0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2020年6月1日 最終更新日:

AOI名古屋校開校のお知らせ

お待たせいたしました!
関西3校(京都・大阪・西宮北口)、東京3校(渋谷・日吉・上野)に続きまして、
7校目となる名古屋校がいよいよ開校することとなりました。
これまで、東海圏にお住まいの皆様には、オンライン校での受講をしていただいておりました。
AOIとして、「AO入試の受験」という手段を通して「夢を見つける機会」をより多くの名古屋の皆様にも直接ご提供していきたいという強い想いから、この度の新規開校を決定いたしました。実際に、AOIでは南山大学をはじめとする東海圏の大学にも合格者を輩出していますので、待望の開校と言っていいでしょう。

AO入試とは

AO入試は、一言で表すとしたら「意欲を測る入試」。
一般入試であったら学力を、スポーツ推薦入試であったらスポーツの技能を尺度とします。AO入試では、大学は学生の意欲を評価基準として選考を行います。
愛知県でも南山大学や愛知大学をはじめとする私立大学での入試方法としてのイメージが強いAO入試ではありますが、
実は、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、岐阜大学、三重大学といった国公立大学でも導入されています。
というのも、2020年の大学入試改革に伴い、国立大学協会は、AO入試・推薦入試の割合を2021年度までに国公立で3割まで増加させる目標を掲げており、
文部科学省は、2021年までに国公立大学での「AOと推薦」の割合を、30%にまで増やそうと試みているのです。
もちろん、こうした国公立大学の動きのみならず、国内私立ツートップの呼び名高い慶應義塾大学・早稲田大学でも「一般・センター利用」の割合を下げ、4割強を「AO・推薦」にしようとしています。
このような各大学の動きはまさに、
これからの時代においてのAO入試で測られる「学習への意欲」の重要性を示しているのではないでしょうか。

▼詳しくはこちら
「AO入試のAOってどういう意味?どんな入試?」
名古屋大学のAO入試情報やAO入試対策をわかりやすく解説!
名古屋市立大学のAO入試情報やAO入試対策についてわかりやすく解説!
岐阜大学の推薦入試情報や推薦入試対策についてわかりやすく解説!
三重大学のAO入試情報やAO入試対策についてわかりやすく解説!

AOIは他塾と何が違うのか

AO入試に特化した指導をしているAOIには、2点特徴がございます。

1点目は塾として大前提となる「合格率」です。
AOIは今年で5年目となりますが、2019年4期生の合格率は92.6%以上を誇ります。
他塾と比較しても脅威的なこの数字の裏には、生徒の皆さんの絶え間ない努力、そしてAOIが力を入れているメンターの存在があります。
AO入試対策の指導をするにあたっては幅広い知識の習得が必要です。
AOIのメンターたちは日々、どうしたら生徒を志望校合格に導けるのかを考え、様々な知識を習得しながら指導に従事しています。

2点目はAOIがAO入試の指導をする「目的」にあります。
おそらく、一般的に塾というと、「合格」「合格率」を目的にしているイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
AOIにとっての「AO入試の合格」はあくまで単なる「通過点」です。
私たちが大事にしているのはAO入試の指導を通して、生徒のみなさんが「夢を見つけること」そのものです。
合格のための入試勉強には、どうしてもモチベーションの限界があります。
それは、努力の基準が自分ではない他の誰かの決めた「合格」という基準になってしまうから。
そして、たとえそのようなモチベーションに打ち勝ったとしても、その大学生活には虚無が伴うのではないでしょうか。

AOIでは、人生を通して夢中になれる自分だけの夢を見つけることが、何事にも本気で取り組むモチベーションを生み出すことにつながり、「合格」、ひいては「大学生活の充実」、そして「卒業後の将来」に渡って生徒の皆さんを支えることになると考えています。

場所とアクセス

愛知県名古屋市東区泉1-21-10 スタメン泉ビル401
最寄駅:名古屋市営地下鉄桜通線 高岳駅

終わりに

AOIでしか見つけられない夢があります。私たちと一緒に合格と夢を掴み取りましょう。
少しでも心が動いたあなたに、校舎に来ていただけることを心待ちにしています!
お問い合わせ等は下記フォームにてお受けしております。

お問い合わせはこちらから