無料体験はこちら

今すぐお電話を

075-286-8960

topics | 2018.3.4

無料で留学する4つの方法!運営団体やプログラムも紹介!

「海外留学したい」と考えている人は多いかと思いますが、その願望を実行に移すために必要なものといえば、お金です。

一般的には、留学をするには100万円近い費用が必要とされています。

しかし、そんなお金はないけど留学の夢は諦められない!というのも本音ですよね。

ここでは、無料で留学する4つの方法や、留学を斡旋してくれる運営団体・プログラムについてご紹介します。

無料で留学できるって本当?

留学にはお金が必要ということは周知の事実ですが、本当に無料で留学できる方法なんてあるのでしょうか?

まずは、留学にはどのくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

短期留学の留学費用の相場

短期留学に必要な費用の相場はおよそ15万円と言われています。

内訳としては、1ヶ月の学費が6万円、宿泊費が5万円、生活費が4万円となります。

ここからさらに必要なのが航空運賃です。

航空運賃は留学先やシーズンによって金額の変動が大きいため、往復運賃だけでも15万円ほどをプラスして頭に入れておくと良いでしょう。

長期留学の留学費用の相場

長期留学の場合は、1年間でおよそ200万円と言われています。

特に費用に占める割合が大きいのは学費で、留学費用の1/4ほどと考えておくと良いでしょう。

しかし、中にはワーキングホリデーを利用し、最初の3ヶ月だけ学校に通ったあと現地でアルバイトをして資金を稼ぐという人もいて、この方法であれば予算が少なくても留学することができます。

無料で留学する4つの方法

短期でも長期でも、ある程度のまとまったお金はやはり必要です。

しかし、日本で生活していても留学費用がなかなか貯まらず、いつになったら留学できるのだろうか、と不安な気持ちを持っている方もおられるのではないでしょうか?

ここでは、そんな人におすすめの無料で留学する4つの方法をご紹介します。

奨学金プログラムに申し込む

無料で留学する方法の1つ目は、「奨学金プログラム」です。日本では、将来世界で活躍できる人材を育成するため、「トビタテ!留学JAPAN」というキャンペーンを2013年から文部科学省主導で行っています。

給付型奨学金で旅費・往復渡航費・授業料などの諸費用をカバーしてくれる充実したサポートが特徴で、各項目には上限金額があります。

利用の流れとしては、留学計画書・各申込書と面接による選考を受け、合格した場合は事前研修を受けるというものです。

政府・自治体の奨学金を利用する

留学を無料でする方法の2つ目は、日本学生支援機構を利用することです。この団体は文部科学省所轄の独立行政法人で、「貸与型」「給付型」などの様々な種類の奨学金制度を提供しています。

留学派遣プログラムを対象とした「海外留学支援制度」もあり、手厚い支援を受けることができます。

また、埼玉県戸田市や群馬県など、留学希望者をサポートする制度を設けている自治体もあり、奨学金や姉妹都市への派遣などを行なっています。

国際ボランティアで社会貢献

無料で留学する方法の3つ目として、国際ボランティア留学プログラムの利用があります。

CEC海外ボランティアでは、英語圏やアジアなどの16ヵ国でボランティア活動を行っています。

夏休みなど学校が休みになる間を利用した短期間だけのプログラムも用意されており、ボランティアで社会貢献するだけでなく海外経験を積むことができます。

セブ島留学なら実質無料?

無料で留学できる方法の4つ目としては、セブ島留学が挙げられます。

現地の語学学校に通いながらコールセンター等で勤務することで給与と留学費用を相殺する仕組みのものが主流です。

とにかく格安で簡単に語学留学がしたいという方にはおすすめです。

無料で留学できる大学はある?

留学もしたいし大学にも通いたいという方は、一度は「無料で留学をサポートしてくれる大学」があったらいいなと思ったことがあるのではないでしょうか?

そんな都合の良いところはあるのか、また日本か海外の大学どちらに進学する方が良いのかなど、費用も含めてご紹介します。

授業料・学費が安いのは北欧?

日本では学校に学費を支払うことは一般的ですが、北欧では大学の学費が無料・格安の国が多いです。

学費がかからないのは現地の人だけなのでは?と思いきや、実は留学生でも同じ条件で大学へ通える国もあります。

実際にノルウェーは学費が無料ですし、北欧諸国は英語で質の高い教育を受けることができます。

その他学費が安い国・地域まとめ

留学費用が安い国は以下の通りです。(単位:万円)

国名1ヶ月3ヶ月6ヶ月1年
フィリピン15~3035~7065~130125~250
フィジー25~4040~6070~100120~250
マルタ25~5050~90100~150200~250
ノルウェー20~6050~12090~240160~500

 

表には学費・居住費・生活費・渡航費が含まれています。

表に含まれていないものは、保険、ビザ申請費、交際費、交通費などです。

留学を無料提供する会社・プログラム

留学をするためには、ビザの申請などの手続きを自分で行わなければなりませんが、これらは非常に煩雑で手間も時間もかかるので留学斡旋会社に代理申請を依頼することもあります。

ここでは、手数料を支払うこともなく留学を無料提供する会社やプログラムについて詳しく紹介します。

0円留学 byセブ留学センターアーグス

セブ島留学センターアーグスの最大のメリットは、何と言っても無料で留学できるところです。

また、日本人スタッフが常駐しており、悩みや要望があれば日本語で相談できるためサポートも万全なため海外生活が不安という方でも安心です。

0円は複数人で一部屋に滞在するという場合に限られますが、どうしてもプライベート空間は確保したいという人は有料で個室に切り替えることもできます。

レッスンはマンツーマンで行われるため、わからないところも質問しやすく、とても恵まれた環境で勉強に励むことができます。

トビ立て留学JAPAN

トビ立て留学JAPANは、官民協働でスタートした海外留学支援制度の1つです。

様々な活動を通じてグローバル社会で活躍する人材を育成することが目的で、返済不要の奨学金や事前事後研修などの支援が充実しており、海外留学に興味のある学生のチャレンジを応援しています。

ソフトバンクやトヨタなど日本を代表する大企業がスポンサーになっており、夢を叶える支援をしてくれます。費用がネックで一歩を踏み出せない人にとっては非常に魅力的なプログラムです。

Kredo無料留学

Kredoとは、プログラミングなどのIT教育を留学中に受けられるプログラムを提供している企業です。

通常は費用が必要ですが、人数限定で1ヶ月間の研修に参加できるプランがあります。

帰国後は就職サポートもしてくれるため、仕事を退職して留学をした人でも安心して就職活動をすることができます。

オーストラリア0円留学

日本人の人気留学先の1つに必ず名前が挙がる国「オーストラリア」への留学が0円でできるプログラムがあります。

語学研修を17週間受けた後、学んだ英語にさらに磨きをかけるためホテルで半年間の就労体験をするというものです。

ワーキングホリデー加盟国の中でも最も時給が高いとされるオーストラリアでの仕事のため、生活費はほとんどこの就労体験で賄うことができます。

まとめ

留学にはまとまったお金が必要なため、「お金に余裕のある人しかできない」と思われていた方もいるかもしれません。

しかし、実際には留学希望者をサポートする企業や政府・自治体によるプログラムなどがたくさんあることがわかりました。

留学をしてみたいけど金銭面が心配という方は、ぜひご紹介したプランを利用して夢を叶えてください。

 

daisuke

関連記事

関連キーワード

Contact Us!

無料でaoiブランドを体感しにきてください。

私たちは、aoi生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • ご相談、お悩み、ご要望など