ホーム

\

記事一覧

\

小論文対策

作成日: 2021年10月19日 最終更新日:

小論文の書き出しは○○でOK!知るだけで得点UPする書き出し例3選

『小論文』

総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)の受験を考えたとき、1度は「うっ……」となる障害の1つではないでしょうか?ある程度文章を書いたことがある人でも、『書き出し』に悩む人が多いのではないでしょうか?

小論文を書いたことがある人は極僅かだと思います。そのため、周りに相談しようにも相談できる相手がいない、頑張って書こうにもどう書けばいいかわからない、という方がほとんどだと思います。

小論文を書くのは慣れるまでは大変ですが、数をこなせば難しいものではありません。

この記事では、最初の関門『小論文の書き出し』を3つ紹介していきたいと思います。

また、総合型選抜専門塾AOIでは、京都大学の特色入試(旧論文入試)の合格者をはじめとするメンターが小論文指導をしています。

そんなメンターが各大学に沿った、的確な添削結果を3日以内に実施する【Quick Check】はこちらから!

書き出し例1:〜に対して私は◯◯と考える。その理由としては〜

1つ目は自分の意見を主張するときに使う例文です。この書き方は、例えば設問で「〜についてあなたはどのように考えますか?自分の意見を書きなさい」という課題文型の小論文問題に対して使うことができます。

この設問の場合は、まず解答の始めに「私は〜だと考える」という様に結論を先に書いてから理由を述べるようにしましょう。その後に、解答の文字数により変動しますがおおよそ3つその結論に至る理由を書きましょう。

ここでよく、「意見を述べる際に常識に沿って解答する必要があるのか?」という質問があるのですが、結論を言うとその必要はありません。ですので、例えば「戦争にあなたは賛成か、反対か」と言う質問に対して、一般的にはやや非常識ととらえられがちな、「賛成」と答えてもそれ自体で減点されることはありません。

大切なのは自分の意見に対して他の読者が客観的に納得できる理由を説明することです。

ただ、小論文初心者にとって、少数派の意見の客観的な理由を探すのは難しいと思われますので、自分が理由を挙げて解答しやすい方を選ぶ方が良いでしょう。

書き出し例2:〜の理由は◯個あると考える。1つ目は〜

2つ目は理由の説明の方法についてです。

この時、理由には自分の主観的な意見ではなく、他の誰が読んでも納得できる客観的な意見を述べるようにしましょう。時々自分の実体験や考えを述べるだけにとどまってしまう人がいるのですが、それは主観的な意見に捉えられてしまいます。小論文で求められているのは作文のような感情に訴えるものではなく、根拠に基づいた誰もが納得できる理由ですので注意しましょう。

実際の社会での事例を挙げたり、可能であれば数字などのデータを根拠にしたりするとより説得性が増します。

この書き方は理由だけでなく解決策を求められた場合にも応用できますし、簡単に文章をまとめることができるので小論文の初心者にもおすすめです。

書き出し例3:〜について、私は賛成/反対だ。なぜなら〜

3つめは設問の意見に賛成か反対か答えるときに使う例文です。この例文は何かに対して賛成・反対を問う問題に使えます。先程も述べたように、賛成か、反対かを問う問題が出てきたら、この例文を用いて結論を先に述べて、なぜなら〜の後に理由をいくつかあげていきましょう。理由とその根拠を1つ書き終えるごとに段落替えをして、採点者が見やすい解答作りを心がけましょう。

また客観的な根拠を挙げるためにはその問題の分野に関しての知識が必要になりますから問題を解いていて知識不足を感じた場合、別途本やネットで勉強をして知識を吸収していきましょう。

ただしこのような問題は上位の大学になるほどあまり出なくなりますから志望校によってはあまり使えないこともあります。

まとめ

これまで3つの例文を挙げながら小論文の書き出し例を紹介してきました。
しかし、全ての問題に共通して大切なことは結論を最初に述べることです。どうしても小論文を書き慣れていない人は型を覚えていなくて理由を言ってから結論を述べてしまう人が多いのですが、まずは形を整えることを意識してみましょう。

結論を言い、その後に理由を述べていく、これだけでも十分小論文試験で通用する文章が書けるようになるはずです。

ぜひ意識して小論文に取り組んでみてください。

1週間で小論文で合格する力がつく『7日間で合格する小論文』!

こちらはAOIの小論文のプロが書いたもので、総合型選抜(旧AO入試)で合格したい方はこちらを是非お買い求めください!

【Amazon】https://amzn.to/3kR2kJf

【楽天ブックス】 https://books.rakuten.co.jp/rb/16851019/

また、動画でも書き出しについて解説しているのでそちらもぜひご覧ください!

<< 記事一覧に戻る