0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年2月6日 最終更新日:

桜美林大学のAO入試対策

桜美林大学アイキャッチ

桜美林大学のAO入試とは?

桜美林大学のAO入試は、第一回・第二回と地区会場での選考スケジュールが分かれており、第一回とAO入試(地区会場)の両方に出願することが可能です。ただし、出願書類や検定料はそれぞれ必要となるので注意しましょう。 AO入試では合計5つの学群で募集をしていますが、2つの学群を併願することはできません。また、オープンキャンパスなどに参加していなくてもAO入試への出願は可能です。

募集人員

桜美林大学のAO入試の募集人員は以下の通りです。 リベラルアーツ学群:263名 グローバル・コミュニケーション学群:57名 ビジネスマネジメント学群:120名(フライト・オペレーションコースを除く) 健康福祉学群:92名 芸術文化学群:171名

出願資格

桜美林大学公式ホームページでは、全選抜共通で出願資格を以下のように定めています。 次の各号のいずれかに該当する者、または2019年3月31日までに該当する見込みのある者。 1. 高等学校又は中等教育学校を卒業した者 2. 特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者 3. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者(12年未満の課程の場合は、さらに、指定された準備教育課程又は研修施設の課程を修了し、18歳以上である必要がある。) 4. 「外国において、学校教育における12年の課程を修了した者」とは、「外国の正規の学校教育における12年目の課程を修了した者」という意味です。修了した課程が正規の学校教育であるか、何年目の課程であるかはそれぞれの国の大使館等にお問い合わせください。 5. 外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格した18歳以上の者(12年未満の課程の場合は、さらに、指定された準備教育課程又は研修施設の課程を修了する必要がある。)※合格した学力認定試験が12年の課程修了相当の学力認定試験であるかどうかはそれぞれの国の大使館等にお問い合わせください。 6. 外国において、指定された11年以上の課程を修了したとされるものであること等の要件を満たす高等学校に対応する学校の課程を修了した者 7. 我が国において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了した18歳以上の者(12年未満の課程の場合は、さらに、指定された準備教育課程を修了する必要がある。) 8. 高等学校と同等と認定された在外教育施設の課程を修了した者 9. 指定された専修学校の高等課程を修了した者 10. 旧制学校等を修了した者 11. 外国の大学入学資格である国際バカロレア、アビトゥア、バカロレア、GCEAレベルを保有する18歳以上の者 12. 国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた教育施設の12年の課程を修了した18歳以上の者※CISの旧名称であるECISの認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了したものについても入学資格が認められます。 13. 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格した者(なお、18歳に達していないときは、18歳に達した日の翌日から認定試験合格者となる。) 14. 本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者

桜美林大学AO入試の選抜方法および日程

桜美林大学のAO入試の選考は、「一次審査」と「二次審査」の2段階で行われます。全体の評定平均値のみではなく、個々の教科の評定平均値のほか、特別活動の状況、特技や部活動、ボランティア活動などを学群ごとのアドミッションポリシーと照らし合わせて、多面的な審査が行われます。

一次審査の選抜方法・日程

第1回

● 出願登録(インターネット出願):8月22日(水)~8月31日(金) ● 検定料支払い:8月31日(金) ● 出願書類提出期限:8月31日(金) ● 一次デジタル受験票発行開始日:9月7日(金) ● 一次合格発表日:10月5日(金) ● 二次デジタル受験票発行開始日:10月10日(水)15時 ● 試験日: リベラルアーツ、グローバル・コミュニケーション:10月13日(土) ビジネスマネジメント、健康福祉、芸術文化:10月14日(日) ● 二次合格発表日:10月19日(金) ● 入学手続き締切日: 一次(入学金):10月25日(木) 二次(入学金以外の春学期納入金):11月9日(金)

地区会場

● 出願登録(インターネット出願):8月22日(水)~8月31日(金) ● 検定料支払い:8月31日(金) ● 出願書類提出期限:8月31日(金) ● 一次デジタル受験票発行開始日:9月7日(金) ● 一次合格発表日:10月5日(金) ● 二次デジタル受験票発行開始日:10月24日(水)15時 ● 試験日: 札幌・名古屋・福岡:10月27日(土) 那覇:10月28日(日) ● 二次合格発表日:11月2日(金) ● 入学手続き締切日:11月9日(金)

第2回

● 出願登録(インターネット出願):10月26日(金)~11月5日(月) ● 検定料支払い:11月5日(月) ● 出願書類提出期限:11月5日(月) ● 一次デジタル受験票発行開始日:11月13日(火) ● 一次合格発表日:11月30日(金) ● 二次デジタル受験票発行開始日:12月4日(火) ● 試験日:12月8日(土) ● 二次合格発表日:12月14日(金) ● 入学手続き締切日:1月9日(金)

選考内容

リベラルアーツ学群、ビジネスマネジメント学群、健康福祉学群、グローバル・コミュニケーション学群の二次審査では、課題図書の内容理解度審査を含めた面接が行われます。

リベラルアーツ学群・ビジネスマネジメント学群・健康福祉学群

面接では、受験生1人、面接担当者2人で実施されます。時間は約15分となっており、自己申告書や活動報告書などの内容についての質問もあります。 リベラルアーツ学群の課題図書:「メディア不振-何が問われているのか」林香里(岩波新書) ビジネスマネジメント学群の課題図書: ① 「第4次産業革命、日本経済をこう変える。」竹中平蔵(PHPビジネス文庫) ② 「それ、なんで流行ってるの?隠れたニーズを見つけるインサイト思考」原田曜平(ディスカヴァー携書) 健康福祉学群の課題図書:「人権読本」鎌田 慈 編著(岩波ジュニア新書)

グローバル・コミュニケーション学群

グローバル・コミュニケーションでは、語学力を測るために複数の言語による面接試験が行われます。受験者1人、面接担当者2人で20分間行われます。 課題図書: ① 「質問する、問い返す」名古谷隆彦(岩波ジュニア新書) ② 「Arnimal Farm」Geroge Orwell(Penguin UK)

芸術文化学群

芸術文化学群では、インターネット出願時に選択した「実技型」・「作品審査型」または「小論文型」によって異なる審査が行われます。 ● 演劇・ダンス(実技型・小論文型) ● 音楽(実技型・小論文型) ● ビジュアルアーツ(作品審査型・小論文型)

桜美林大学グローバル人材育成奨学生選抜(AO入試)とは?

グローバル人材育成奨学生選抜とは、グローバルな社会に貢献できる人材を育成することを目的とした奨学金制度です。入学後、桜美林大学が指定する語学プログラムや2年次秋からの1学年間留学へ参加し、卒業時にTOEIC L&R 800点以上の取得を目指します。 このグローバル人材育成奨学生選抜の主な特徴は以下の通りです。 ● 各学期授業料:30%減免 ● 渡航支援費給付最大:75万円 ● 奨学金総額最大:208万円

募集概要

募集人員

● リベラルアーツ学群:5名程度 ● グローバル・コミュニケーション学群:5名程度 ● ビジネスマネジメント学群:5名程度(フライト・オペレーションコースを除く) ● 健康福祉学群:若干名 ● 芸術文化学群:若干名

出願条件

桜美林大学公式ホームページによると、グローバル人材育成奨学生選抜の出願に必要な条件は以下の通りです。 大学入学資格を有する者で、以下の①と②の条件を満たす者。 ①入学後、以下のプログラムに必ず参加する意志がある者。 ● 1年次春学期~2年次の春学期:大学指定の語学プログラム ● 2年次秋学期~1学年間:大学指定の留学プログラム ③ 以下のいずれかの英語の資格及びスコアを有する者。 ● 実用英語技能検定:2級 ● TOEFL IBT:40点 ● TOEIC L&R:550点 ● GTEC(3技能):815点 ● GTEC CBT:1000点 ● IELTS:4 ● TEAP:226点

主な出願書類

1. 入学志願者調書 2. 自己申告書 3. 活動報告書 4. 志願者評価書 5. 高等学校の調査書

選抜方法

グローバル人材育成奨学生選抜では、書類審査と面接を通じて、受験生の能力・適性・学習に対する意欲、目的意識などを総合的に審査します。グローバル教育を受けるに相応しい潜在力を支援する奨学金であるため、現在の能力だけでなく、受験生の意欲や将来性なども多面的に審査します。

審査内容

● 日本語及び英語による面接 ● 英語筆記審査 さらに、志望理由書の書き方など、AO入試・推薦入試のことを知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

各学部