0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2020年10月22日 最終更新日:

【徹底解説】自己PRって何をまとめたらいいの?【大学受験編】

自己PRって何をまとめたらいいの? アイキャッチ画像


「自己PRの書き方が分からない」
「どうやってまとめればいいの?」

自己PRを書く際に、このようなことを考えることは多いのではないでしょうか。
私は総合型選抜(AO入試)を使い大学受験をしたので、その際に自己PRをまとめた経験があります。

今回は、自己PRに書く内容、書き方について紹介します。
実際にまとめる際の参考にしてくださいね。

自己PRってどんなもの?

書類を書くときや面接のときに、必ず必要になる自己PR。
自己PRってどんな文章なのでしょうか。

これから特徴について2つ紹介します。

①自分がどんな人間か伝えるもの

自己PRは、自分がどんな人間なのか伝える資料になります。

高校でのエピソードを元に、自分のいいところを伝えることができる方法なのです。
この部分で大学に進学しても頑張ってやっていけるのか判断されます。

また、この部分が分かりやすくまとめられるとあなたの人となりが伝わり、いい印象を与えることができます。

②面接前にあなたがどんな人か面接官が知るもの

面接官は、あなたについて自己PRを元に知ることになります。

大抵の場合、面接等の試験を行う前に書類を提出します。

その際に書類で自己PRを事前に書いておく場合が多いため、この内容を元に質問されることがあります。

相手に伝わりやすくまとめておくことで、自分の頑張ったこと、いいところを伝えやすくなるのです。

自己PRから内容を深めていく質問となるため、ここで話しやすい内容を伝えておくことで面接での受け答えがやりやすくなります。

どんな内容を書けばいいの?

では、どんな内容を書けばいいのでしょうか。

まずは高校生活の中で頑張ったことは何なのか探してみましょう。

探す方法としては、3つ紹介いたします。

これから紹介する3つの中で頑張ったことがあるのか考えてみましょう。

自分一人では見つけられないと感じたら、周囲の人に聞いてみることをおすすめします。
自分では見つけられなかったことがわかるかもしれません。

①部活での頑張ったこと

アピールする内容として、部活動が一番に思いつく人も多いのではないでしょうか。

部活動で具体的な結果を残していれば、それをアピールすることができます。

その様なものが無くても、部活の中でどの様な役割を担っているのか伝えれば自己PRに使うことは可能です。

高校生で部活動に励む人は多くいるため、一番書きやすい方法になります。

②勉強で頑張ったこと

中には勉強で努力したという人もいるのではないでしょうか。

それも頑張ったこととしてまとめることができます。

例えば、特に頑張った教科や、試験で点数を上げるために努力したなど、
勉強での頑張りを伝えればいいのです。

勉強はみんなやっていることだし、いいのかなと思う人もいるかもしれませんが、自分が頑張ったことは頑張ったと胸を張って伝えていきましょう。

③生活の中で頑張ったこと

部活も勉強も頑張れていないから書くことがないと感じた人は、
自分の生活の中で何か頑張ったことは無いか考えてみましょう。

忘れ物をしなかった、休まず学校へ行ったという経験などそのような内容でいいのです。

実際に私は、書類作成の際に毎日元気に挨拶をしていますと自己PRに書いていました。
この点は私が本当に頑張っていた点であったため、挨拶を自己PRに使いました。

どんな形で書けばいいの?

では、実際にどんな風にまとめればいいのでしょうか。

これから、基本的な構成について説明します。

実際の自己PRをまとめる際の参考にしてみてくださいね。

①何を頑張ったのか伝える

自分がどんなことを頑張ったのか一言でまとめます。

ここで具体的な数字を入れることができると、説得力が増す内容になります。

難しい場合はそこまで数字にこだわらなくていいので、入れられそうなときは積極的に入れていきましょう。

②関係のあるエピソードを書く

がんばったことが一番伝わるエピソードを入れます。

自分の頑張りが伝わりやすいエピソードを、1つ選んでください。

これは先ほど選んだ頑張ったことに関係するものを選びましょう。

また、一度失敗したけど変えようと頑張り努力したというエピソードであると、
相手にあなたの頑張りが伝わりやすくなります。

③まとめる

エピソードと最初に書いた内容をまとめます。

その前に書いたエピソードからの学びなどを入れると、更にあなたの頑張りが伝わります。

アピールできる点は可能なかぎり入れてみましょう。

入れたい内容を一度入れて文章を作り、読んでみておかしいなと感じたらそこを抜いていけばいいのです。

それを繰り返しながら、自分の良さが伝わる文章を作っていきましょう。

自己PRまとめ

自己PRがうまく行ったのでガッツポーズ


今回は自己PRのまとめ方について紹介しました。

自己PRは自分が高校生活で頑張ったことを伝えるための文章です。

これまでの高校生活を振り返り、がんばったこととエピソードをまとめることが主な内容となります。

他者が読んで分かりやすく伝わる文章にするため、何度も読んで確認をしていきましょう。自分で気づきにくいときは、他の人に読んでもらいアドバイスをもらうのもよいですね。

あなたの夢がかなうことを願っています。

<<記事一覧に戻る

今すぐ無料で AOI に相談