ホーム

\

受験お役立ち記事

\

作成日: 2024年1月15日 最終更新日:

面接での本音と建前の解消法!

こんにちは!総合型選抜専門塾AOI編集部です!

大学入試の面接は、志望者が自分をよりよく見せ、合格につなげるための大切な場面です。

しかし、本音と建前の間に立ちはだかる「めんどくさい」感覚は、多くの受験生が抱える課題の一つでしょう。

この記事では、その深堀り解説と解消法に焦点を当て、より良い面接につなげる方法についてお話します。

また、 AOIでは期間限定で総合型選抜の対策に関するプレゼントを無料で10個もらえるキャンペーンを行っています!

AOI公式LINEで配布しているのでぜひ受け取ってください!

LINEプレゼント
LINEプレゼント

本音と建前のジレンマ

面接では、受験生は緊張や試験のプレッシャーからくる不安感と向き合う必要があります。

自分の本音をさらけ出すことは、相手や状況によってはリスクを伴うこともあり、受験生は無意識に建前を選ぶことがあります。

このジレンマは、志望者が自分をアウトプットするプロセスで現れやすいものです。

緊張とプレッシャー

面接は不確実性が伴い、受験生は合格に向けたプレッシャーや緊張からくる不安を感じることがあります。この状況下で、安全な建て前に逃げることが自然な反応となります。

期待されるイメージとのギャップ

受験生は大学に対して良い印象を与えることを望みますが、その期待されるイメージと自分の本音が異なる場合、適切なバランスを見つけることが難しくなります。

自分を知る難しさ

本音を表現するためには、自分自身を深く理解し、受け手に伝えるスキルが必要です。

しかし、これが不足していると、建て前に頼ることが多くなります。

AOIならやりたいことが見つかる

解消法

リラックスと自己認識の向上

面接の前には、深呼吸やリラックス法を取り入れ、冷静な心で面接に臨みましょう。

また、自己認識を高めるために、自分の強みや弱み、興味を振り返り、整理することが重要です。

模擬面接の練習

過去の合格者や学校の先生に協力してもらい、模擬面接を何度も繰り返すことで、緊張感を軽減し、自分の考えを言葉にしやすくなります。

建前に頼る癖を打破するために効果的です。

面接官の期待を理解

面接官は志望者に対して一定の建前を予期していますが、同時に真剣な志望者の本音を知りたいと考えています。

志望者も面接官の期待を理解し、自分らしさをアピールすることが大切です。

まとめ

大学の面接での建て前と本音のジレンマは、深い理解と自己表現の向上を通じて克服することができます。

リラックスし、自己認識を高め、模擬面接で経験を積むことで、面接がより効果的で意義あるものになります。

同時に、日常の中での自己表現の鍛錬を怠らず、他者とのコミュニケーションを通じて成長していくことが重要です。

また、AOIは総合型選抜専門塾として、97%の合格率を保っています。

ぜひ、AOIと一緒に憧れの志望校に合格しましょう!

それでは、無料の受験相談でお待ちしております。

下の画像をタップしてお申し込みください!

AOIの無料カウンセリング
AOIの無料カウンセリング

この記事を書いた人

森澤 英梨香

【 関連記事 】

<< 受験お役立ち記事に戻る

AOI受験相談
予約フォーム

無理な勧誘などは致しません。
お気軽にご予約ください。

生徒氏名*

学年(現時点での学年をお選びください)*

メールアドレス*

電話番号*

ご希望の日程*

受験相談は保護者様と生徒様とAOIの進路アドバイザーの3名で行います。ご家族で日程を調整の上、複数の日程をご記入ください。こちらで希望をお伺いの上、日程は担当者と調整後確定します。

受験相談の実施希望校舎*

大変人気な受験相談となるため、希望の日時によってはオンラインになる可能性はあります。

プライバシーポリシーをお読みになり、
同意の上でご応募くださいませ。