  • 自己推薦入試
  • 社会人特別入試
  • 留学生特別入試
  • 編入学試験
  • 学士入学試験

一般選抜入試

文学部の一般選抜入学試験は外国語、国語、地理歴史を受験します。

全学部統一入学試験

全学部統一入学試験は共通の問題を用いていて、一度で複数の学部を併願できます。

法学部の指定科目は外国語、国語と地理歴史・公民・数学から1科目選択の合計3科目です。

大学入学センター試験利用入学試験

3科目方式と5科目方式があります。

  • 3科目方式:国語と外国語、地理歴史、公民、数学、理科から1科目選択
  • 5科目方式:国語、外国語、地理歴史、公民/数学/理科から2科目選択

明治大学文学部のカリキュラム

明治大学文学部のカリキュラムについて確認していきましょう。

1~2年次:基礎を学ぶ

明治大学文学部では幅広い教養を身につけるために概論や概説をはじめ、1年次からゼミを受講することができます。

その他に、「外国語科目」「保健体育科目」「情報関連科目」といった共通選択科目が用意されており、各専攻(コース)に必要な基礎力を習得していきます。

3~4年次:専門的な知識を深める

明治大学文学部では3年次より演習や実習がスタート。
これまで学んできた基礎力を、さらに発展させれる科目を受講することができます。

4年次では卒業論文を作成し、ゼミの専門教員から指導や補助を受けて、研究課題の理解を深めていきます。

明治大学文学部の特徴

明治大学文学部ならではの特別講義やプログラムは以下の通りです。

リアルな歴史史料で学べる

明治大学文学部では、いくつかの授業の中で古文書といった生の歴史史料に触れる機会があります。そこでは普段目にすることのないくずし字を間近に実感することができます。

また、くずし字の解読方法や漢文の読み方がわからない場合には、学習支援室で学習のサポートを受けることができます。
他にも実習室が完備されており、「考古学専攻」「地理学専攻」「心理社会学科」には各種資料が用意されたそれぞれ専用の実習室があります。この実習にもアシスタントが参加し、学生に目が行き届くように配慮されています。

外国留学制度

明治大学文学部では、バンベルク大学(ドイツ)やビーレフェルト大学(ドイツ)、北京師範大学(中国)、高麗大学(韓国)の計4校と独自に協定関係を結んでいます。

学部間協定留学では、留学先の学費の全額、またはその一部が免除されるため、金銭面で不安を感じ躊躇している学生にとっては大きなチャンスでもあります。
今後も文学部は、国際教育の推進に力を入れ、様々な大学との交流を進めていく予定です。

明治大学文学部の進路状況

明治大学文学部の卒業生たちはどのような進路に進んでいるのでしょうか。

  • 就職率
  • 主な就職先企業
  • 主な内定業種一覧

の3つのカテゴリに分けてまとめました。

就職率

2018年度の明治大学文学部の卒業生は1013名になります。
そのうち、就職者数は856名で就職率は84.5%となります。そのほかにも進学者が50名、海外留学が10名、各種試験受験15名など、目的を持って次の進路に進んでいる学生もいます。

主な就職先企業

明治大学文学部の学生における就職先企業は以下の通りです。

  • 積水ハウス
  • 凸版印刷
  • 京セラ
  • 日立製作所
  • 北海道電力
  • 共同通信社
  • 毎日新聞社
  • 小学館
  • 全日本空輸
  • トーハン
  • 日本出版販売
  • 丸紅
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 東京海上日動火災保険
  • 防衛省
  • 国家公務員一般職
  • 裁判所職員一般職
  • 国税専門官
  • 東京都庁
  • 東京特別区
  • 日本赤十字社
  • 日本郵政グループなど

主な内定業種一覧

卒業生たちの内定業種は以下の通りです。

  • 建設業1.5%
  • 製造業12.3%
  • 電気・ガス・熱供給・水道業0.1%
  • 情報通信業19.9%
  • 運輸業・郵便業4.2%
  • 卸売業・小売業11.7%
  • 金融業・保険業9.5%
  • 不動産業3.9%
  • 学術研究、専門、技術サービス業7.6%
  • 宿泊業・飲食サービス業1.2%
  • 生活関連サービス、娯楽業2.7%
  • 教育、学習支援業8.4%
  • 医療・福祉2.7%
  • 複合サービス事業1.2%
  • サービス業6.4%
  • 公務6.1%
  • 業種不明0.8%

明治大学文学部で取得可能な資格

明治大学文学部で取得可能な資格は以下の通りです。

  • 中学校教諭一種免許状
  • 高等学校教諭一種免許状
  • 社会教育主事
  • 学芸員
  • 司書
  • 司書教諭

明治大学文学部のキャンパス情報

1~2年次には和泉キャンパスに、3~4年次には駿河台キャンパスに通学することとなります。
和泉キャンパスは、明大前駅という大学の名前が付いた駅があるほどに、この地域を代表するキャンパスであります。

また、駿河台キャンパスは東京都千代田区にキャンパスを構えております。また大学院・法科大学院・専門職大学院もこちらを本拠地として利用しています。丸ノ内線や半蔵門線、千代田線といった複数方面からアクセスが可能です。

和泉キャンパスについて

  • 住所:東京都杉並区永福1-9-1
  • アクセス:京王線/井の頭線 明大前駅 下車徒歩約5分

京王線

  • 新宿駅から特急で1駅目(約6分)
  • 新宿駅から準特急・急行・区間急行・快速で2駅目(約7分)
  • 新宿駅から各駅停車で3駅目(約10分)

都営新宿線(京王新線直通)

  • 快速(橋本行) 新宿→笹塚→明大前(新宿から4駅目約10分)
  • 各駅停車(笹塚行) 新宿→笹塚(京王線乗り換え)→明大前(新宿から約12分)

井の頭線

  • 渋谷から急行で2駅目(約7分)
  • 渋谷から各駅停車で7駅目(約12分)
  • 吉祥寺から急行で3駅目(約13分)
  • 吉祥寺から各駅停車で9駅目(約17分)

駿河台キャンパスについて

住所:東京都千代田区神田駿河台1-1

交通アクセス

  • JR中央線・総武線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
  • 東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
  • 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
  • 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分

明治大学文学部の評判は?

明治大学文学部に関する期待や展望はどのような声があるのでしょうか。

自分の好きなゼミに所属できる

明治大学文学部は1年次からゼミに所属し専門的な理解を深めていきます。
ゼミは1年次で選択したあと4年次まで固定ではありません。学びを通じて移り変わる学生の興味や関心に応じて自由に所属ゼミを選択することができるます。

ゼミでは、プレゼンに必要なパワーポイントやレジュメの作成方法などを指導してもらえます。

1年次は1限目に必修科目がある

1年次は1限目に必修科目があるので、朝早くおきて学校に通わなければいけません。遠方から通学する学生にとっては少々つらいかもしれません。

とはいえ、その分3年次と4年次には自由に履修を組むことが可能に。
アルバイトやサークルなどの時間を考慮してスケジュール管理をしていきます。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • 必須受講希望校舎

  • ご相談、お悩み、ご要望など