ホーム

\

記事一覧

\

総合型選抜基礎知識

作成日: 2021年6月29日 最終更新日:

総合型選抜(旧AO入試)って何?AO入試出願時の注意点、挑戦するメリットとは?

多くの受験生が持つ夢や目標を達成するために、志望大学に挑むということは昔から行われてきました。そのなかでも、2020年度から変わった学力だけに縛られることなく自由に挑戦できるチャンスを掴めるのが総合型選抜(旧AO入試)です。受験生としては、これからの将来を左右する大きなターニングポイントであり、自らの夢へ突き進むためにも1度は検討したい方式といえます。

そこで今回は、総合型選抜(旧AO入試)のエントリーから出願条件の注意点、挑戦するメリットなどをご紹介します。合わせて関関同立を目指す方におすすめの情報もご紹介していきます。

ぜひ参考にして、あなたが目指す志望大学で行われる総合型選抜(旧AO入試)を検討してみてください。

総合型選抜(旧AO入試)って何?

総合型選抜(旧AO入試)や、学校推薦型選抜(旧推薦入試)とは、従来の出願書類だけでなく、小論文や口頭試問、共通テスト、実技、科目試験など様々な評価方法を導入した2020年度より始まった入試方式のことです。

総合型選抜(旧AO入試)には共通して、求める学生像を公表したアドミッション・ポリシーに基づいて総合的に合否を判断するという基準があるのも特徴的です。

ここまでの時点で、気になることや不安がたくさん出てきていると思います。ですが、まずは順を追って「総合型選抜(旧AO入試)とはどのようなものか」という部分からみていきましょう。

総合型選抜ってなに?意味を知ろう

そもそも「総合型選抜ってなに?」という人もいるかと思います。

総合型選抜は、以前までAO入試と呼ばれていた方式のことです。

今まで行っていたAO入試では、

  • 知識
  • 技能
  • 思考力
  • 判断力
  • 表現力

などは問わないことが多く、求める学生像に合わない人が入学するという課題がありました。求める学生像に合わないと、入学後の教育が円滑に行えないという問題が発生します。

そのため、名前の変更と同時に内容が一新され、新たな方式として導入がスタートしたわけです。

ちなみに、その他の入試も同様に名前の変更が行われています。

変更前変更後
一般入試一般選抜
AO入試総合型選抜
推薦入試学校推薦型選抜

参考:文部科学省

総合型選抜(AO入試)と一般選抜(一般入試)学校推薦型選抜(推薦入試)はどう違うの?

一般選抜(旧一般入試)との違い

一般選抜(旧一般入試)とは、学科試験・面接試験などが行われるポピュラーな方式です。

一般入試との違いは、受験生の合否判定を行う試験内容に違いがあります。総合型選抜(旧AO入試)では、部活動、校内活動などによる学校生活での取り組みに加え、大学側が用意したテーマに沿った小論文の作成を行います。次に、志望理由書を作成し複数回の面接を経て合否の判定が出されます。

一方で、一般入試は学部によって指定されている学科テストを受験し、そのスコアによって合否の判定を出します。

学校推薦型選抜(旧推薦入試)との違い

学校推薦型選抜(旧推薦入試)とは、一定の基準を満たした受験生を高校の学園長が大学へ推薦する方式です。また、生徒自身が自らを推薦する「自己推薦」も学校推薦型選抜に含まれます。

さらに、学校推薦型選抜は以下のような2つの分類があるため、やや複雑です。

  • 公募推薦
  • 指定校推薦

公募推薦とは、学校側が「推薦を希望する生徒を募集」する方式です。指定校推薦とは、「専門学校が選んだ高校だけが推薦を行える」方式となります。

どちらの学校推薦型選抜でも、基準を満たしていることが前提条件となります。自己推薦をするケースでも、高校の先生に対応してもらえるか聞いてみると良いでしょう。

学校推薦型選抜は、一般選抜と併願可能であるため、推薦が駄目だったとしても再チャレンジできます。

ちなみに、学校推薦型選抜は書類選考だけで合否が決まるものではありません。大学によっては面接・小論文・実技試験など専門的な技術と知識があるか確認する試験が別途で設けられることもあります。そのため総合型選抜(AO入試)の対策をしておくことをおすすめします。

推薦だから簡単に入学できるチャンスと考えるのではなく、受験対策をしっかりと行っていつでも試験に臨める状態にしておきましょう。

総合型選抜(旧AO入試)で受験する3つのメリット

総合型選抜(旧AO入試)で受験することで得られる代表的なメリットは以下の3つです。

  1. 学力で合否を判定されない
  2. チャンスが広がる
  3. 早期に受験ストレスから解放される

それぞれ参考にしてみてください。

学力だけで合否を判定しない

総合型選抜の1つ目のメリットが、学力だけの合否判定を行わないところです。
推薦入試では評定平均値や受験勉強による学力が重視されます。しかし、中には勉強よりも部活動や課外活動に力を入れて取り組んでいたため、高校での学業成績があまり良くなく志望大学に学力が届かない受験生もいます。そんな人にとって、総合型選抜(旧AO入試)は受験するチャンスとなるのが総合型選抜(旧AO入試)なのです。
とはいえ、出願資格で評定を貸している大学もあるので要注意が必要です。

総合型選抜(旧AO入試)では、志望大学で学びたい意欲と学ぶ資質を備えていることを証明する活動記録が合否のポイントとなります。例えば、部活動での経験や、ボランティアなどの課外活動での功績などが挙げられます。

チャンスが広がる

総合型選抜の2つ目のメリットが、チャンスが広がるという点です。
総合型選抜(旧AO入試)は開始時期が早いため、万が一不合格となっても一般選抜(旧一般入試)で受験するチャンスがまだ残っています。総合型選抜(旧AO入試)で良くある質問の一つに「併願はできますか?」という質問をいただきます。結論できます。もちろん専願の大学や入試時期のかぶりがあるところは不可能ですが、併願戦略をするということも一般との両立だけでなくチャンスが広がります。
併願については、ぜひ下記の記事も読んでみてはいかがでしょうか? 

総合型選抜(旧AO入試)は併願できるの?併願可能な大学まとめ

早期に受験ストレスから解放される

総合型選抜の3つ目のメリットが、早期に受験ストレスから解放されることです。

大学の総合型選抜(旧AO入試)は8月から9月で出願して合格発表は11月以降(現行10月前が多い)という流れです。なので、合格発表が早い大学なら、年内に合格を決めることができるでしょう。

総合型選抜(旧AO入試)は、合格が決まれば他の入試を受ける必要もありません。

出願条件を満たしていれば、総合型選抜(旧AO入試)は誰でもチャレンジできるので検討してみると良いでしょう。

その他の総合型選抜(旧AO入試)のメリットやデメリットを知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

[総合型選抜(旧AO入試)のメリット・デメリットを徹底解説!推薦入試との違いは?]

総合型選抜(旧AO入試)の出願、大学による違いは?

総合型選抜(旧AO入試)には、出願条件が設定されています。出願条件は大学ごとに違いがあります。

出願条件を満たしていても、別の条件が決められているということがありますので、確認しておきましょう。

出願要項は例えば、

  • 評定平均値が一定以上である
  • 高校での履修科目に指定がある
  • 語学検定やスコアの条件がある
  • オープンキャンパスに参加したり、事前の面談を受けている

などです。

出願要項は大学ごとだけでなく、さらには学部によって異なるため、出願する前に必ずチェックするようにしましょう。総合型選抜(旧AO入試)の出願条件・出願資格を確認し、志望する大学に問題なく挑戦できるようにしておきましょう。

関関同立の総合型選抜(旧AO入試)はそれぞれ違う?

ここでは、関関同立の総合型選抜(旧AO入試)を例に違いに触れていきます。

関関同立とは、

  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学

の4つの難関私立大学のことです。

それぞれの一番左にある漢字を並べると、関・関・同・立となることが、おわかりいただけるはずです。

関関同立でも、総合型選抜(旧AO入試)が取り入れられています。

では、気になる関関同立の合格率(倍率)をみていきましょう。

関関同立の倍率

関関同立で2018年度に行われた総合型選抜(旧AO入試)の平均倍率を表にまとめました。

大学名平均倍率
関西大学3.3%
関西学院大学2.2%
同志社大学4.4%
立命館大学2.9%

※各学部の倍率をベースとして平均値を算出しています。

関関同立の平均値を総合型選抜(旧AO入試)に絞り並べてみると、同志社大学がもっとも合格率が低いことがわかりました。あくまで傾向としての結果ですので、実施学部が増えるほど標本誤差は少なくなります。

関関同立における学部ごとの合格率については、以下の記事を参考にしてみてください。

[関関同立の総合型選抜(旧AO入試)は難易度が高い?倍率等の入試情報まとめ]

関関同立を一般選抜(一般入試)で狙うならマナビズムがおすすめ

総合型選抜専門塾AOIでも、関関同立の総合型選抜対策に対応しています。

ですが、関関同立に特化した塾をお探しでしたら「難関私大専門塾マナビズム」がおすすめです。

多くの塾では、関関同立対策講座のように大学群でまとめられた講座を取り入れていることで、各大学に特化した内容で対策することができません。

そこでマナビズムでは、関関同立それぞれの大学別に特化した受講内容を取り揃えることで、自分が受けない大学の対策をカットした分だけしっかりと勉強に集中できる環境を用意しているわけです。

  • 何を勉強すれば良いか一切悩まない
  • 大学別対策で無駄のない成績アップ
  • 得点できる力を身につける独自の授業形式

一人ひとりに合わせたマナビズムで、関関同立を狙ってみるというのも良いでしょう。

目的難関私大合格、関関同立合格
対象の学年高校1年生~3年生、浪人生
力を入れている学年高校2年生~3年生、浪人生
授業形式通塾、オンライン
合格実績関関同立、産近甲龍など
自習室あり
塾独自のポイント・映像授業が定額・自習コンサルティング・リーズニングゼミ
校舎上本町校高槻校西宮北口校豊中校茨木校北千里校堺東校四条烏丸校
電話番号0120-37-5935
公式サイトhttps://manaviism.com/

総合型選抜(旧AO入試)によくあるQ&A

最後に、総合型選抜(旧AO入試)によくあるQ&Aをご紹介します。

  • 落ちることはある?
  • 不合格だったどうしよう?
  • 成績が気になる

という疑問を持っている人は、ぜひチェックしてみてください。

総合型選抜(旧AO入試)に落ちることはある?

総合型選抜(旧AO入試)に挑戦し、落ちることはあります。

なぜなら、どれだけ倍率が低くて合格率が高い大学に受験したとしても、大学側が出しているアドミッション・ポリシーや総合評価の基準を満たす必要があるためです。

出願する大学・学部に合わせた受験対策をしていきましょう。

落ちる人の特徴をまとめた記事もぜひ合わせて読んでみてください。落ちないための対策法はあります。

[総合型選抜(旧AO入試)に落ちる人の特徴7選|落ちないための対策方法]

総合型選抜(旧AO入試)が不合格だったらどうしたらいい?

総合型選抜(旧AO入試)で不合格だったとしても、一般選抜(一般入試)は併願できるためもう一度挑戦できます。

また、併願可能な大学・学部であれば総合型選抜の再チャレンジもできるでしょう。

ここで大切なのは、不合格になった後のことを考えるのではなく

「不合格にならないために何ができるのか」

という点です。

それぞれの大学・学部に合わせた受験対策と、もし落ちた・不合格だったというときに備えた第二志望、第三志望を準備するなどの検討をしておくと安心です。

総合型選抜(旧AO入試)には成績が関係するって本当?

総合型選抜(旧AO入試)には、評定平均値などの成績はあくまで出願要件として設定されているところがほとんどです。

アドミッション・ポリシーやその他の特化した条件で合否が総合的に判断されます。

今までの実績や成績・経験を総合的に判断する入試方式のため、どこかで不安を感じるとしても総合点で勝負ができるわけです。

挑戦する前に諦めるのではなく、挑戦する気持ち・そして志望して学びたい意思を大学側に伝えていきましょう。

これを聞いてもまだ成績が気になるという方はぜひコチラの記事もチェックしてみてください。

[総合型選抜(旧AO入試)と成績・評定平均値は関係ある?必要な評定基準まとめ]

総合型選抜(旧AO入試)は受験対策をして挑もう まとめ

この記事では、「総合型選抜(旧AO入試)って何?」についてお話ししてきました。

本来なら、総合型選抜(旧AO入試)は大学に合わせた対策が大事ということがもっともお伝えしたい部分です。

出願条件、合格率などに惑わされることなく、今からできる受験対策をいかに早く準備できるかが「合格のためにも必要なアクション」です。

高校3年の夏からでは、以下のような部分で遅れをとってしまいます。

  • 受験対策に必要な情報の収集
  • 小論文・面接の対策

話し方の改善から受験対策まで、1年以上もかかるといったケースもあるほどです。

この記事を読んで関関同立の総合型選抜(旧AO入試)を検討したら、その時点から受験対策をスタートする気持ちで動き出しましょう。

<<記事一覧に戻る