無料体験はこちら

今すぐお電話を

075-286-8960

topics | 2017.11.7

AO入試の面接で効果的に自己PRをする方法【受験前必見】

AO入試面接の「自己PR」とは? 

自己PRと自己紹介の違い

自己PRとは、「相手に自分を売り込み、認めてもらうこと」です。そのため、AO入試や推薦入試などの面接で「自己PR」をするように求められたときは、「自己紹介」をしないように気をつけましょう。

逆に、自己紹介で「自分をアピール」するのはいけません。自己紹介は、「自分のことを相手にできるだけ簡潔に分かりやすく伝えること」が目的だからです。

AO入試などの面接における自己PR

AO入試・推薦入試の面接中で「『自己PR』をしてください」といきなり言われて、緊張のあまり自己紹介をしてしまう受験生はよくいます。面接試験を受ける場合は、あらかじめ自己PRの準備をしておきましょう。

エントリーシート・書類における自己PR

自己PRは、内容が多ければ多いほど良いという訳ではありません。自分の長所や短所をいかに簡単に理解してもらうかが大きなポイントとなります。「できるだけ短くまとめること」を意識して考えてみましょう。

大学入試において、自己PRが求められる場面は以下のようなときです。
エントリーシート(AO入試)
出願書類(推薦入試)
小論文試験(将来の夢について、自己PRについてなど)

大学側の自己PRを聞く目的とは?

AO入試・推薦入試の面接や小論文試験で必ずと言っていいほど問われる「自己PR」。一体何のために聞いているのだろう?と疑問に思っている方もおられるかと思います。

大学は、自己PRを通して受験生の以下の点をチェックしています。

自己分析能力
問題解決能力
大学側が求める人物像にマッチするか
人間性が誠実かどうか

自己PRでは、基本的に自分をどれだけ理解しているか、自己分析能力があるかどうかがまず一つ目のチェックポイントです。
もう一つは「大学が公開している『求める人物像』に合致するか」です。自己PRでよくあるのは、資格や能力について熱心にアピールする人です。確かに資格や能力は有力なアピールポイントですが、大学側が一番気になるのは「受験生の人間性」です。

向上心を持っているか
苦しくても諦めないか
嘘をつかないか
努力を惜しまないか

特に、これらのような性質があるかを見られる傾向にあります。具体的に証明できるようなエピソードを交えながら、面接官に自分はどのような人間なのかを伝えましょう。

自己PRの重要度はとても高い

AO入試や推薦入試における自己PRの評価の重要度はとても高いと考えられます。AO入試や推薦入試は、一般入試や大学入試センター試験を利用する入試とは違って、受験生の学力よりも人物面や人間性を重視する入試方式です。そのため、自分の長所を客観的に分析して相手に上手くアピールすることが書類選考の時点から重視され、面接では自己PRをさらに掘り下げた質問がなされることもあります。

AO入試面接に向けて「自己PR」の準備をしよう

自己PRの準備①「トピック探し」

自己PRの第一段階は「話題探し」です。これまでの人生で経験したあらゆる出来事やエピソードを棚卸ししてまとめていきましょう。学生生活だけでなく日常生活も振り返って、自分の好きなことや、これまでに頑張ったこと、苦労したこと、得意なことなどを挙げていきましょう。

自己PRの準備②「シーンで振り返りまとめる」

そして、これまでにあなたが「頑張ったこと」「楽しかったこと」「苦労したこと」などの中から一つのテーマに絞ります。これは、色々書いてしまい全体的な内容が薄くなるのを防ぐためです。

今回は「頑張ったこと」をテーマに決めた場合の例についてお伝えします。
まずは、自分が頑張ったことを列挙していきます。
(例)
高校のサッカー部の練習を頑張った
飲食店のアルバイトを頑張った
志望高校に合格するため勉強を頑張った
体育祭でリーダーを頑張った

続いては、一つ一つ頑張ったことについて掘り下げて考えていきます。「なぜ頑張ったのか?」「何に価値を感じたのか?」についてまとめていきます。
「飲食店のアルバイトを頑張った」を「なぜ?」と掘り下げた場合について説明していきます。

・飲食店のアルバイトを頑張った
-「なぜ頑張ることができたのか?」『海外旅行に行きたかったから』
-「なぜ海外旅行に行きたくて頑張れた?」『海外に行ったことがないから』
-「なぜ行ったことのない海外に行きたい?」『経験したことないことにチャレンジするのが好きだから』
-「なぜ未経験なことにチャレンジするのが好き?」『新しい価値観に触れることができて、勉強になることも多いから』
この例を見ると、「新しいことにチャレンジしたい」また「未知のことを勉強することが好き」という価値観が見えてきます。
「アルバイトを頑張った」を掘り下げていくと、自分では気づかなかった自分の価値観や、漠然としていたことが自分の中ではっきりと言語化することができるようになります。

可能であれば、一つのテーマに対して10回以上「なぜ?」を繰り返すのがおすすめです。選んだエピソードの中でも掘り下げやすいものやそうでないものがあるはずです。掘り下げやすいものは自分の中でも印象的なエピソードの場合が多いので、より深く細かくエピソードを具体的にまとめることができるはずです。

自己PRの準備③「面接の練習をする」

AO入試や推薦入試では、自己PRを書類に書くだけの場合もありますが、中には面接で実際に自己PRをしなければならないことがあります。「そんなの覚えられない!」と思うかもしれませんが、声に出して読む練習を繰り返すことで、自分の一番のエピソードは仕上がっていきます。
まずは、独り言のように呟いて話してみましょう。上手く話せるようになったら、家族や友人に自己PRを聞いてもらい、客観的なアドバイスをもらうようにしましょう。

自己PRの例文

例文①
「高校時代に飲食店のアルバイトを一生懸命頑張りました。アルバイトを始めた理由は海外旅行に行きたかったからです。そのために自分で働き、貯金をしたいと考えたのがきっかけです。なぜ海外旅行に行きたかったのかというと、まだ日本以外の国に行ったことがなかったからです。海外旅行では、自分がこれまでに体験したことがない新しい価値観に触れることができます。新しい価値観に触れることは、チャレンジがつきものです。でもそのチャレンジのおかげで目標に到達した瞬間、ものすごい達成感を味合うことができました。」

例文②
「高校のサッカー部でキャプテンを務め、チームを全国ベスト4まで導きました。キャプテンになってからは、自分がレギュラーになって活躍したいという気持ちよりも、ベンチも含めたチーム全員で一丸となり試合に勝って大会で優勝するという意識に変わりました。具体的にはチームの合言葉を作りました。合言葉を作ることによって、チーム内でのコミュニケーションが増え、レギュラー・ベンチ関係なくチーム一丸となって試合に勝つという気持ちが徐々にみんなの中に芽生えてきました。全国ベスト4になれたのは、チームが一丸となって連携力が強まった証だと考えています。」

AO入試面接の「自己PR」の注意点

最後にAO入試・推薦入試の面接当日に気をつけておくべき、自己PRの注意点を紹介します。

一つ目は、自慢話にならないこと。
自己PRは確かに「売り込み」をする行為ですが、自慢話をするわけではありません。自分を凄い人、偉大な人という見せ方はかえって相手に悪い印象を与えてしまいます。面接では常に謙虚さを持ちながら挑みましょう。

二つ目は、自信を持って話すこと。
自信のない人の話は聞き手も内容が入ってきません。ましてや1日にたくさんの学生の話を聞く面接官はもっと内容が入ってきません。大きな声で自信のある話し方を意識して、相手に良い印象を与えておきましょう。

自己PRの練習、自己分析の方法は今回のAO入試や推薦入試の大学受験ではなく、将来あなたが社会人になるときにも必ず役立つ内容になっています。決して無駄と思わず、しっかりと準備をしましょう。

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

Contact Us!

無料でaoiブランドを体感しにきてください。

私たちは、aoi生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • ご相談、お悩み、ご要望など