無料体験はこちら

今すぐお電話を

075-286-8960

topics | 2017.5.7

AO入試って一般入試よりも簡単?!

まえがき

 

みなさんは、AO入試と一般入試のホントの違いって、ご存知でしょうか?

 

「AO入試って、特技とか活かして受験するんでしょ?私特技とかないな。」

「一般組は最後まで勉強しなきゃいけないのに、AO組は早く受験終わっていいなあ。」

「野球に人生捧げてきたけど、甲子園に出られたわけじゃないし、AO入試に賭けるのは無理あるよなあ。でも勉強も苦手だし、一般も厳しいよなあ。」

「私はいつも成績いい方だし、わざわざAO入試とか受けてる時間もったいないな。一般に向けて勉強しよう。」

 

私自身、高校時代どれもよく耳にした言葉です。本塾、aoiの生徒と話していても、クラスメイトがよくこのような話をしていると聞きます。

これらの一般的な認識は、半分は正しく、半分は間違っていると言えるでしょう。

 

ざっくり言って、AO入試は一般入試とは違い、学力よりも、人並み以上の実績や特技を活かして受験する、というようなイメージをお持ちではないでしょうか?

確かに、捉え方によっては、そう解釈できるかもしれませんが、本質はそこではありません。

 

結論から言って、一般入試とAO・推薦入試はそれほどかけ離れたものではなくなってきています!また両者とも、難易度が上がってきていると言えます・・・。

時代がその両入試方式の溝を無くしてきているのです。

 

AO入試ってなんなのかよく分からないからという理由だけで、第一志望校合格のチャンスを見過ごさないで欲しい。そう思い、この記事を書くに至りました。

 

高い志があって、一般入試ほど大変な勉強に挑む覚悟があるなら、同じくらいAO入試にも合格できる可能性があると、AO推薦入試専門塾を運営してきた経験上、断言できます。さらに、AO入試なら、一般入試よりも、より自分に正直な人生の選択ができる場合もあります。

 

私自身、現在通っている大学に、一般入試で受けようと、高校2年の冬から塾に通い、受験勉強に励んでいました。生徒会をやっていたり、英語弁論大会の優勝経験などを持っていたにも関わらず、普通に一般入試しか考えていませんでした。しかし、志望校には当時の学力では少し難しい位置にいました。そんな時、私の実績のことを知っていたある先生から、AO入試を勧められました。私は、ダメ元でAO入試を受けることにしました。自分についてとことん研究し、自分の理想とする未来について真剣に考え、大学にいきたい理由を掘り下げ、AO入試に挑みました。無いに等しいと思っていた自分の個性や価値観を形にしていくことは、想像以上に精神的にも身体的にも辛いものでしたが、結果は、合格でした。

 

今では、一般入試を受けるよりも、確実に自分の第一志望校入学を掴めたことを嬉しく思っています。また、自分の行きたい大学に正直に、受験できたことを誇りに思っています。結果論にはなりますが、一番自分のやりたいことができると判断した大学に入ることはこんなにも重要なことなのかと思い知らされました。学問面だけでなく、同じ志を持った仲間と過ごすことは、たくさんの成長機会と充実感を与えてくれています。

 

日本の大学は、入るのは厳しいが入ってからは楽。

アメリカの大学は、入るのは楽だが入ってからが厳しい。

 

こんな言葉をよく耳にしますが、私はアメリカ式の就学環境で全然いいじゃん!と思っています。

大学に楽して入るのは悪、勉強量こそが大学合格に繋がらなければおかしい、このような見解はもう古いように感じます。

あなたはなんのために大学に行くのですか?地位のため?学びたいことのため?夢を叶えるため?

 

 

あなたはこれから、どんな人生を送りたくて、どちらの入試方式を選択しますか?

 

 

 

今さら聞けない、AO入試って結局なに?

 

ズバリ!!AO入試の本質は

「自分の将来のために必要な学びを理解し、その学びを最大限社会のために活かすことができると判断された者が、大学に入ることを認められる入試」

です。

もちろん、受験者が、アドミッションポリシー(大学が求める人物像)と合致しているかという元来の審査基準も重要なままです。

 

ズバリなわりによく分からないなあと思う方のために、具体例をあげようと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

例えば、Aくんの夢は外交官だとします。

 

「小さい頃から、父の仕事の関係上、家にたくさんの外国人の方が遊びに来て、自分もお相手をすることがありました。そんな時、外国と日本をつなぐ仕事をしている父に憧れ、自分は外交官を目指すようになりました。外交官になるためには、貴学のグローバルプログラムを履修し、勉強することがどうしても必要です。貴学で、異文化理解や、外国語能力を磨き、日本と世界をつなぐ架け橋になりたいと考えます!」

 

みなさんは、このAくんの熱い志を読んで、先ほど述べたAO入試合格要素を持っていると思いましたか?

 

私が審査員なら、彼を取りません。

その理由は1つです。

 

外国と日本を繋げる職業に就きたい、という夢だけではただの自己満足だからです。

もうすでに、海外と日本をつなぐ架け橋はたくさん存在しています。それも、有名大学出身の精鋭たちが、その重要な任務を全うしてくれています。それでもAくんが外交官にならなくてはいけない理由はなんなのか?もうすでにたくさん存在するものをまだ作りたい、は自己満足に過ぎず、社会にそのニーズはありません。「最大限社会のために活かす」という合格要素をクリアするのは、そう簡単ではありません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

つまり、AO入試で掲げる将来ビジョンにおいて、なぜあなたがそれを実現させなければならないのか、またなぜそのビジョンには志望大学での学びが必要なのかを話せない限り、合格ラインに立っているとは言えません。

 

ではどうすれば彼は合格ラインに立てるのか。それは、次回の記事に記しておくことにしましょう。

これだけ見ると、入試形態どうこうは関係なく、社会にでる一歩手前の大学生なら全員が持っておかなければならない能力を見られる入試がAO入試だということがお分かりになるかと思います。

 

つまり、私は既存の数ある入試の中でも、AO入試の本質こそ、大学入試のあるべき姿だと感じています。

 

 

しかし、いまだにAO・推薦入試に風当たりが強いことは事実だと言えます。

原因は、従来の入試評価制度に問題があるためだと考えます。現在、私たちaoiが考えるAO入試の本質からは大きくかけ離れた学生が大学入学への切符を手にしていること、また彼らが大学での学びを全うしないケースが存在することは確かです。

有志を買われて入学したにも関わらず、大学合格と同時にその志が消えてしまうことがザラにある現状に、私たちは強い危機感を感じています。

このような現状をを改善すべく、日本の入試制度は変わりつつあります。

 

 

日本の大学入試は変わりつつある

 

2020年の大学入試改革においては、一般入試においても、面接試験が課されたり、高校の内申書内の「リーダーシップ」や「自主性」などの欄を、テストの点同様、評価に入れるということも発表されています(文科省HPより)。

また、近年、AO入試は学力を重視される傾向が強くなってきていると感じます。なかでも、英語能力(英検やTOEIC)はそもそも出願資格として必要だったり、出願資格の設定がなくても、AO入試の合否に大きく関わったりします。

 

さらに、AO入試において、ほとんどの大学で小論文試験が課され、深刻化している社会問題の概要や本質について論述させる問題が出題されます。これらを解くためには、自分が今生きている社会はどんな良いところ、悪いところがあるのか、深く理解しておく必要があります。

英語能力や、現代社会における知識だけでなく、自分が大学で学びたい学問分野や叶えたい夢に付随する知識も蓄える必要があります。

 

つまり、一般入試受験者には従来よりも高いリーダーシップや問題解決能力が求められ、AO入試受験者には従来よりも高い学力が求められるようになってきています。

冒頭で申し上げた、「時代がその両入試方式の溝を無くしてきているとも言える」というのは、このことを指していました。

 

 

 

自分はどっちを選択すればいいの?

 

今日の情報化社会において、あらゆる物事のスピードは年々急速化しています。そんな激動の時代とも言える環境の中で、「普遍的に信頼し続けられるもの」など存在しません。すなわち、これからは、自分自身の考えだけが自分自身の人生の指標です。自分はどんな生き方をしたいのか、何が自分の強みで、何を生業としていくのか、真剣に考え、向き合うことが、あなたの人生を豊かにするキーだと思います。

その自分の価値観に沿って考えてみて、入試方式や志望校を選定する必要があるでしょう。

 

ここまでの説明で、AO入試で必要な知識は比較的実学に近いことがお分かりになるかと思います。一般入試のように、様々な学問の基礎となる知識を、教材や講義から構築していくというよりは、AO入試は自分の将来に必要な学びを、仲間とのディスカッション、自身のロールモデルから学んでいくというイメージです。

 

つまり、AO入試と一般入試は全く別物という訳ではなく、自分の将来に必要な学びは、どちらの学びなのかということを見極めて選択するものだと言えます。

お分かり頂けたでしょうか?

 

 

この記事が少しでもあなたの希望の光になれば、光栄に思います。

少しでも興味を持ったなら、ぜひ、一歩踏み出してほしい。

私たちはいつでも、叶えたい夢をもつ高校生を出迎える準備ができています。

 

私たちaoiは、今日もたくさんの高校生の夢を加速させています。

 

山之口優

山之口優

山之口優

aoi大阪校舎長兼、西宮北口校舎長。テニス、英語弁論大会で全国大会に出たのをはじめとして、中学・高校と生徒会長を務めた。aoiでは、頼れる姉貴肌として、女子生徒からの人気を一身に集めている。

関連記事

関連キーワード

Contact Us!

無料でaoiブランドを体感しにきてください。

私たちは、aoi生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • ご相談、お悩み、ご要望など