無料体験はこちら

今すぐお電話を

075-286-8960

2018.1.27|talk

AO入試における「独創性」ってなに?

あいさつ

 

立命館大学文学部一回生の佐々木瞭です。 AO入試の募集要項を見ているとこんな記述を散見します。

「独創性のある人」。AO入試における独創性とはなんでしょうか?気になったぼくはさっそくGoogleで調べて見たのですが、「独自の視点で考えられる人」などと言ったような曖昧な回答ばかりで、満足のいく回答を見受けられませんでしたのでぼくがお答えします。

イントロダクション

 

 

 突然ですがですが皆さんに質問です。

 

 

 

Q独創性のある人物と聞いて誰を思い浮かべますか?

 

しっかりと思い浮かべて見てくださいよ。

 

ある人はスティーブ・ジョブズと答えるかもしれません。またある人はハリーポッターの作者であるJKローリングと答えるかもしれません。北野武でしょうか?アインシュタインですか?はたまた堀江貴文でしょうか?それともSEKAI NO OWARIでしょうか?

 

ちなみに東大生の解答は、イチロー選手です。次点が村上春樹です。

 

もちろんこの質問に正解はありません。しかし、不正解は存在します。それは…..

本題

さて、こっからが本題です。

 

AO入試における「独創性」と聞いて、奇を衒えばいいんでしょ!はい、髪ピンクにしましたよ。ほら、これ独創的でしょ?

 

もしもこんな安直な方が読者の中にいるとしたらそれは大間違いです。そんな浅はかな考えならば受かりません。改めましょう(笑)

 

いいですか?もし仮にアナタが世界中誰にも理解されないくらい面白い論文を書き上げたとします。どうなると思いますか?こちらは残念ながら不合格です。だって、誰にも理解できないのですから。一人で趣味のブログでも執筆しててください。となってしまいます。あくまでも論理的な客観性が求められます。AO入試における「独創的な人物」とは、受験会場に遅刻したり、髪を染めたり、ピアスを開けたりするような「ただの失礼な人物」を指すわけではありません。

 

しかし、このように誤解してしまうのも致し方ないことなのかもしれません。実際に「独創性」って聞いてピンと来ないですよね。

では、逆にぼくの通う立命館大学文学部のAO入試に突破した人間に、独創性があるのか?と聞かれると答えはノーだと思います。

 

さて、それでは皆さん。東大生の解答でもあるイチロー選手は独創性だと思いますか?村上春樹は独創性でしょうか?

もしかしたら、村上春樹はそうだとすぐに頷けるかもしれませんね。だって、あれだけ面白い小説をほぼ毎年出しているわけですから。

では、イチロー選手が独創的かと言われるとどうでしょうか?すんなりと飲み込めるでしょうか?

 

実はぼくはこの解答にずっとけちをつけていたんですよ。

というのも、イチロー選手って言ってしまえばただの野球選手じゃないですか。ルールのあるゲームの中で打ったり走ったりしているだけの人間に対して「独創的」なんて褒め言葉は間違っていると。

しかし、最近ようやくこの意味が理解できました。うん、たしかにイチロー選手は独創的だよね。と思えるようになりました。

 

それはこんなエピソードを聞いたからなんですよね。

イチロー選手って毎朝カレーを食べるんです(最近はやめたそうです)。そして毎日決まった時間に家を出て、決まったバッティングフォームで決まった走り方をするそうです。そこには1ミリのズレもありません。自らを機械化して、精密にひとつの作業に打ち込むのです。これって真似できることじゃありませんよね。

 

さて、それでは東京大学に学力試験で受かる受験生の日常はどうなんでしょうか?イチロー選手同様です。毎朝カレーを食べる人はいないかもしれませんが、やはり自らを精密な機械のように振る舞います。これはきっと京都大学であれ早慶であれ関関同立であれ同じルーティンの中で勉強している人が合格という栄光を勝ち取っています。

ルーティンと聞くと、五郎丸選手を思い出しますがまさにアレです。大成功の裏には地味~~~ぃな努力の積み重ねがあるんです。東大や京大に受かる人は天才なんかじゃありません。このようにものすごく地味な努力を毎日毎日コツコツとこなしているのです。

 

ちなみに村上春樹もとんでもなく地味な日常を送っています。22時には寝て5時には起きる。そして毎日決まった時間にデスクに向かい執筆作業をする。この繰り返しです。

 

さて、皆さんの生活はどうですか?世界に向かっていくようなプレイヤーの生活と見比べてください。毎朝決まった時間に寝ていますか?決まった時間に机に向かっていますか?今日一日をAO入試のための時間にどれだけ費やしましたか?

 

つまり、これが本当の独創性ではないでしょうか?少なくともAO入試の中で問われる独創性とはそのような能力のことをさすのではないか、ぼくはそのように考えています。

アカデミックな世界における独創性とは、そんな能力のことを言います。

 

そのようなひたむきな努力をしている姿勢は、とんでもなく面白い論文を書き上げます。まずはイチロー選手や村上春樹のような姿勢を形から取り入れてAO入試の勉強に取り入れてみませんか?

 

さて、最初の問に戻ります。

 

Q独創性のある人物と聞いて誰を思い浮かべますか?

 

正解はありませんが、不正解はあります。

 

それは「自分を天才だと思ってしまうこと」です。

 

その横柄な態度は論文に現れるかもしれません。面接で見透かされるかもしれません。

 

もしかしたらあなたは天才かもしれません。それは分かりません。しかし、あらゆる天才の影には常に努力ありです。あなたが天才であるならばまずはコツコツです!自分の才能を自分の手で捻り潰しちゃわないでください。

 

そしてそんな天才は、自分は天才だからとあぐらをかいたりしません。

まずはひたむきな努力を。そして謙虚さを忘れないでください。これがきっと大きな飛躍のための第一歩です。

 

aoiはたしかに進学実績のいい塾です。それはあらゆるデータが証明しています。

しかし、aoiはあなたのことを手伝うことはできても、イチから手取り足取り論文やESを書いてあげることはできません。結局は自力で書き上げなければならないのです。

 

そのためには、やはり謙虚でひたむきなこつこつを!

まとめ

 

話が少しそれましたが、まとめます!

AO入試入試における「独創的な人物」とは、悪目立ちするような人物でも、誰も理解できないような面白い論文を書き上げる天才肌でも、横柄な態度を取る嫌なヤツでもありません。

ただただ毎日コツコツと自分の行きたい大学への思いを募らせたひたむきな人物を指します。ただただ学問に謙虚な人物のことを指します。

 

Contact Us!

無料でaoiブランドを体感しにきてください。

私たちは、aoi生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • ご相談、お悩み、ご要望など