國學院大學のAO入試情報やAO入試対策についてわかりやすく解説! | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:00〜21:00

國學院大學は、東京都渋谷区に本部を置く私立大学です。神職養成機関として設立された経緯があり、神道文化学部があるのが大きな特徴です。
今回は、そんな國學院大學のAO入試について、募集人員から過去の倍率まで詳しくご紹介いたします・

國學院大学のAO入試とは?

國學院大学のAO入試は、「公募制自己推薦(AO型)」と呼ばれています。これは、國學院大学の推薦・特別選考等入学試験の中では一番募集人員が多い選抜方式となっています。

各学部・学科の募集人員(公募制自己推薦AO型)

文学部

日本文学科:20名
中国文学科:5名
外国語文化:12名
史学科:13名
哲学科:10名

神道文化学部:

フレックスA(夜)
フレックスB(昼)

法学部

法律学科:24名
政治学科:2名

経済学部

経済学科:14名
経済ネットワーキング学科:16名
経営学科:12名

人間開発学部

初等教育学科:12名
健康体育学科:16名
子ども支援学科:12名

國學院大学公募制自己推薦AO型の試験日程

文・神道文化・法・人間開発

出願期間:9月26日(水)~10月3日(水)
一次選考(書類選考)合格発表日:10月19日(金)
2次選考試験日:11月11日(日)
最終合格発表日:11月21日(水)
入学手続期間:11月22日(木)~29日(木)

経済学部

出願期間:9月19日(水)~9月26日(水)
一次選考(書類選考)合格発表日:10月10日(水)
2次選考試験日:10月21日(日)
最終合格発表日:11月1日(木)
入学手続期間:11月22日(木)~11月29日(木)

國學院大学公募制自己推薦AO型の出願資格

國學院大學公式ホームページによると、公募制自己推薦AO型入試学部に出願できるのは、以下のいずれかに該当する人です。

・ 高等学校(特別支援学校の高等部を含む)又は中等教育学校を卒業した者、および平成31年3月卒業見込みの者。
・ 高等専門学校の3年次を修了した者、および平成31年3月修了見込みの者。
・ 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、および平成31年3月31日までに修了見込みの者、又はこれらに準ずる者で文部科学大臣が指定した者。
・ 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定した在外教育施設の課程を修了した者、および平成31年3月31日までに修了見込みの者。
・ 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者、および平成31年3月31日までに修了見込みの者。
・ 文部科学大臣が指定した者。
・ 高等学校卒業程度認定試験に合格した者、および平成31年3月31日までに合格見込みの者で、平成31年3月31日までに18歳に達する者。
・ 本学において、個別の入学審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成31年3月31日までに18歳に達する者。

國學院大学公募制自己推薦AO型の選考方法(学部・学科別)

國學院大学の公募制自己推薦AO型の選考方法について紹介していきます。

文学部日本文学科

第一次選考(書類選考)

課題レポート「なぜ日本文学科で学びたいのか」(800文字程度)
エントリーシート

第二次選考

筆記試験(古文を読んで記述・80分)
面接試験(約20分、大学での勉学・研究に対する目的意識・修学意欲などについての面接を行う。)

文学部中国文学科

第一次選考書類選考

自己推薦書(900~1,000文字、入学後の4年間で実現したいと思う志望について、具体的に詳しく記述する)
活動報告補及び添付資料
履歴書(社会人に対する第一次選考免除の条件での申請書のみ)

第二次選考

授業の受講とレポート作成(50分の授業を受け、授業内容に関するレポートを作成)
面接試験(約20分、大学での勉学・研究に対する目的意識・修学意欲などについて)

文学部外国語文化学科

第一次選考

自己推薦書(900~1,000文字)
活動報告書及び添付資料

第二次選考

筆記試験(英語と400字程度の日本語小論文・90分)
面接試験(約20分、大学での勉学・研究に対する目的意識、修学意欲などについて)

なお、次のいずれかの資格・検定を取得している人は、申請をすることで第二次選考の筆記試験が免除されます。
・ 実用英語技能検定(英検)準一級以上
・ TOEFL iBT 61点(PBT500点)以上。
・ TOEIC 600点以上

文学部哲学科

第一次選考

レポート(800文字程度)
書籍、美術作品、映画などを一つ取り上げ、それについて紹介し、どのような点に深く関心を持ったのかとその理由を示す。書籍の場合は第二次選考の課題と異なるものを選ぶこと。

自己推薦書(900文字~1000文字)
これまでの学習と関連付けて、入学後に学びたいことについて記す。

第二次選考

小論文試験(1000文字程度 90分)
あらかじめ次の課題図書のうち一冊を読んでいることを前提とした試験を行う。
課題図書は試験当日持参しておくこと

【課題図書】
・ トゥーゲントハットほか『ぼくたちの倫理学教室』、鈴木崇夫訳(平凡社新書)
・ 鷲田清一著『ちぐはぐな身体』(ちくま文庫)

面接試験(約20分、大学での学問・研究に対する目的意識・修学意欲などについて)

神道文化学部

第一次選考

レポート(岡田莊司編『日本神道史』(吉川弘文館)を読んだ感想文)
課題図書では、「Ⅰ 神道とは何か」「Ⅲ 神社の分布と神道の現在」のいずれか一つ、または「Ⅱ 神道の歴史」のうち「一 祭祀の誕生」から「五 新たな神道体制の確立」までの五節の中で1つを選んで、内容の要約(400字程度)と自らが興味・関心を持った点について合わせて2,000文字程度で論述する。

自己推薦書(800文字~1000文字程度)
活動報告書および添付資料

第二次選考

授業の受講とレポート作成(60分の授業を受け、授業内容に関するレポート作成する)
面接試験(約20分、大学での勉学・研究に対する目的意識・修学意欲などについて)

法学部

第一次選考書類選考

エントリーシート(「志望理由について」「あなた自身のこと」「社会への関心」という3つの項目につき、所定の様式に従って記入する)

レポート(1,200~2,000文字)
平成31年度のテーマは次の通りです。
「カジノ解禁に関しては、2016年12月に『特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律』(通称、lR推進法またはカジノ法)が公布・施工されましたが、その後も議論が続けられています。それに関して、解禁を認めるべきとする見解(肯定説)は、世界では解禁している国が多数である点などを、解禁を認めるべきではないとする見解(否定説)は、ギャンブル依存症が増加するおそれがある点などを、それぞれ根拠として挙げています。
そこで、カジノ解禁の是非をテーマとし、下記(1)~(3)を内容とする1,200~2,000字のレポートを作成してください。その際は、肯定説に立つ文献と否定説に立つ文献をバランスよく読むこと。」

(1) カジノ解禁の議論では、「統合型リゾート」(通称lR)という用語が使われています。この用語の意味を説明してください。(字数の目安:100~200字)
(2) 肯定説と否定説について、その根拠を含めてそれぞれ具体的に紹介してください。(字数の目安:550~900字)
(3) 解禁の是非について、あなたは、どのように考えますか。理由を付して、あなたの考えを記してください。その際は、他説の根拠に対して必ず反論すること。なお、あなたがどのような立場に立つかは、合否と直接関係しません。(字数の目安:550~900字)

第二次選考

自己アピール(5~10分、いかに自分が本学法学部で学ぶ意欲を有しているのか、そして入学に値する人物であるかを口頭でアピールする)

面接試験(20分程度、第一次選考の際に提出したレポートやエントリーシート、また自己アピールの内容などに関する質問に回答する)

経済学部のK-ENT方式とは?

経済学部の選考方法は「K-ENT方式」といい、各学科のアドミッション・ポリシーのいずれかの項目についての発表・レポート・特別受講・面接・試験などによって、選考する方式です。

また、アドミッション・ポリシーへの適合度及び、高校生としての基礎学力・日本語能力・意欲・表現力を総合的に判断されます。
このK-ENT方式では、出願時に以下の書類が必要になります。

調査書
レポート:各K-ENT方式によって課題の指定が異なるので、高大接続型は不要です。
エントリーシート

エントリーシートに記載する項目

1. 高校の部活およびその他の課外活動におけるエピソードを書いてください。
2. 高校の授業の中で印象に残ったことについて書いてください。
3. 1・2以外に高校生活で身につけたアピールできること(資格や特技など)について書いてください。
4. 本学を知ったきっかけを書いてください。
5. 経済学部および選んだ学科を志望した理由を書いてください。
6. 大学生活における目標と卒業後の進路について書いてください。
7. 5・6を踏まえて残りの高校生活で何をすべきか考えたことを書いてください。

経済学部K-ENT発表型

第一次選考

調査書(評定平均値3.8以上)
エントリーシート(K-ENT共通)
自由テーマレポート(所定書式に手書きまで3,000文字)

自由テーマレポートは、志望学科のアドミッション・ポリシーのいずれかを選択し、それに対応するテーマを自分で決めて作成します。書き方については、課題レポート+面接型のアウトラインを参考にしてください。
また、図表などの資料については1点につき200字に換算されます。

第二次選考

試験日にレポートで提示したテーマで発表を行う。(20分)うち、質問と面接は10分間行われます。
発表には資料を持ち込むことが出来ます。パワーポイントなどのスライドの場合はコンパクトにレイアウト印刷を2部作成してください。

経済学部K-ENT課題レポート+面接型

第一次選考

調査書(評定平均値4.0以上)
課題レポート(所定書式に手書きで3000文字)
出願する学科に応じた課題が提示されるので、その中から1つ選択して、課題の指示に従って作成すること。

第二次選考

第二次選考の面セルは、主に課題レポートについての質問がなされます。エントリーシートの記載事項について質問されることもあります。

人間開発学部

第一次選考

エントリーシート
レポート(2000文字程度、人の育ちを支援するという観点から目指す将来像についての考えをまとめて記述する)

自己推薦書(900~1,000文字)
活動報告書及び添付資料(資格及び検定、またはスポーツなどで優秀な成績を持つ者は添付資料目録に記載し、証明書などのコピーを必ず添付しておくこと)

第二次選考

小論文試験(1,000文字程度)
面接試験(大学での勉学・研究に対する目的意識や修学意欲などについて)

実技試験(5分以内)【子ども支援学科のみ】
手遊び・うた・お話し・遊戯などの子供向けのパフォーマンス。パフォーマンスの意図について簡単に説明したうえで実演し、用具などが必要な場合は各自持参すること。

國學院大学公募制自己推薦(AO型)の倍率は?

文学部

日本文学科:5.4
中国文学科:1.0
外国文化学科:2.2
史学科:4.3
哲学科:3.4

神道文化学部

神道文化学科:3.8

経済学部

経済学科

研究発表型:2.6
学科AP型:1.0
読書レポート:1.5
高大接続:1.0

経済ネットワーキング学科

研究発表型:1.0
学科AP型:1.0
読書レポート:1.0

経営学科

研究発表型:2.3
学科AP型:2.6
読書レポート:2.0

人間開発学部

初等教育学科:2.8
健康体育学科:2.4
子ども支援学科:1.4

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • ご相談、お悩み、ご要望など