0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2017年4月20日 最終更新日:

独学の小論文対策に役立つポイント3つ!おすすめの参考書も紹介します。

小論文の上達が、総合型選抜(旧AO入試)の合格に直結することは、前回も述べさせてもらいました。今回は、そんな小論文の実力を向上させる3つのポイントについて解説していきます。

また、総合型選抜(旧AO入試)専門塾aoiでは、京都大学の特色入試の合格者をはじめとする豪華講師陣が小論文指導をしています。

渋谷・京都・大阪・西宮・横浜日吉・名古屋・上野に校舎があります。

①現代文の実力をつけること

まず、現代文の実力が付けば、小論文の実力も上昇します。現代文は、「課題文の主張を読み取ること」ですが、小論文は逆に「自らの主張を論理的に説明すること」なのです。つまり、小論文と現代文は表裏一体なのです。

では、そんな現代文の実力を上昇させる方法を説明します。

現代文の基礎=漢字

現代文の基礎は漢字です。そのため、まずは漢字の勉強をしましょう。小論文の指導をしていて、漢字ミスの多い生徒が目につきます。漢字ミスは確実に小論文でも減点されるので、漢字をまずは徹底マスターしてください。

現代文の読解

読解は、基礎的な現代文の学習書をやることで身に付きます。aoiでは、『田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式』(クリックでアマゾンのリンクに飛びます)を基礎的な現代文の参考書としてオススメしています。現代文は、多く解けば解くほどいいというものではありません。ぜひ、『田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式』を繰り返し解き、現代文読解の基礎をマスターしてください。この本には、それだけのエッセンスが詰まっています。

※画像クリックでアマゾンのリンクに飛びます

②小論文の問題を日常的に解くこと

小論文の問題を解くにあたり、まずは、原稿用紙の使い方をマスターしてください。これが間違ってしまうと、元も子もありません。おすすめのサイトは「Z会作文クラブ 原稿用紙の使い方」(クリックでリンクまで飛びます)です。ぜひこれを熟読して、使い方をマスターしてください。

次に、小論文の問題を解くことが挙げられます。最もいいのは、優秀な方に、その解いた文章を添削してもらうことなのですが、一人では難しいと思います。

独学でオススメは「小論文これだけ」(クリックでアマゾンのリンクに飛びます)のシリーズです。これは、小論文の問題の後に、模範解答も書かれているので、自分で添削しやすいと思います。ぜひ、独学でやるときは、問題演習に使用してみてください。

③背景知識をつけること

小論文の問題を解くにしても、背景知識がなければお話になりません。「少子高齢化について論じなさい」と出題されても、少子高齢化について全く知らなければ、トンチンカンなことを書いてしまうでしょう。まずは、日々のニュースに敏感になり、社会問題について調べてみることが大事です。背景知識をつけるため、オススメの本は「小論文これだけ!」です。基礎編や発展編などが、知識をつけていくにはちょうど良いでしょう。

※画像クリックでアマゾンのリンクに飛びます

また、小論文の参考書の記事でも紹介しましたが「日本の論点100」や「大学受験に強くなる教養講座」もおすすめです。

以上の3つが、小論文の上達を助ける3つのポイントとなります。ぜひ、小論文の勉強をして、実力を上達させてください。

You Tubeの「小論文チャンネル」でもポイントを解説しています。
↓↓こちらもチャンネル登録お願いします。↓↓

今すぐ無料で AOI に相談