日本大学のAO入試について、わかりやすく解説してみました | AOI

今すぐお電話を!

0120-335-440

対応時間10:00〜21:00

2018.8.31

日本大学のAO入試対策

日本大学は1889年に創立された私立大学です。非常に規模の大きい大学で、キャンパスは学部ごとに分かれており、都内を中心に10箇所以上存在しています。「自主創造」を理念とし、自主性の溢れる人材の育成を目指しています。

日本大学のAO入試の実施状況

日本大学では、商学部、医学部、歯学部、危機管理学部を除いた学部でAO入試を実施しています。募集人数には学部ごとのばらつきがありますが、AO入試で入学する学生は学年全体の5~10%ほどです。

日本大学のAO入試の難易度は?

日本大学のAO入試の倍率は、学部にもよりますが1.1~3倍程度の場合が多いです。
ただし、文理学部体育学科は2017年度、2018年度と続けて13.5倍で、AO入試としては飛び抜けて高くなっています。また、芸術学部放送学科の倍率もこれに次いで高く、2017年度は7.0倍、2018年度は7.7倍です。体育学科の一般入試の倍率は20倍以上となりますが、放送学科の一般入試倍率4.5倍なため、放送学科に関してはAO入試の方が高倍率という結果になっています。

aoiでは、プレゼンテーションやグループディスカッションにも対応した面接対策講座を開講しています。興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。

法学部

法学部では、第一部(昼間部)法律学科(法職課程)でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

第一部(昼間部)法律学科(法職課程):10名

入学者受け入れの方針

法律学科が目指しているのは、法的な思考によって社会が抱える問題や日常の生活のもめごとを解決あるいは防止できる能力(紛争解決能力)のある人材を養成し、社会に貢献することです。紛争解決能力を養うにあたって重要なのは、単に法律学の知識を習得するだけでなく、法を学ぶことによって社会に対して常に関心を持つこと、論理的な思考をすること、議論を行いながら他人との健全なコミュニケーションを図ることです。
このような観点から、入学試験では、経験や知識だけでなく法や社会に対する関心の高さや責任感や勉学への意欲、他社の考えを理解しつつ自らの意思を強く保つ態度などを見ながら評価します。

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者
(1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者または2019年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(高等専門学校の第3学年修了者等)または2019年3月修了見込みの者
(3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者 または2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者(学校教育法施行規則第150条)

出願要件

次の(1)及び(2)の要件を全て満たす者
(1)司法試験及び司法書士試験などの難易度の高い資格試験にチャレンジして法曹(裁判官・検察官・弁護士)または準法曹(司法書士等)といった法律専門職を目指そうとする者
(2)法律学科法職課程の教育内容を理解し、合格した場合には法律学科法職課程に必ず入学する者

入試日程及び選考方法

出願期間:8月9日(木)~8月18日(土)郵送必着
第一次選考(書類選考)合格発表:8月31日(金)
第二次選考試験日:9月16日(日)
合格発表:9月22日(土)

経済学部

日本大学経済学部では、経済学科、産業経営学科、金融工業経済学科でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

経済学科(国際コースを除く):プレゼン型6名、資格所得型6名
産業経営学科:プレゼン型6名、資格所得型10名
金融公共経済学科:プレゼン型4名、資格所得型4名

入学者受け入れの方針

プレゼン型
(1)経済学部が定めるディプロマ・ポリシーを理解し、共感する者
(2)経済学・経営学・会計学に関して問題を発見し、解決するために意欲的に学修を継続できる者
(3)明確な目的意識と強い意欲を持ち、目標の達成に向けて努力できる者

資格取得型
経済学部が定めるディプロマ・ポリシーを理解し、共感する者
取得した資格を生かし、より高度な専門性を身につけるため経済 学・経営学・会計学の修得に強い意欲を持って学修を継続できる者
明確な目的意識と強い意欲を持ち、目標の達成に向けて努力できる者

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者
(1)高等学校または中等教育学校(資格取得型は日本の高等学校または中等教育学校)を2019年3月卒業見込みの者(資格取得型は2018年3月卒業者も出願可能)
(2)通常の課程による12年の学校教育を2019年3月修了見込みの者(資格取得型は2018年3月修了者も出願可能)
(3)2018年4月1日 から2019年3月31日(資格取得型は2017年4月1日から2019年3月31日)までに高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる要件等を満たした者及び満たす見込みのある者で、入学時点で満18歳に達する者

出願要件

(1)プレゼン型・資格取得型共通:経済学部の教育理念及び求める学生像を理解し、日本大学経済学部を第一志望とする者
(2)プレゼン型:出願資格(1)の場合、第3学年第1学期または前期までの評定平均値3.5以上の者
(3)資格取得型:次の1~6のいずれかに該当する者
①実用英語技能検定2級以上合格
②TOEFL iBTScore 45 以上
③TOEIC(旧形式を含む)Score 470以上
④全国商業高等学校協会主催の検定試験(簿記・英語・商業経済)のうち二つ以上の分野で1級を取得
⑤日商簿記検定2級以上合格
⑥基本情報技術者試験合格

入試日程及び選考方法

エントリーシート受付期間:8月1日(水)~8月8日(水)消印有効
第一次選考出願期間:8月20日(月)~8月24日(金)郵送必着
第一次選考合格発表日:9月7日(金)
第二次選考出願期間:9月10日(月)~9月14日(金)FAX必着
第二次選考試験日:10月7日(日)
合格発表日:10月15日(月)

国際関係学部

国際関係学部では、国際総合政策学科と国際教養学科でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

国際総合政策学科:30名
国際教養学科:15名

入学者受け入れの方針

国際関係学部では、日本大学の理念「自主創造」のもと、知識を世界に求める人材の育成を目的としています。国際関係学部では、自らの価値を高め世界で活躍できるように、知りたいという好奇心、学びたいという探究心に応える教育を目指しています。
主に求めているのは、世界の多様な民族・言語・宗教・文化・社会・環境などをグローバルな視点で学びたい人、国際社会で活躍するために多彩な個性(海外留学経験や外国語運用能力、集団におけるリーダーシップやコミュニケーション能力の実践、スポーツ・文化活動の成果等)を持つ意欲の高い人などです。
また、高等学校では世界及び日本の地理・近現代史の学業内容から異文化への興味を高め、理解を深めていることが望ましいとされています。

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者
(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者および2019年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(高等専門学校第3年次修了者等)および2019年3月修了見込みの者
(3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者(学校教育法施行規則第150条)

出願要件

(1)国際関係学部のアドミッションポリシーおよび教育内容を理解し、国際関係学部を第一志望とする者
(2)次の方式(A-1・2、B、C-1~4)の7項目のうち、いずれかに該当する者
A 海外経験・語学力活用方式
1 中学校・高等学校または中等教育学校在学中に6か月以上の海外留学経験等を通じて、国際感覚や国際的視野を身につけた者
2 外国語の能力に優れ次のいずれかを満たしている者
・英語
(1)実用英語技能検定 2級以上合格
(2)TOEFL iBT 54、CBT 157、PBT 480以上
(3)TOEICL&R(旧形式を含む) 520以上
(4)IELTSTM 4.5以上
(5)CAMBRIDGE PET以上
・ドイツ語
(1)ドイツ語技能検定 4級以上
(2)CEFR基準 A1以上
・フランス語
(1)実用フランス語技能検定 準2級以上
(2)DELF A2以上合格
・スペイン語
(1)スペイン語技能検定 4級以上
(2)DELE A2 以上合格
・中国語
(1)中国語検定 2級以上合格
(2)新HSK 5級以上
・韓国語
(1)韓国語能力試験 2級以上
(2)ハングル能力検定試験 4級以上合格
※その他の言語については、上記レベルと同等の基準で判断されます。
※上記要件と同等レベル以上が示される場合も、出願が認められる場合があします。
B ディスカッション方式
グループディスカッションを通して、集団の中におけるリーダーシップ・積極性・協調性及びコミュニケーション力を実践できる者
C 文化・芸術・スポーツ等方式
1 高等学校または中等教育学校後期課程(高等部)在学中に文化・芸術の分野において、公的機関及び公的機関に準ずる機関の主催・後援による全国大会、地区大会に出場した者、または都府県大会で入賞した者(※1~3)
2 高等学校または中等教育学校後期課程(高等部)在学中に社会貢献活動、ボランティア活動等において継続的に熱心に取り組み、公的な証明を得られる者(※3)(※短期間のボランティア活動は対象となりません)
3 高等学校または中等教育学校後期課程(高等部)在学中にスポーツの分野において、公的機関及び公的機関に準ずる機関の主催・後援による全国大会、地区大会に出場した者、または都府県大会で個人競技はベスト4以上の者、団体競技においてはベスト8以上の成績を収めたチームで指導的役割を果たした者、あるいはレギュラーまたはそれに準ずる選手(大会登録選手)として活躍した者(※1~3)
4 国際関係学部のスポーツ強化対象競技である硬式野球部、女子硬式野球部、女子駅伝部、チアリーディング部について、高校在学中3年間、各部に所属し将来有望な選手として、学校長、所属クラブの監督及び顧問の推薦があり、本学部入学後これらの運動部に入部する者

※1 地区大会:北海道大会・東北大会・関東大会・北信越大会・東海大会・近畿大会・中国大会・四国大会・九州大会等
※2 私学大会については、全国大会出場のみを対象とする。(地区私学大会以下は対象としない)
※3 2018年8月26日(日)までのものを対象とし、公的証明書等(写し可)を必要とする。

入試日程及び選考方法

書類提出期間:8月27日(月)~8月31日(金)郵送必着
書類審査結果通知:9月8日(土)
出願期間:9月18日(火)~9月20日(木)郵送必着
入学試験日:9月30日(日)
合格発表日:10月8日(月・祝)

理工学部

理工学部では、全14学科でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

土木工学科:25名
交通システム工学科:15名
建築学科:6名
海洋建築工学科:15名
まちづくり工学科:8名
機械工学科:3名
精密機械工学科:13名
航空宇宙工学科:2名
電気工学科:8名
電子工学科:7名
応用情報工学科:8名
物質応用化学科:8名
物理学科:7名
数学科:7名

入学者受け入れの方針

各学科それぞれにアドミッションポリシーがあり、各専門分野の研究に熱意と適性のある学生を募集しています。

出願資格

(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者および2019年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(高等専門学校第3年次修了者等)及び2019年3月修了見込みの者
(3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者(学校教育法施行規則第150条)

出願要件

次の(1)~(3)を全て満たす者
(1)志望学科での勉学に強い意欲を持ち、理工学部の教育と研究環境を活用して目標を実現する強い意志を有する者
(2)次の1~4のいずれか一つ以上に該当する者
1 学術・文化・芸術・スポーツ分野で積極的に活躍している
2 地域社会や高校において積極的に活動している(ボランティア活動や生徒会活動なども含む)
3 志望分野に関する勉強・情報収集・研究活動などを継続している(数学や理科などの勉強、クラブ活動やサークル活動なども含む)
4 志望分野に関する高い能力・技術を有している(成果発表なども含む)
(3)理工学部を第一志望とし、志望学科にエントリーしていること。
また、各学科で専門分野に特化した出願要件があります。

入試日程及び選考方法

エントリー期間:7月1日(日)~8月27日(月)16時
出願期間:8月20日(月)~8月27日(月)
試験日:9月30日(日)
合格発表日:10月3日(水)

文理学部

文理学部では、全10学科でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

哲学科:3名
史学科:3名
国文学科:3名
中国語中国文化学科:5名
ドイツ文学科:2名
社会福祉学科:7名
体育学科:第1期10名・第2期15名
地理学科:3名
情報科学科:3名
化学科:3名

入学者受け入れの方針

それぞれ学科ごとに、研究分野に熱意と適性のある学生を募集しています。

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者
(1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者または2019年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(高等専門学校の第3学年修了者等)または2019年3月修了見込みの者
(3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者または2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者(学校教育法施行規則第150条)

出願要件

文理学部の出願要件は各学科により細かに異なるため、詳しくは公式ホームページの出願要件を参照しましょう。

入試日程及び選考方法

エントリーシート受付期間
・情報科学科:7月1日(日)~7月20日(金)
・哲学科、史学科、国文学科、中国語中国文化学科、ドイツ文学科、社会福祉学科、地理学科、化学科:7月1日(日)~7月23日(月)
・体育学科:第1期 7月1日(日)~7月23日(月)、第2期 7月1日(日)~8月21日(火)
出願期間
・情報科学科:8月1日(水)~8月6日(月)
・史学科、ドイツ文学科、社会福祉学科:8月1日(~)~8月16日(木)
・哲学科、国文学科、中国語中国文化学科、地理学科、化学科:8月1日(水)~8月30日(木)
・体育学科:第1期 8月1日(水)~8月3日(金)、第2期 8月27日(月)~8月29日(水)
第一次選考(書類審査)
・体育学科(第1期)、情報科学科:8月9日(木)
・史学科、ドイツ文学科、社会福祉学科:8月21日(火)
・哲学科、国文学科、中国語中国文化学科、体育学科(第2期)、地理学科、化学科:9月4日(火)
第二次選考試験
・情報科学科:8月23日(木)・24日(金)、9月15日(土)
・哲学科、国文学科、中国語中国文化学科、体育学科(第1期)、地理学科、化学科:9月15日(土)
・史学科、ドイツ文学科、社会福祉学科、体育学科(第2期):9月22日(土)
合格発表日
・哲学科、国文学科、中国語中国文化学科、体育学科第1期、地理学科、情報科学科、化学科:9月25日(火)
・史学科、ドイツ文学科、社会福祉学科、体育学科第2期:10月2日(火)

芸術学部

芸術学部では、全8学科でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

写真学科:26名
映画学科:20名
美術学科:20名
音楽学科:20名
文芸学科:18名
演劇学科:15名
放送学科:5名
デザイン学科:16名

入学者受け入れの方針

それぞれの学科の専門分野に熱意を持ち、明確な将来の志望を持っている学生を募集しています。

出願資格

高等学校または中等教育学校等を卒業した者あるいは2019年3月卒業見込みの者、及びそれと同等以上の学力があると認められる者

出願要件

(1)試験の内容をよく理解した上で、エントリーを経て審査を通過した者
(2)各学科が求める学生像をよく理解し、芸術学部を第一志望とする者

入試日程及び選考方法

自己紹介アンケート回答期間:7月2日(月)~7月9日(月)
エントリーシート受付期間:8月1日(水)~8月3日(金)
エントリー結果通知:8月23日(木)
出願期間:8月30日(木)~9月4日(火)
試験日:9月16日(日)・17日(月・祝)
合格発表日:10月10日(水)

スポーツ科学部

スポーツ科学部では、競技スポーツ学科がAO入試を実施しています。

募集学科及び募集人数

競技スポーツ学科:68名

入学者受け入れの方針

スポーツ科学部競技スポーツ学科では、以下のような人物を求めています。
①日本のスポーツの競技力の向上を真摯に探求するために、スポーツ科学の最新の知見を活かして競技力を向上させる意志のある人材
②これまでの教育課程で身に付けた学力を基に、競技スポーツに関わる諸問題や課題を発見し、それに対する多面的な情報収集・分析を通して、解決策を導き出す過程を繰り返すことができる能力を身に付ける意志を持った人材

出願資格

次の(1)・(2)のいずれかに該当する者
(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者及び2019年3月卒業見込みの者
(2)高等学校または中等教育学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び満たす見込みのある者で、入学時点で18歳に達している者

出願要件

以下の(1)~(3)の要件の全てに該当する者
(1)スポーツ科学部のアドミッションポリシー及び教育内容を理解し、スポーツ科学部への入学を第一志望とし、合格した場合入学することを確約できる者
(2)スポーツ活動で顕著な活躍が認められた者で、かつスポーツ科学部に入学を強く希望する者
(3)エントリーシートを提出し、AO入試説明会に出席した者

入試日程及び選考方法

エントリーシート受付期間・AO入試説明会:1回目 6月11日(月)~6月29日(金)、2回目 7月31日(火)~8月7日(火)
出願期間:8月21日(火)~8月29日(水)
試験日:9月22日(土)
合格発表日:10月2日(火)

生産工学部

生産工学部では、全9学科がAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

  • 機械工学科:19名
    電気電子工学科:16名
    土木工学科:16名
    建築工学科:16名
    応用分子化学科:16名
    マネジメント工学科:16名
    数理情報工学科:15名
    環境安全工学科:13名
    創生デザイン学科:13名

入学者受け入れの方針

日本大学生産工学部では、高等学校課程までに修得した知識・教養・倫理観を基に、以下の「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。
「求める学生像」
(1)豊かな知識・教養を身につけて高い倫理観を持って社会(日本社会・国際社会)に貢献することを目標とし、その目標に向かって自ら継続的に学修する意欲をもつ人。
(2)問題発見及びその解決のために、必要な情報を収集・分析し、自らの思考力をもって、自らの考えをまとめ、表現しようと努力する人。
(3)グループやチームを通して自己を高め、さらに挑戦することや振り返ることの必要性を理解した上で、経営や生産管理ができる技術者になろうとする人。

出願資格

高等学校または中等教育学校等を卒業した者あるいは2019年3月卒業見込みの者、またはそれと同等以上の学力があると認められる者

出願要件

生産工学部を第一志望とし、志望学科のアドミッションポリシーを理解した上で出願書類を提出できる者

入試日程及び選考方法

出願期間:8月27日(月)~8月31日(金)
入学試験日:9月8日(土)
合格発表日:9月20日(木)

工学部

工学部では、全6学科でAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

土木工学科:6名
建築学科:12名
機械工学科:13名
電気電子工学科:12名
生命応用化学科:8名
情報工学科:14名

入学者受け入れの方針

日本大学工学部は、工学の各専門分野の知識や技術を修得する意欲を持ち、 様々な分野で幅広くグローバルに活躍することを意識している次のような人材を求めています。
1 工学部のカリキュラムを学修する上で、高等学校等における学習内容を基礎となる知識・技能として理解している者
2 自ら考え、行動・創造するための思考力・判断力・表現力等の能力を有し、高い倫理観とグローバルな視点を持つ人間性豊かな技術者になる向上心がある者
3 基本的なコミュニケーション力を有しており、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ意欲がある者

出願資格

高等学校または中等教育学校を卒業した者及び2019年3月卒業見込みの者、またはそれと同等以上の学力があると認められる者

出願要件

工学部を第一志望とする者で、工学部が提唱する「ロハスの工学」を理解し、以下の条件のいずれか一つ以上に当てはまる者
1 地球環境に関する様々な問題の解決に強い意欲を持っている者
2 日本大学工学部の特徴ある研究を理解し、その研究分野に関する高度な知識を得たいと考えている者
3「ものづくり」に夢と情熱を持ち、人間性豊かなエンジニアとして社会に貢献したいという強い意志を持っている者
4 将来の活躍の場を海外と考え、日頃から、国際的な情報収集や語学力の向上に努めている者
5 スポーツ・芸術・文化活動、ボランティア活動、資格取得などにおいて、充実した達成感を持っており、多様な人々と協働して学ぶ意欲がある者

入試日程及び選考方法

出願期間:9月18日(火)~9月22日(土)
入学試験日:9月29日(土)
合格発表日:10月11日(木)

松戸歯学部

松戸歯学部では、歯学科にて1期・2期に分かれてAO入試を行なっています。

募集学科及び募集人数

歯学科:第1期15名、第2期5名

入学者受け入れの方針

日本大学松戸市学部では、歯科医療、福祉等に強い関心を持ち、将来、歯科医療の分野で社会に貢献することを希望し、松戸歯学部での学習に真剣に取組む姿勢が明確な学生を求めています。
記述力、洞察力、表現力等の基礎能力を評価するために大学独自の適性検査(筆記・小論文及び実技試験)を課し、 また、面接による歯科医師としての適性の評価と将来的な期待度の 評価も重視する。

出願資格

(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者及び2019年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(高等専門学校 第3年次修了者等)及び2019年3月修了見込みの者
(3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者。(学校 教育法施行規則第150条)

出願要件

合格した場合松戸歯学部に入学することを確約できる者

入試日程及び選考方法

エントリーシート受付期間:第1期 8月1日(水)~8月8日(水)、第2期 12月3日(月)~12月14日(金)
エントリー結果通知:第1期 8月20日(月)、第2期 12月19日(水)
出願期間:第1期 8月21日(火)~8月27日(月)、第2期 12月20日(木)~12月27日(木)
入学試験日:第1期 9月1日(土)、第2期 2019年1月12日(土)
合格発表日:第1期 9月5日(水)、第2期 2019年1月17日(木)

問い合わせはこちらから

無料でAOIブランドを体感しにきてください。

私たちは、AOI生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • 必須メールアドレス

  • ご相談、お悩み、ご要望など