0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年3月1日 最終更新日:

群馬大学のAO入試対策

群馬大学アイキャッチ 群馬大学のAO入試について知りたいと思っている受験生の皆さん、その保護者の皆さんに入試情報を詳しく説明します。ぜひご参考ください。

群馬大学のアドミッションポリシー

群馬大学のアドミッションポリシーは、群馬大学のHPでこのように述べられています。

入学者に求める能力・理念

群馬大学の理念、教育の目標に賛同し、本学の教職員と共に学術研究の成果を地域に還元し、豊かな地域社会・国際社会の創造に貢献していく意欲にあふれ、以下の能力・意欲を持つ人を求めています。 1. 高等学校の教育課程についての総合的な理解と大学教育を受けるにふさわしい基礎学力がある。 2. 専門分野を学ぶ上で必要な基礎知識と強い探究心、コミュニケーション能力を持っている。 3. 主体的に学ぶ姿勢と、論理的で柔軟な思考能力を持っている。 4. 知的好奇心が旺盛で、新しい課題に積極的に取り組む意欲がある。 5. 高い志と豊かな発想力を持ち、未来を切り開く夢と情熱を持っている。 6. 地域社会や国際社会に貢献する意欲とリーダーシップを持っている。

理工学部

1. 誰も行ったことのない新しいことに挑戦することが好きで、失敗をおそれない人 2. 自らの能力向上を目指し、そのための労を惜しまない人 3. 自然現象や科学技術などに興味があり、それらを通じて自然科学の原理原則を最後まで追究したい人 4. 理工学を学ぶ上での基礎学力を有し、理学的基盤(数学、物理学、化学、生物学など)の理解を基に新理論・新技術の開発にチャレンジしたい人 5. 理工学分野で国際的な活躍をめざす人

理工学部の入学者選抜の方針・方法

1. 一般入試前期日程 大学入試センター試験及び個別学力検査等(学科が指定する学力試験)の結果並びに調査書を総合して判定します。 2. 一般入試後期日程 大学入試センター試験及び面接の結果並びに調査書を総合して判定します。 3. AO入試(専門学科・総合学科特別入試) 調査書、志望理由書、自己推薦書、面接、小論文(実施しない学科があります)、プレゼンテーション(実施しない学科があります)を総合して判定します。 4. 推薦入試 面接、小論文(実施しない学科があります)及び出願書類を総合して判定します。 5. 帰国生等特別入試 面接、小論文(実施しない学科があります)及び出願書類を総合して判定します。 6. 私費外国人留学生入試 日本留学試験、英語の能力試験(TOEFL等)及び面接の結果並びに成績証明書を総合して判定します。 7. 第3年次編入学試験 学力試験(実施しない学科があります)、面接(口頭試問)、出身学校における成績及び人物調書を総合して判定します。

群馬大学のAO入試の実施状況

群馬大学でAO入試が実施されているのは、理工学部の1学部のみです。 高等学校等の職業に関する学科及び総合学科の出身者を対象に、理工学に対する高い意欲、資質を有する学生を選抜することを目的として、詳細な書類審査と丁寧な面接等を組み合わせて総合的に判定する、アドミッション・オフィス(AO)入試です。

募集人数

化学・生物化学科:2名 機械知能システム理工学科:4名 環境創生理工学科:2名 電子情報理工学科:5名

群馬大学のAO入試の募集概要

群馬大学公式ホームページより、AO入試の募集概要の情報をまとめました。

出願資格

高等学校若しくは中等教育学校の職業に関する学科又は総合学科を卒業した者、又は平成31年3月卒業見込みの者で、下記の要件を満たす者 【化学・生物化学科/環境創生理工学科/電子情報理工学科】 次の(1)(2)を全て満たす者 (1) 出身学校において職業に関する教科・科目【注】を20単位以上修得又は修得見込みの者 (2) 合格した場合は、入学を確約できる者 ※職業に関する教科・科目とは、農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報、福祉の各専門教科に属する科目に、「産業社会と人間」(これに準ずる学校設定教科・科目を含む。)を加えた教科・科目 【機械知能システム理工学科】 次の(1)(2)を全て満たす者 (1) 出身学校において工業又は情報に関する教科・科目を20単位以上修得又は修得見込みの者 (2) 合格した場合は、入学を確約できる者

選考日程

出願期間:平成30年8月1日(水)~8月6日(月) 第1次選抜合格者発表:平成30年8月31日(金) 第2次選抜:平成30年9月7日(金) 第2次選抜合格者発表:平成30年9月27日(木)

選考方法

化学・生物化学科

二段階選抜です。第1次選抜(出願時提出書類による審査)及び第2次選抜(第1次選抜合格者に対して行う試験等)により行い、大学入試センター試験は課しません。第2次選抜は、第1次選抜の合格者に対して面接(個人面接、約25分、面接員複数、理工学教育を受けるための基礎能力に関する口頭試問を含みます。)を実施し、総合的に評価します。

機械知能システム理工学科

二段階選抜です。第1次選抜(出願時提出書類による審査)及び第2次選抜(第1次選抜合格者に対して行う試験等)により行い、大学入試センター試験は課しません。第2次選抜は、面接(個人面接、15~20分、面接員複数、理工学教育を受けるための基礎能力に関する口頭試問を含みます。)と小論文を行います。

環境創生理工学科

選抜は、第1次選抜(出願時提出書類による審査)及び第2次選抜(第1次選抜合格者に対して行う試験等)により行い、大学入試センター試験は課しません。第2次選抜は、面接(個人面接、15~30分程度、面接員複数、理工学教育を受けるための基礎能力に関する口頭試問を含みます。)を実施し、基礎学力・勉学意欲・目的意識・表現力・コミュニケーション力・論理的思考力などを総合的に評価します。

電子情報理工学科

選抜は、第1次選抜(出願時提出書類による審査)及び第2次選抜(第1次選抜合格者に対して行う試験等)により行い、大学入試センター試験は課しません。 第2次選抜は、面接(個人面接、約15分、面接員複数、理工学教育を受けるための基礎能力に関する口頭試問を含みます。)と、プレゼンテーションです。プレゼンテーションは、電子情報技術関連のこれまでの優れた活動や電子情報技術利用の新しいアイデア等の自己PRを、10分以内で行います。

必要書類

① 出願確認票 ② 写真票 ③ 調査書 ④ 志望理由書 ⑤ 自己推薦書

④志望理由書

下記①②について記述してください(各400字程度、志願者自筆)。 【化学・生物化学科】 ① 化学・生物化学科への進学を希望する理由 ② 大学卒業後の進路・将来の希望 【機械知能システム理工学科】 ① 機械知能システム理工学科への進学を希望する理由 ② 大学卒業後の進路・将来の希望 【環境創生理工学科】 ① 環境創生理工学科への進学を希望する理由 ② 大学卒業後の進路・将来の希望 【電子情報理工学科】 ① 電子情報理工学科への進学を希望する理由 ③  大学卒業後の進路・将来の希望

⑤自己推薦書

【化学・生物化学科】 これまでの活動や体験に基づいて、化学・生物化学科で勉強する適性と意欲を備えていることをアピールしてください(800字程度、志願者自筆)。 【機械知能システム理工学科】 これまでの活動や体験に基づいて、機械知能システム理工学科で勉強する適性と意欲を備えていることをアピールしてください(800字程度、志願者自筆)。 【環境創生理工学科】 これまでの活動や体験に基づいて、環境創生理工学科で勉強する適性と意欲を備えていることをアピールしてください(800字程度、志願者自筆)。 【電子情報理工学科】 これまでの活動や体験に基づいて、電子情報理工学科で勉強する適性と意欲を備えていることをアピールしてください(800字程度、志願者自筆)。

群馬大学のAO入試の倍率

最後に、群馬大学のAO入試の過去の倍率をご紹介いたします。 化学・生物化学科:3倍 機械知能システム理工学科:2.7倍 環境創生理工学科:4倍 電子情報理工学科:3.2倍 さらに、志望理由書の書き方など、AO入試・推薦入試のことを知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

各学部