0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年5月23日 最終更新日:

大分県立看護科学大学の推薦入試対策

大分県立看護科学大学 大分県立看護科学大学の推薦入試について知りたいと思っている受験生の皆さん、その保護者の皆さんに入試情報を詳しく説明します。ぜひご参考ください。

大分県立看護科学大学のアドミッション・ポリシー

大分県立看護科学大学では、教育理念、教育目標及びアドミッション・ポリシーを以下の通り定めています。

建学の精神

(1)看護学の考究

看護学を追求し、県内の看護教育・研究の拠点として、中心的役割を担うこと。

(2)心豊かな人材の育成

看護を必要とする人が何を思い、何を感じ、そして何を望んでいるかという、人々の心の悩みや痛みがわかる心豊かな人材を育成すること。

(3)地域社会への貢献

県民や地域の看護職との交流を図りながら、地域社会の保健、医療、福祉に貢献すること。

教育理念

社会で生活する人々に対する理解を深め、看護に関する専門知識・技術の修得とともに、豊かな人間性と幅広い視野や、科学的根拠に基づく問題解決能力など看護実践に関する総合的能力を養うことにより、地域社会における健康と福祉の向上に貢献し、看護の社会的使命を十分担うことのできる人材を育成します。さらに、看護学の進展に寄与できる人材を育成します。

教育目標(卒業生像)

1.生命に対する深い畏敬の念はもとより、人に対する深い理解と倫理観を基盤に人の喜びや苦しみを分かち合える豊かな人間性を養います。 2.人々を取り巻く生活環境や社会環境を総合的な視野から試行できる能力と、社会情勢の変化や科学の発達に対応できる自主的・創造的学習能力を養います。 3.高度の専門知識・技術を修得するとともに、一人ひとりの看護ニーズに適切に対応できるように科学的根拠に基づく問題解決能力を養います。 4.看護の果たすべき役割を理解し、看護をより有効に機能させるため、保健・医療・福祉等人間の健康を支援する社会システムとの連携・調整能力を養います。 5.国際的な視野をもって、幅広く活動できる能力を養います。 6.看護職者として、看護学の進展に寄与できる教育・研究の基礎的能力を養います。

アドミッション。ポリシー

看護学とは、人や社会と向き合い健康に関わるケアを実践していく学問である。本学は、総合的な判断力を持つ自律した看護師を育てることを目指し、「建学の精神」を理解した次のような特質をもつ人を受け入れる。 1.生命の尊厳に対する感性と想像力をもち、自他ともに大切にできる人 2.生物学的なヒトから社会で生活する人間までを科学的に理解するための基礎学力を有する人 3.新たな学びや課題に向き合い、主体的に考え行動できる人

本学で学ぶために必要な能力や適性等、および入学志願者に求める入学までの取り組み

1.感性

看護は人を対象とした学問であり実践です。そのためには、人に関心をもち、その人の置かれている状況を考え、共感しようとする力が必要です。日頃から、家族、友人、人生の先達、そして自分を大切にする態度を心がけ、コミュニケーション力の向上に努めてください。

2.思考力

看護の対象である人を理解するためには、生物学的な「ヒト」、身体・心理・社会的側面をもつ「人」、社会関係の中で生活する「人間」を理解することが必要です。また、様々な看護場面では、根拠のある判断、筋道の通った考え方とそれを伝える力や、柔軟に思考し広い視野から物事を考え、追及していくことも必要になります。そのためには、高等学校の主要教科科目の知識を習得し、十分な基礎学力を有し思考する力が求められます。

3.主体性

看護職は、保健医療福祉分野の課題に向き合い、解決する主体性が求められます。そのためには、国内外の社会の動向に関心をもっていること、物事を理解し疑問をもって学修する姿勢が望まれます。また、自分自身の生活や体調を管理し整えていく自己管理能力を身に付けておくことも必要です。

大分県立看護科学大学の推薦入試の実施状況

大分県立看護科学大学では、看護学部看護学科で推薦入試が実施されています。 募集人数は30人です。

推薦人数

高等学校又は中等教育学校において推薦できる人数は、出願資格を満たしていれば特に制限しません。

2021年度本学入学者選抜の変更について(予定)

2021年度大分県立看護科学大学入学者選抜について、下記の変更を予定しておりますので、あらかじめお知らせします。 本学学部入試の呼称を以下のとおり変更します。 (変更前)→(変更後) 一般入試 → 一般選抜 特別入試(推薦) → 学校推薦型選抜 特別入試(社会人) → 社会人選抜 特別入試(私費外国人留学生) → 私費外国人留学生選抜

学校推薦型選抜

1. 出願書類 「推薦書」について、本人の学習歴や活動歴を踏まえた「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関する評価の記載を求めます。 また、主体性の評価として、調査書の「指導上参考となる諸事項」の欄を評価します。 「学びのデータ」(高大接続ポータルサイト「JAPAN e-Portfolio」)の活用も可能です。 詳細は、入学者選抜要項及び学生募集要項を確認してください。 2.主体性等の評価 アドミッション・ポリシーに基づいて、推薦書・調査書・志願者本人が記載する資料等を面接に活用し、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を評価・点数化します。また、提出書類の記載内容のうち、以下の項目について評価・点数化し、面接点とあわせて合否判定に反映します。 詳細は、入学者選抜要項及び学生募集要項を確認してください。 【項目】 ●看護に関する探究活動 ●行動の特徴、特技等 ●部活動、ボランティア活動、留学・海外経験等 ●取得資格、検定等 ●表彰・顕彰等の記録 ●その他の特記事項 3.選抜試験の配点 配点を以下のとおりとします。 総合問題200点、面接等50点、計250点 注1)面接等50 点に、提出書類の評価点20点を含みます。

大分県立看護科学大学の推薦入試の募集概要

大分県立看護科学大学公式ホームページでは、推薦入試の募集概要を以下の通り定めています。

出願資格

次の(1)~(4)の全てに該当し、高等学校長が責任を持って推薦できる者とします。なお、大学入試センター試験を受験する必要はありません。 (1)大分県内の高等学校又は中等教育学校を平成31年3月卒業見込みの者 (2)調査書の教科の評定平均値4.0以上の者 (3)看護学に深い関心を持ち、本学卒業後、その専門分野における実践及び教育研究に携わっていく意欲を有する者 (4)合格した場合、本学に必ず入学することを確約できる者

選考日程

出願期間:平成30年11月1日(木)~11月7日(水) 試験日:平成30年11月23日(金・祝) 合格発表日:平成30年12月4日(火)

選考方法

面接の結果が一定の基準に達した者の中から、総合問題と面接の結果及び調査書等を総合的に評価します。 「総合問題」は、一般教養及び論理的思考力を総合的に評価できる問題とします。 面接は段階評価を行い、その評価が一定基準に達しない場合は不合格とします。 得点が配点の50%以下の場合は、総合点にかかわらず不合格となります。

必要書類

①A票 志願票(原票) 入学考査料( 振込依頼書) ②B票 写真票 ③C票 受験票 調査書 ④D票 志望理由書(2枚) ⑤E票 推薦書 ⑥F票 個人調書 ⑦G票 受験票返送封筒 ⑧H票 連絡用宛名票 ⑨出願用封筒

大分県立看護科学大学の推薦入試の倍率

最後に、大分県立看護科学大学の推薦入試の過去の倍率をご紹介いたします。

平成31年度

募集人数30人 受験者数84人 合格者数31人 倍率2.9倍

平成30年度

募集人数30人 受験者数114人 合格者数34人 倍率3.4倍

平成29年度

募集人数30人 受験者数101人 合格者数36人 倍率2.8倍 さらに、志望理由書の書き方など、AO入試・推薦入試のことを知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

各学部