作成日: 2020年5月7日 最終更新日:

【面接対策】総合型選抜(旧AO入試)面接の質問例・回答例12選

総合型選抜(旧AO入試)の面接の質問例と回答例(OK&NG)


総合型選抜(旧AO入試)や推薦入試の面接は、誰でも緊張するものです。一度きりの面接で失敗しないためにも、事前に準備はしっかりしておきましょう。ここでは、面接でよく聞かれる質問の内容や回答のポイントについて紹介します。

頻出質問①「本学を志望した理由を教えてください」

回答例:「生まれ育ったこの地域に愛着があり、貴学の『地域社会に貢献する人材を育成する』というアドミッションポリシーに共感したことが最大の志望理由です。また、オープンキャンパスで実際に地域プログラムに参加されている先輩たちのエピソードをうかがい、実践的な育成カリキュラムに大きな魅力を感じました。」

ポイント:自分の目的や大学でやりたいことがしっかり大学の方針と合致しているかどうかがポイントとなります。ここに矛盾があると、「他の大学でも良いのでは?」と思われてしまいます。

頻出質問②「本学に入学後、どのようなことに挑戦したいですか?」

回答例:「国外での就職を目標に学習に取り組んでいきたいです。そのため、海外インターンシッププログラムや語学留学にも力を入れていきたいと考えています。実際に現地の企業の就業体験をすることで、海外で働くとはどういうことなのかを身をもって体験したいです。」

ポイント:学科の内容や大学に直接的に関係のないサークル活動やアルバイトなどを挙げるのは避けましょう。あくまで大学は何かを学ぶ場所として捉えておき、自分の目的が大学で達成できることを前提に伝えることを意識しましょう。

頻出質問③「併願はされていますか?」

回答例:「〇〇大学の〇〇学部の総合型選抜(旧AO入試)にもエントリーしています。実はまだ非常に迷っているところなので、両方の大学の結果が分かり次第、慎重に考えて選びたいと考えています。」

ポイント:併願が可能な総合型選抜(旧AO入試)のケースかつ、今面接を受けている大学が第2志望だった場合でも、正直に「第2志望です」と答えてしまうのはあまり良い印象ではありません。とはいえ「第1志望です」と嘘をつくのも良くないため、迷っていると答えるのが無難でしょう。

頻出質問④「オープンキャンパスに参加した印象はどうでしたか?」

回答例:「〇〇学部の〇〇教授の模擬授業が印象に残りました。現代社会で起きている問題と学問がどのように関係しているのかを理解することができました。また、これまで高校で学習した内容を更に深く掘り下げている授業ということを知ることができ、より貴学で学ぶことに魅力を感じました。」

ポイント:「〇〇さんが優しかった」などの感情的な表現は幼い印象を与えてしまう可能性があるためNGです。学びを中心に考えている印象を与えられる回答が理想です。

頻出質問⑤「高校生活の思い出を教えてください」

回答例:「修学旅行で東南アジアのタイに行ったことです。もともと海外旅行は好きで、アメリカやフランスなどのいわゆる先進国に訪れたことはありましたが、タイではこれまで自分が当たり前だと思っていた常識が覆されました。実際に現地の人と触れ合う機会もあり、異国の文化をしるとても貴重な体験ができました。」

ポイント:「楽しかった」「面白かった」などは幼稚な回答だと思われるため、自分が体験した内容を掘り下げ、具体的に得られたものは何か説明すると良いでしょう。

頻出質問⑥「あなたの長所と短所を教えてください」

回答例:「長所は事前にしっかり準備をしてから行動をするところです。順序良く物事を進めることで、失敗を減らす努力をしています。短所は臆病なところです。新しいことにチャレンジするときは、事前に準備をしても失敗してしまうのではないかと考えてしまいがちです。貴学に入学したら、そういった新しいチャレンジに失敗を恐れずに取り組んでいきたいと考えています。」

ポイント:自分の長所や短所を見つめ直すのは意外と難しいですよね。長所と短所は表裏一体という意識を持って自己分析してみましょう。また、短所については改善に努めているという姿勢を見せられるとベストです。

頻出質問⑦「最近気になるニュースはありますか?」

回答例:「最近、日本企業の海外進出に関するニュースを見ました。現在多くの日本企業が海外に進出していますが、中には現地の人たちとの英語によるコミュニケーションが上手くいかず撤退しているところもあるという事実がわかりました。このニュースを聞いて、やはり自分は海外で働きたいと強く考えるようになりました。英語力を磨いて海外の日本企業で働き、現地化に役に立ちたいです。」

ポイント:自分が興味・関心のないニュースについて語るのは避けましょう。なぜなら、掘り下げた質問をされた時に答えられないからです。なぜ気になったのか、どんなニュースなのか、そのニュースを見てどう感じたのかをきちんと話せるよう、自分の興味・関心がある分野については日々チェックしておきましょう。

頻出質問⑨「高校生活であなたが特に頑張ったことはなんですか?」

回答例:「サッカー部での活動です。3年生になって2年生や1年生をまとめる立場になり、3年生同士でも役割分担を明確にするようにしていました。自分はキャプテンを任され、常に後輩一人一人に話しかけるようにしていました。そうすることで、後輩からのいろんな意見も得ることができ、とても良い関係が築けたと思っています。コミュニケーションの大切さを学ぶことができました。」

ポイント:具体的に、何を頑張り、そのおかげでどんなことを学べたのかまで語れるようにしましょう。

総合型選抜(旧AO入試)の面接の質問でよくあるNG回答例

よくあるNG回答①「好きな科目はなんですか?」

回答例:「好きな科目は数学です。(以上)」

アドバイス:どんな質問にも言えることですが、一言だけで淡々と終わらせることはやめましょう。素っ気なく、やる気がない印象を与えてしまいます。必ず、好きな理由や経緯などを伝えるようにしましょう。

よくあるNG回答②「本学を志望した理由はなんですか?」

回答例:「先輩に勧められたのと、自宅から近いからです。」

アドバイス:この回答だと、主体性がない人と思われてしまいます。自宅から近いなどは、学習に対する意欲も欠けているようにも感じられてしまいます。

よくあるNG回答③「マーケティングとはなんですか?」

回答例:「マーケティングとは……商品を販売することですか?」

アドバイス:分からないことは正直に「すみません、勉強不足なので分かりません。」と言いましょう。分からないのに意地を張り、間違った内容で答えてしまうのはやめましょう。

総合型選抜(旧AO入試)の面接の質問対策とは?

率直に申し上げますと、総合型選抜(旧AO入試)の面接でどんな質問がされるかは確実には分かりません。学生が答えられない内容をあえてぶつけて、その反応を確かめる面接官もいるかもしれません。では、総合型選抜(旧AO入試)の面接で行われる質問の対策はどのようにすれば良いのでしょうか?

総合型選抜(旧AO入試)の面接の質問対策としてよく挙げられることを紹介いたします。

・これまでの自分の人生を振り返り、事柄ごとに感じたことなどを前もってメモに書いておく
・普段からニュースを見たり新聞を読んだりするようにする
・敬語の勉強をする
・大きな声ではっきり話す練習をする
・家族や友人、先生に協力してもらい模擬面接を行う

アルバイトの経験がない方は、総合型選抜(旧AO入試)の面接が人生で初めての面接ということもあるかもしれません。緊張するのはみな一緒ですが、事前に準備をしておくことで他の学生との差をつける努力をしておきましょう。

“AOI無料体験”で合格までの道を見つけよう!

無料体験とは、1対1の個別相談形式で「AOIがどんな塾か」を体感して頂けるものとなっています。

▼主にこんな体験ができます

対話を通して「自己分析」を体験!
AOIに入塾して一番初めに取り掛かるのが「自己分析」です。AOIでは、単に「受かりやすい大学」選びではなく、受験生の「将来の夢」を見つけ、志望校選びや志望理由書作成を行います。この体験を通して、自分が何に興味があるのか、どのような学部に合っているのか、将来何をしたいのかが明確になります。

AOIの完全個別授業を体験!
AOIでは、受験生一人ひとりの「将来の夢」に寄り添っているため、受験生によってやるべきことが全く違ってきます。そのため、完全個別の1対1で授業を行なっており、この無料体験を通してどのような雰囲気で授業が進んでいくかを擬似体験することができます。

総合型選抜で重要な「受験戦略立て」を体験!
総合型選抜では、専願や併願、出願時期や受験日などを考慮し、複数の大学をどのように併願すべきか考える「受験戦略」が合格のカギを握ります。93.3%の合格率を誇るAOIが、実際に行なっている受験戦略を体験できます。

“AOI無料体験”で合格までの道を見つけよう!

効率的に賢く対策をすることで、今から合格を掴むことも十分可能です。

私たちと一緒に、あなたに合った効率的な対策方法を見つけましょう!

2022年度入試対策について重要なお知らせ

大変ありがたいことに満員御礼で高3生の校舎での対策は受入をストップしております。
しかし出願時期が遅い方、2次対策したい方の相談、高校1,2年生は相談予約は受け付けています!

そんな状況ですが、きっちり対策したいあなたに
おすすめの2つのサービス!


【総合型選抜対策 動画配信サービス】


「自宅学習でひとつ上の大学に合格する」をコンセプトのマッシュルーム!
これだけで全ての対策が可能に!全55本
総合型選抜専門塾AOIに通塾している子と同じ授業がオンライン受けれられる。
あなたも家で総合型選抜の対策をしちゃいましょう!

【プロに添削してもらえる!オンライン添削サービス】


志望理由書、小論文、面接対策をどこよりも早く、最高のクオリティで。
出願書類・小論文の書き方でお悩みのあなたに!プロ講師に添削してもらいクオリティを上げよう。
オンラインで3日以内に添削結果が返ってくる
不安な方は下記の画像をクリック!

高校1,2年生は早期に対策しましょう!



面接についてはAOIチャンネルの動画でもいくつか説明してるので、是非ご覧ください!

<<記事一覧に戻る