0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年5月22日 最終更新日:

香川県立保健医療大学の推薦入試対策

香川県立保健医療大学アイキャッチ

香川県立保健医療大学のアドミッションポリシー

香川県立保健医療大学公式ホームページでは、各学科のアドミッションポリシーを以下の通り定めています。

香川県立保健医療大学の入学者選抜基本方針

本学の基本理念及び各学科のアドミッションポリシーに基づき、本学で学ぶ能力・適性を備えた入学者を受け入れるために、全ての入試区分で、学力の3要素を評価します。 入学者選抜にあたって、主体性を持ち自ら学修する姿勢、知識・技能、思考力・判断力・表現力、多様な人々と協働して学ぶ態度について多面的・総合的かつ公平に判断します。

看護学科

生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を育み、社会の要請に応えられる専門的な知識・技術を修得し、保健・医療・福祉の連携と協議における看護の役割を理解し活躍できる、看護のスペシャリストとしての基礎的能力を有する人物を育成します。 上記のことから香川県立保健医療大学看護学科では、次のような人を求めています。 1.科学的思考力を発展させる基礎学力を有している人 2.人間に関心があり、人との関わりに喜びを感じる人 3.状況判断ができ主体的に行動できる人 4.地域の看護実践の発展に貢献したい人

~入学に当たり修得が望まれる知識~

①基礎学力 高等学校では、国語や英語で読解能力や言語表現能力と共に、数学や理科などの諸科目を含めたバランスのいい基礎学力を身につけておいてください。 ②コミュニケーション 日常生活や学校生活において、自分の考えを表現するとともに、他者との意見交換を大切にし、互いの価値観や考え方の違いを尊重する習慣を身につけておいてください。 ③状況判断 自分の体験を振り返って、自らの判断や行動を客観的に分析し、主体的に行動する習慣を身につけておいてください。 ④地域貢献 看護の対象の中心は人間の生涯にわたる健康生活です。日頃から、自らの心身の健康と地域社会の動向について、幅広く興味関心をもって注目しておいてください。

臨床検査学科

幅広い教養と豊かな人間愛を育むとともに、臨床検査に関する高度な専門知識と技術を修得し、医療チームの一員として社会の要請に対応できる人材を育成します。 上記のことから香川県立保健医療大学臨床検査学科では、次のような学生を求めています。 1.論理的思考に必要な基礎学力を有している人 2.責任感と協調性があり、主体的に行動できる人 3.知的好奇心が旺盛で、科学的な観察力を持つ人 4.臨床検査技術を基盤に、地域の多様な分野で活躍したい人

~入学に当たり修得が望まれる知識~

①基礎学力 高等学校では、数学、理数系の知識及び語学(国語、英語)を中心とした幅広い基礎学力を身につけておいてください。 ②主体性と協調性 多職種と共同・連携するチーム医療ならびに心電図や超音波検査を行う生体機能検査などではコミュニケーション能力が求められます。日頃からボランティア活動などを通じて責任感と協調性をもって主体的に自ら行動する能力を身につけておいてください。 ③科学的観察力と思考力 臨床検査技師は信頼性の高い検査情報を提供し、医療を技術的側面から支える科学者です。知的好奇心を持ち、物事を科学的に考える習慣を身につけておいてください。 ④地域貢献 臨床検査技術を基盤にした地域社会への貢献が期待されています。そのためには、自分たちが生活する地域の現状についてよく理解し、その未来を想像することが必要です。

香川県立保健医療大学の推薦入試の実施状況

香川県立保健医療大学では、保健医療学部の看護学部と臨床検査学科の両学科で推薦入試を実施しています。それぞれの募集人員は以下の通りです。 看護学科 35名 検査学科 10名

2021年度からの変更点

①個別選抜方法は、看護学科、臨床検査学科ともに小論文(日本語)及び面接(集団討論・個人面接)を行い、学力の3要素を評価します。 ②英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)を適切に評価するために、英語の外部検定試験の活用方法と評価は次の通りとします。 ・看護学科は、外部検定試験(認定試験)の成績を出願要件に用います。 ・臨床検査学科は、外部検定試験(認定試験)の成績に応じ段階別に加点します。 ③調査書、活動報告書等は、受験者の出願書類を活用し、看護学科・臨床検査学科ともに学力の3要素の観点から評価します。 ④大学入学共通テストの活用方法は、次の通りとします。 ・看護学科は、「大学入学共通テスト受験」を課しません。 ・臨床検査学科は、「大学入学共通テスト受験」を課します。

香川県立保健医療大学の推薦入試の募集概要

香川県立保健医療大学公式ホームページでは、推薦入試の募集概要を以下の通り定めています。

出願資格

平成30年度3月に香川県内の高等学校を卒業見込みの者で、次の条件をすべて満たす者。 ・学績・人物ともに優秀で、各学科に対する適正について高等学校長が責任をもって推薦する者 ・調査書の全体の評定平均値が4.0以上である者 ・合格した場合、入学することを確約できる者 なお、高等学校長が推薦できることができる人数は、看護学科については1校4人以内、臨床検査学科については1校2人以内とします。

選考日程

出願期間:平成30年11月1日(木)~平成30年11月8日(木) 試験日:平成30年11月17日(土) 合格発表日:平成30年12月6日(木)

選考方法

合格者の決定は、英語を含む小論文、面接の結果及び調査書等を総合して行います。 1.小論文(日本語)、英語、面接、調査書の合計点で合否を判定します。 2.合計点が同点の場合は、小論文、英語、面接の順番に高得点の者を優先します。 3.1、2に関わらず、面接の結果を持って不合格となる場合があります。 4.調査書については、部活動、ボランティア活動の実績などを考慮します。

試験科目と配点

小論文(日本語):300点満点 英語:200点満点 面接:120点満点 調査書:40点満点 合計660点

必要書類

(1)入学願書 (2)写真票・受験票 (3)調査書 (4)推薦書 (5)入学選考料 (6)「納付書(兼)証券領収書控え・証券領収書」用紙 (7)受験票等返送用封筒 (8)住所シール ※出願書類は一括して本学所定の出願書類提出用封筒に入れ、「書留速達郵便」で郵送して下さい。(持ち込み、メール便、宅急便による送付は受理できません。)

香川県立保健医療大学の推薦入試の倍率

最後に、香川県立保健医療大学の推薦入試の過去の倍率をご紹介いたします。

平成30年度

看護学科:募集人数35人、志願者数46人、受験者数46人、倍率1.3倍 臨床検査学科:募集人数10人、志願者数14人、受験者数14人、倍率1.4倍

平成29年度

看護学科:募集人数35人、志願者数55人、受験者数55人、倍率1.6倍 臨床検査学科:募集人数10人、志願者数21人、受験者数21人、倍率2.1倍

平成28年度

看護学科:募集人数35人、志願者数57人、受験者数57人、倍率1.6倍 臨床検査学科:募集人数10人、志願者数17人、受験者数17人、倍率1.7倍 さらに、志望理由書の書き方など、AO入試・推薦入試のことを知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

各学部