0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年4月11日 最終更新日:

福知山公立大学の推薦入試対策

福知山公立大学アイキャッチ

福知山公立大学の教育理念・アドミッションポリシー

福知山公立大学では、大学および各学科の教育理念・アドミッションポリシーを以下の通り定めています。

基本理念・目的

福知山公立大学の基本理念を、「市民の大学、地域のための大学、世界とともに歩む大学」とする。 この基本理念のもと、福知山公立大学は、総合的な知識と専門的な学術を深く教授研究するとともに、地域協働型教育研究を積極的に展開することにより、地域に根ざし、世界を視野に活躍できる高度な知識及び技能を有する人材を育成し、北近畿地域をはじめとする地域における持続可能な社会の形成に寄与することを目的とする。 そのため、基本構想に基づき、様々な地域課題の調査研究の実践を通じて、地域の将来を担う人材を育成するとともに、地域住民の自己実現を支援する「学びの拠点」を構築し、世界に貢献する開かれた大学の実現を目指すものとする。

教育理念

福知山公立大学は「市民の大学、地域のための大学、世界とともに歩む大学」を基本理念としています。そして、その理念の下、地域経営学部は、地域(ローカル)に根を下ろし、世界(グローバル)にはばたく人材(グローカリスト)育成をめざします。 地域経営学部の各学科は、入学者受入れの方針を以下のように定め、学習意欲の高い学生を募集します。

地域経営学部 地域経営学科

本学科は、再生や変革を通して地域社会の活性化などに貢献する人財育成を目標とし、地域経営の基本を学び、それを社会で実践しようとする意思を持つ方、またはその可能性があると判断できる方を受け入れます。

地域経営学部 医療福祉経営学科

本学科は、認定資格である診療情報管理士の在学中の資格取得をめざし、医療機関・福祉施設の経営に参画する、あるいは医療福祉を通して地域に貢献する意思を持つ方、またはその可能性があると判断できる方を受け入れます。

大学入学までに学習しておくべき教科・科目

福知山公立大学地域経営学部は、グローカリストの育成にあたり、幅広い教養と基礎学力を身に付けていることを求めます。そのため、大学入学までに学習しておくべき教科・科目等については、特定の教科に偏ることなく学習し、すべての教科における基礎的な学力を望みます。また、資料や文章を読む力やその理解を表す力などの基本的なコミュニケーション能力の習得も望みます。

福知山公立大学の推薦入試の実施状況

福知山公立大学の推薦入試は、地域経営学科と医療福祉経営学科で行われています。 それぞれの募集人員は以下の通りです。

地域経営学科

全国枠:15名 地域枠:17名 専門学科:3名

医療福祉経営学科

全国枠:4名 地域枠:3名 専門学科:1名

福知山公立大学推薦入試の募集概要

福知山公立大学公式ホームページでは、推薦入試の募集概要を以下の通り定めています。

試験日程

出願期間:平成30年10月29日(月)~11月1日(木) 試験日:平成30年11月17日(土) 合格発表日:平成30年12月3日(月)

出願資格

全国枠

全国枠は(1)~(3)のすべての条件を満たす者。 (1)本学に合格した場合は入学することを確約できる者 (2)コミュニケーション能力が優れていると学校長が推薦する者 (3)全体の評定平均値が3.8以上の者 ※両学科ともに1つの高等学校から推薦できる人数に上限はありません。過年度生の出願は不可です。

地域枠

全国枠の出願条件(1)~(3)を全て満たし、かつ下記の市町に存在する高等学校の生徒。 ・ 京都府:京都市右京区(ただし旧京北町に限る)、福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、亀岡市、京丹後市、南丹市、京丹波町、伊根町、与謝野町 ・ 兵庫県:豊岡市、篠山市、養父市、丹波市、朝来市、香美町、新温泉町

専門学科枠

全国枠の出願条件(1)~(3)および、下記の(ア)、(イ)の全てを満たす者。 (ア)普通科、理数科等以外の専門教育を主とする学科及び総合学科の出身の者 (イ)次のいずれかの資格を取得している者 ・日本商工会議所主催簿記検定試験2級以上 ・全国商業高等学校協会主催簿記実務検定試験第1級 ・独立行政法人情報処理機構主催ITパスポート試験 出願時に「地域枠」「専門学科枠」を指定して出願する必要はありません。本学が出願資格を満たす出願者であることを判断します。

出願書類

志願票、写真票、調査書、学校長推薦書

選抜方法

小論文と面接の成績を総合して合否判定します。

小論文

現代社会の課題についての資料(文章や図表等)を基にした出題により、理解力、思考力、表現力を総合的に評価する(100点)

面接

30分間程度のグループ面接を行う、グループ・ディスカッションではない。(50点)

福知山公立大学社会人入試の募集概要

ここからは、社会人入試の募集概要について紹介します。 募集人員は、地域経営学科・医療福祉経営学科ともに若干名です。

試験日程

出願期間:平成30年10月29日(月)~11月1日(木) 試験日:平成30年11月17日(土) 合格発表日:平成30年12月3日(月)

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者。 (1) 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者及び平成31年3月卒業見込みの者 (2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成31年3月修了見込みの者 (3) 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成31年3月31日までにこれに該当する見込みの者で、次の(ア)~(カ)のいずれかに該当する者。 (ア)外国において、学校教育における12年の課程を修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。 (イ)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有する者として認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者 (ウ)専修学校の高等課程で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者 (エ)文部科学大臣の指定した者 (オ)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)及び平成31年3月31日までに合格見込みの者 (カ)その他本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で平成31年3月31日までに18歳に達する者 上記の出願資格を有し、平成31年4月1日時点で満23歳に到達し、社会人経験(主婦等も可)が5年以上ある者。

出願書類

志願票、写真票、調査書(出身学校長が作成したもの)、履歴書(福知山公立大学所定の用紙)

選抜方法

福知山公立大学社会人入試では、小論文と面接の総合的な評価により合否判定されます。

小論文

現代社会の課題についての資料(文章(英文を含む)や図表等)を基にした出題により、理解力、思考力、表現力を総合的に評価する。

面接

30分間程度のグループ面接を行う。グループ・ディスカッションではない。

福知山公立大学の倍率

最後に、2018年度の福知山公立大学の入試の倍率をご紹介いたします。

地域経営学科

一般前期5教科:2.1 一般前期3教科:3.8 一般後期:1.5 公募推薦地域枠専門学科枠以外:1.3 公募推薦地域枠:1.4 公募推薦専門学科枠:1.0

医療福祉経営学科

一般前期5教科:2.4 一般前期3教科:34.0 一般後期:5.0 公募推薦地域枠専門学科枠以外:1.0 公募推薦地域枠:2.0 公募推薦専門学科枠:1.0 さらに、志望理由書の書き方など、AO入試・推薦入試のことを知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

各学部