0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日:

【高校推薦入試】受かる子の特徴と入試までにやっておきたいこと

【高校推薦入試】受かる子の特徴と入試までにやっておきたいこと アイキャッチ画像


中学校の内申点や受験生の人間性が評価の対象となる、高校の推薦入試。一般入試と違い、学力だけにとどまらない評価方法により、多くの受験生から注目を集めています。その分、人気が高い高校の競争率は高まっています。

今回は、そんな高校の推薦入試に受かる子の特徴や、入試までにやっておきたいことを学年別にまとめて解説します。

高校入試を控えている受験生はもちろん、保護者の方もぜひ参考にしてください。

関連記事:【高校推薦入試】受験対策ってどうするの?試験内容や対策方法を徹底解説!

推薦入試の倍率は?

そもそも、高校の推薦入試の倍率はどれくらいなのでしょうか?
都立高校を例に見てみましょう。

東京都教育委員会が発表した令和2年度の結果によると、全日制高校全体の受験倍率は2.55倍でした。前年度は2.61倍、前々年度は2.78倍なので、若干減少しているように思えます。ですが、これは中学卒業予定者自体が年々減っているので、倍率としては大きな変動はありません。

また、全日制高校のうち普通科の応募倍率は、2.92倍でした。前年度は2.89倍、前々年度が3.09倍です。

近年の倍率からわかることは、都立高校の推薦入試は「3人に1人が受かるか受からないか」という狭き門であるということです。裏を返せば、簡単に合格を掴めないからこそ、チャレンジしがいのある試験ですね。

受かる子の3つの特徴とは?

競争率の高い高校の推薦入試。そんな難関を突破した受験生には、どのような特徴があるのでしょうか?ここでは、推薦入試に受かる子の3つの特徴をご紹介します。

①人とのコミュニケーションが好きな人

人とのコミュニケーションが好きなことは、推薦入試に受かる子の大きな特徴です。外交的で明るい性格は、受験生にとってとても大きな強みです。

なぜなら、高校の推薦入試においてコミュニケーション能力は評価されるものだからです。特に面接において評価されるので、面接官にも堂々と自分の意見を伝えられると、好印象を残せます。

また、作文や小論文など「書くこと」を通して自分の意見や考えを試験官に伝えることも、コミュニケーションの一つです。

受験対策を始める段階で、作文や小論文、面接が上手にできるかは関係ありません。むしろ、面接の経験がある中学生は滅多にいないでしょう。

人とのコミュニケーションが好き、という気持ちがあれば十分です。必要な対策をすることで、入試本番にも上手に対応できるようになります。

②試行錯誤ができる人

試行錯誤ができる人というのも、受かる子の特徴として外せないポイントです。

推薦入試は一般入試と違い、模範解答がありません。面接の受け答えにしても、作文や小論文の書き方にしても「何が正しいかわからない」という状態からスタートします。

「これだけできるようになったから合格」という、明確な到達点もありません。よりベターなものを模索し続けることでしか、合格の可能性を上げることができないのです。

何度もやり直し、より良い方向に自分自身で向かっていける人や、そのプロセスを楽しめる人は、必然的に力を伸ばして合格を掴んでいます。

③失敗を恐れずにチャレンジできる人

失敗を恐れず、チャレンジ精神がある人も受かりやすいです。

面接や小論文は、対策本をどれだけ読み込んでも、実践せずにはなかなか上達しません。作文にしても面接にしても、アウトプットを繰り返し、何度でも失敗しながら練習を積むことが必要です。失敗を恐れて何もやらなければ、成長できません。

自分の考えを文章で上手に表現できず、もどかしさを感じることもあるでしょう。面接でうまく喋れず、恥じらいを感じることもあるでしょう。

それらを恐れることなくチャレンジして改善できる子は、みるみるうちに上達します。そうして良い結果を残すことができます。

学年別!入試までにやっておきたいこと

入試までにやっておきたいことを考える学生


高校の推薦入試における、受かる子の特徴がわかりましたね。特徴がわかった上で、入試本番までほどのように過ごせば良いのでしょうか?ここからは、入試までにやっておきたいことを学年別に紹介します。

中学1年生

◎普段の授業を積極的に受ける

多くの高校推薦入試において、最も重要視されるのが調査書(内申点)です。志望校に提出する内申点は3年生のものです。ですが、1年生のうちからどうすれば内申点を上げられるのか、ポイントを押さえて生活することが大事です。授業を積極的に受けるのはもちろんのこと、課題や提出物もきちんと仕上げましょう。

中でも、定期テストには全力で取り組みましょう。全力でやればやるほど、自分の間違えた部分や苦手分野が明確になっていきます。1年生のうちに自分の苦手を知って克服しておけば、余裕を持って次の学年の勉強に進めますね。

中学2年生

◎勉強以外の経験を積む

中学2年生は部活動や学校行事などで、重要な役割を任されることが多いです。1年生のうちに勉強のペースが掴めたら、2年生のうちに勉強以外にも思いっきり力を注ぎましょう。

そこで得た経験は、面接や自己PRにも生きてきます。また、さまざまな経験をする中でリーダーシップやコミュニケーション力も身につきます。

◎志望校を考える

受験まではもう1年ありますが、2年生のうちに志望校についても具体的に考えていきましょう。早いうちから志望校について考えておくことで、余裕を持って対策を進められるというメリットがあるからです。

オープンキャンパスに参加したり、進学した先輩の話を聞いたりするなど、情報の集め方はたくさんありますね。

2年生は勉強も難しくなり忙しくなりますが、推薦入試に向けての大事な1年ですので頑張りましょう!

中学3年生

◎作文・小論文・面接対策

推薦入試の評価のうち、約半数が内申点です。内申点が高いに越したことはないですが、どうしても勉強が苦手な受験生もいるでしょう。それでも、全く諦める必要はありません。3年生になって自分の内申点が決まった後でも、作文・小論文・面接の評価で巻き返すことができます。

中でも、作文や小論文は都立高校ごとに大きく傾向が違います。そのため、過去の出題テーマを分析するなど、志望校に合わせた対策をすることが大切です。

これらは、しっかりと対策ができたか否かで結果が大きく変わってきます。独学では難しいと感じたら、受験対策予備校などを頼りに合格レベルまで力を伸ばしましょう。

高校推薦入試受かる子の特徴と入試までにやっておきたいことまとめ

高校推薦入試に受かった学生イメージ


高校の推薦入試は、一般入試と比べるととても狭き門です。だからこそ、合格した時の喜びも、きっと大きなものになるでしょう。そこに至るまでは、決して楽な道のりではありませんが、得られるものもたくさんあります。

保護者の方や学校の先生、受験対策予備校など、受験生の味方はたくさんいます。ぜひ、挑戦したい気持ちを周りの大人にぶつけてくださいね!あなたの挑戦を応援しています。

<<記事一覧に戻る

今すぐ無料で AOI に相談