0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年12月20日 最終更新日:

武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)対策

東京都練馬区に本部を置く武蔵大学は、「ゼミの武蔵」と言われるほど少人数教育に力を入れており、高い就職実績を誇っています。 ここでは、そんな武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)について解説いたします。

武蔵大学のアドミッションポリシー

武蔵大学公式ホームページでは、大学および各学科のアドミッションポリシーを以下の通り定めています。

全学

武蔵大学は、学園建学の三理想に基づいて大学の教育の基本目標を定め、これらをもとに各学部・研究科の人材養成の目的と教育研究上の目的を定めています。こうした本学の教育理念や教育目標を充分に理解し、グローバル市民として成長しようとする意欲のある次のような学生を受け入れます。 1.学園建学の三理想ならびに自立・対話・実践という武蔵大学の教育の基本目標を共有することができる人 2.広くリベラルアーツを学び、専門的な知識を修得し、主体的に他者と協働して社会に貢献しようとする意欲のある人 3.本学での学修に必要な基本的な学力を有している人 4.グローバルな思考力を養い、異文化を理解するために必要な、充分な外国語能力を身につける意欲のある人 5.多様な人々の人権を尊重しようとする人 本学では、多様な形態による入学試験によって、本学での学修に必要な基本的な学力や学習意欲などを多面的に評価します。具体的な内容については、各学部・学科のアドミッション・ポリシーで定めます。

人文学部

1. 高等学校等での学習に真剣に取り組み、基礎的な知識・技能、思考力、判断力、表現力を身につけ、主体性と協調性を備えていて、各学科のアドミッション・ポリシーをよく理解したうえで入学を強く希望する人 2. グローバル市民の自覚をもって自文化と異文化を深く理解する意欲のある人。特定の地域およびその地域の言語を集中的に学んで身につける一方、世界の諸地域の文化的多様性に目を向け、多言語・多文化学習を志す人 3. 主体的に研究課題を選び出し、自ら調べて考え抜き、他者と協力し、研究の分担を決めて自分の役割を果たす姿勢のある人。具体的には、少人数制のゼミナール、実習、卒業論文、卒業論文相当のプロジェクト授業に能動的に取り組み、単独で深く学ぶ姿勢、協調と協働の精神、そしてリーダーシップを総合的に身につけたい人 4. 対話や討論を行いながら研究を推進し、現地調査も積極的に行うなかで明確な結論を導き出し、それらを文書および口頭で、現代的なツールを用いて効果的に表現する力を身につけたい人 5. 学部共通のグローバル・スタディーズコース(GSC)英語プログラムに関しては、英語で行われる専門講義やゼミナールに参加し、世界の諸地域の複雑な相互関係について広く学び、グローバルな規模で共有されている英語文学を読み、日本の古今の文化現象について調べ、英語で語る発信力を得たいと希望している人 6. 日本語教員プログラムについては、諸外国の人々に日本語を教えるなかで国際協力・国際親善の推進に寄与する意欲のある人

英米文化学科

1.「言語・言語教育」「文学・芸術」「歴史・社会・文化」の3領域を中心として、イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の文化に強い関心をもつ人 2. 英語を集中的に学んでコミュニケーション能力を高め、海外留学に挑戦し、グローバル化する21世紀の世界において活躍できる実践力を身につけ、将来、英語を使う仕事に就きたいと願う人

人文学部ヨーロッパ文化学科

1.「言語と文学」「芸術と生活」「歴史と思想」「環境と社会」の4領域を中心として、ヨーロッパ世界の文化に強い関心をもつ人 2. 英語だけでなくドイツ語やフランス語を集中的に学び、国際的なコミュニケーション能力を身につけ、海外留学に挑戦し、グローバル化する21世紀の世界において活躍できる実践力を身につけ、将来、社会人として日本と ヨーロッパの交流の担い手になる意志のある人。GSCドイツ語プログラム、フランス語プログラムに関しては、高度かつ集中的な語学教育と授業外指導を特別に受け、留学をはじめとする国際交流に能動的に取り組み、当該言語での口頭発表や論文執筆などにも挑戦したい人

人文学部日本・東アジア文化学科

1.「ことば・文学・思想」「芸術・身体・環境」「歴史・民俗・宗教」の3領域を中心として、日本および東アジアの歴史と文化に強い関心をもつ人 2. 英語だけでなく中国語や韓国・朝鮮語を集中的に学び、国際的なコミュニケーション能力を身につけ、海外留学に挑戦し、グローバル化する21世紀の世界において活躍できる実践力を身につけ、将来、社会人として国際的に活躍したいと願う人。GSC中国語プログラム、韓国・朝鮮語プログラムに関しては、高度かつ集中的な語学教育と授業外指導を特別に受け、留学をはじめとする国際交流に能動的に取り組み、当該言語での口頭発表や論文執筆などにも挑戦したい人

社会学部社会学科

社会学科では、社会のあり方や人間の行動を学ぶにたる基礎学力をもち、さまざまな視点から新しい社会のあり方を構想しようとする意欲をもった学生を受け入れます。自分自身の問題を他者と結びつけ、人間と社会との関係性という視点から考察するとともに、社会的問題を敏感に発見しその解決方法について自ら情報やデータを収集・ 分析し、異なる価値観をもつ多様な人々と協働できる学生を求めています。

社会学部メディア社会学科

メディア社会学科では、社会のあり方や人間の行動を学ぶにたる基礎学力をもち、社会で起こっているさまざまな事象に関心をもつ学生を受け入れます。また、メディア情報を分析して読み解くと同時に、自ら情報を収集し、判断を行った上で、自分の考えや情報コンテンツを地域社会やグローバルな世界に向かって発信しようとする意欲をもつ学生の入学を期待しています。

武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)の実施状況

武蔵大学で総合型選抜(旧AO入試)を実施しているのは、人文学部と社会学部の2学部5学科です。 それぞれの募集人員は以下の通りです。 人文学部
  • 英米文化学科:10名
  • ヨーロッパ文化学科:8名
  • 日本・東アジア文化学科:8名
社会学部
  • 社会学科:3名
  • メディア社会学科:3名

武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)の選考日程

  • 出願期間:令和1年8月26日(月)~9月3日(火)
  • 試験日:令和1年10月6日(日)
  • 合格発表日:令和1年10月11日(金)

武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)の募集概要

武蔵大学公式ホームページでは、総合型選抜(旧AO入試)の募集概要を以下の通り定めています。

総合型選抜(旧AO入試)の方式

各学部・学科で、総合型選抜(旧AO入試)の方式は異なります。 人文学部
  • 語学力・文化理解力重視方式<検定スコア>
  • 語学力・文化理解力重視方式<課題研究>
  • GSC英語4技能判定方式
社会学部社会学科
  • テーマレポート方式
  • 将来計画書方式
社会学部メディア社会学科
  • 将来計画書方式
  • 作品方式
  • クリエイティブ・チャレンジ方式

出願資格

本学の教育内容を十分理解した上で、出願志望の学科で学ぶことを強く希望し、かつ以下のいずれかの条件に該当する者。 (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者、及び2020年3月までに卒業見込みの者。 (2)通常の学校教育における 12 年の課程を修了した者、及び2020年3月までに修了見込みの者。 (3)学校教育法施行規則第 150 条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる者、及び2020年3月31日までにこれに該当する見込みの者。 (4)上記(1)~(3)の出願資格に加え、各学科の方式別に定められた条件等を満たすこと。

方式別の条件

語学力・文化理解力重視方式<検定スコア>、GSC英語4技能判定方式 1.ケンブリッジ英語検定140以上 2.実用英語技能検定CSE1950以上 3.GTEC960点以上 4.IELTSオーバーオール・バンドスコア4.0以上 5.TEAP225点 6.TEAP CBT420点 7.TOEFL iBT 42点以上 8.TOEIC L&R/S&W 1150点以上

選考方法

  • 一次選考:書類審査
  • 二次選考:筆記試験、面接(主として日本語)
以下の方式については、書類審査にこれらの要素が含まれます。
  • 語学力・文化理解力重視方式<課題研究>:課題研究のレポート
  • テーマレポート方式:自己紹介書、テーマレポート
  • 将来計画書方式(GDS):自己紹介関連書類、将来計画書
  • 作品方式:自己紹介書、作品・作品紹介レポート
  • クリエイティブ、チャレンジ方式:自己紹介書、特色ある活動、自己PR表現、課題作文

出願書類

  • 志願票
  • 調査書
  • 志望理由書
  • 宛名カード
※方式別提出書類
  • 語学力・文化理解力重視方式<検定スコア>、GSC英語4技能判定方式:外国語検定の合格証明書又はスコアを証明する書類の写し
  • 語学力・文化理解力重視方式<課題研究>:課題研究のレポート
  • テーマレポート方式:自己紹介書、テーマレポート
  • 将来計画書方式:自己紹介書、自己アピール文、将来計画書
  • 作品方式:自己紹介書、作品、作品紹介レポート、作品添付票
  • クリエイティブ・チャレンジ方式:自己紹介書、推薦状、特色ある活動、自己PR表現、課題作文

武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)の倍率

最後に、武蔵大学の総合型選抜(旧AO入試)の過去の倍率をご紹介いたします。

2019年

  • 人文学部:募集人員20名、志願者数148名、合格者数46名、倍率3.2倍
  • 社会学部:募集人員51名、志願者数1812名、合格者数324名、倍率5.6倍

2018年

  • 人文学部:募集人員20名、志願者数90名、合格者数49名、倍率1.8倍
  • 社会学部:募集人員51名、志願者数2004名、合格者数398名、倍率5.0倍

各学部