0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2019年2月4日 最終更新日:

日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)対策

日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)とは?

日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)は、求める学生像(アドミッションポリシー)と合致する学生を求めるための入学試験として実施されています。通常の一般入学試験や特別奨学生入学試験とは異なり、調査書・自己PRシート・面接を重視して評価されます。 受験者の個性や適性に対して多面的な評価を元に選抜されますが、薬学科のみ化学・生物・物理のいずれか1科目の基礎的な科目試験が行われます。 また、日本薬科大学のAO入学試験は、他の入学試験よりも科目試験での比重が軽いことが特徴と言えます。 そのため、日本薬科大学を第一志望とし、「日本薬科大学で学びたい」という意欲の強い受験生にとって最適な入学試験です。学力は少し不安だが、どうしても日本薬科大学に入学して、将来的に薬学・医療分野で活躍したいという意思がある受験生におすすめです。

日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)の特徴

1. 調査書・自己PRシート・面接・適性試験・薬学科のみ基礎的な試験(化学・生物・物理)で合否を選抜する 2. 試験では、調査書・自己PRシート・面接が重視される 3. 日本薬科大学が第一志望で、アドミッションポリシーに共感できる人、日本薬科大学の教育・研究に関心がある人、日本薬科大学で学びたいという強い意志がある人には最適な入試 4. 他の入試よりも早く合格が決定する(1月以降に合格発表を行う入試区分もある) 5. 薬学科は「科目試験型」「実験試験型」、医療ビジネス薬科学科は「適性検査型」「アクティブラーニング型」に分かれており、受験生が自身に合う入試方式を選択することが可能

日本薬科大学薬学科総合型選抜(旧AO入試)の募集概要

ここからは、日本薬科大学公式ホームページの情報を元に、薬学科総合型選抜(旧AO入試)の募集概要について紹介していきます。 平成31年度の募集人員は、30名となっています。

出願資格

1. 高等学校または中等教育学校を卒業した者。(平成31年3月卒業見込の者を含む) 2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者。(平成31年3月修了見込の者を含む) 3. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧大学入学試験検定の合格者を含む) 4. 文部科学省の定めるところにより、上記と同等以上の学力があると認められた者 5. 本学を専願とし、合格した場合必ず入学する者。 6. 薬学の学習に支障を来さない、心身ともに健康な者。

出願期間

Ⅰ期:平成30年8月1日(水)~8月25日(土) Ⅱ期:平成30年8月31日(金)~10月2日(火) Ⅲ期:平成30年10月9日(火)~11月13日(火) Ⅳ期:平成30年11月26日(月)~平成31年1月8日(火) Ⅴ期:平成31年2月5日(火)~3月20日(水)

出願書類

① AO入学願書(大学所定用紙) ② 受験票/写真票(大学所定用紙) ③ 調査書(文部科学省所定用式) ④ 自己PRシート(大学所定用紙)

試験日程

試験日

Ⅰ期:平成30年8月29日(水) Ⅱ期:平成30年10月6日(土) Ⅲ期:平成30年11月17日(土) Ⅳ期:平成31年1月12日(土) Ⅴ期:平成31年3月23日(土)

合格発表日

Ⅰ期:平成30年9月6日(木) Ⅱ期:平成30年10月13日(土) Ⅲ期:平成30年11月24日(土) Ⅳ期:平成31年1月19日(土) Ⅴ期:平成31年3月28日(木)

入学手続締切日

Ⅰ期:平成30年9月28日(金) Ⅱ期:平成30年11月1日(木) Ⅲ期:平成30年12月21日(金) Ⅳ期:平成31年2月8日(金) Ⅴ期:平成31年3月31日(日)

選考方法

日本薬科大学薬学科総合型選抜(旧AO入試)の選考方法は、「科目試験型」と「実験試験型」の2種類に分かれています。

科目試験型

書類審査 基礎学力試験(化学基礎または生物基礎または物理基礎) 適性検査 面接 【試験時間割】 9:30:試験会場に到着 9:40~9:50:受験上の注意事項 10:00~10:30:基礎学力試験 10:45~11:35:適性検査 11:45~面接(30分程度)

実験試験型

書類審査 実験試験(各種溶液の調整・混合物の分離・PHの測定) 面接 【試験時間割】 9:30:試験会場に到着 9:40~9:50:受験上の注意事項 10:00~11:00:実験試験 11:10~面接(30分程度)

日本薬科大学医療ビジネス薬科学科総合型選抜(旧AO入試)の募集概要

日本薬科大学公式ホームページの情報を元に、医療ビジネス薬科学科総合型選抜(旧AO入試)の募集概要をまとめました。なお、募集人員は15名となっています。

出願資格

1. 高等学校または中等教育学校を卒業した者。(平成31年3月卒業見込の者を含む) 2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者。(平成31年3月修了見込の者を含む) 3. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者。(旧大学入学試験検定の合格者を含む) 4. 文部科学省の定めるところにより、上記と同等以上の学力があると認められた者。 5. 本学を専願とし、合格した場合必ず入学する者。 6. 薬学の学習に支障を来さない、心身ともに健康な者。

出願期間

Ⅰ期:平成30年8月1日(水)~8月25日(土) Ⅱ期:平成30年8月31日(金)~10月2日(火) Ⅲ期:平成30年10月9日(火)~11月13日(火) Ⅳ期:平成30年11月26日(月)~平成31年1月8日(火) Ⅴ期:平成31年2月5日(火)~3月20日(水)

出願書類

① AO入学願書(大学所定用紙) ② 受験票/写真票(大学所定用紙) ③ 調査書(文部科学省所定用式) ④ 自己PRシート(大学所定用紙)

試験日程

試験日

Ⅰ期:平成30年8月29日(水) Ⅱ期:平成30年10月6日(土) Ⅲ期:平成30年11月17日(土) Ⅳ期:平成31年1月12日(土) Ⅴ期:平成31年3月23日(土)

合格発表日

Ⅰ期:平成30年9月6日(木) Ⅱ期:平成30年10月13日(土) Ⅲ期:平成30年11月24日(土) Ⅳ期:平成31年1月19日(土) Ⅴ期:平成31年3月28日(木)

入学手続締切日

Ⅰ期:平成30年9月28日(金) Ⅱ期:平成30年11月1日(木) Ⅲ期:平成30年12月21日(金) Ⅳ期:平成31年2月8日(金) Ⅴ期:平成31年3月31日(日)

選考方法

日本薬科大学医療ビジネス薬科学科の総合型選抜(旧AO入試)の選考方法は、「適性検査型」と「アクティブラーニング型」の2種類に分かれています。

適性検査型

書類審査 適性検査 面接 【試験時間割】 9:30:試験会場に到着 9:40~9:50:受験上の注意事項 10:00~10:50:適性検査 11:00~面接(30分程度)

アクティブラーニング型

アクティブラーニング型では、書類審査、プレゼンテーション、面接が行われます。 【プレゼンテーションの内容】 テーマ:将来の夢 以下3つのテーマのうち、1つを選択し、プレゼンテーションとして発表する ①「将来の目標・夢」 ②「高校生活で頑張ったこと」 ③「成功と失敗から学んだこと」 【試験時間割】 9:30:試験会場に到着 9:40~9:50:受験上の注意事項 10:00~:アクティブラーニング・面接(20分程度)

日本薬科大学総合型選抜(旧AO入試)の倍率は?

平成30年度に実施された、日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)の倍率データを紹介します。 薬学部薬学科:1.2(推薦も含む) 薬学部医療ビジネス薬学科:1.0(推薦も含む)

日本薬科大学総合型選抜(旧AO入試)に関するよくある質問

最後に、日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)に関するよくある質問についてまとめてご紹介いたします。

総合型選抜(旧AO入試)の面接はどのように実施されるのか?

日本薬科大学の総合型選抜(旧AO入試)で行われる面接は、面接試験担当2名と受験生1名で実施する2対1の面接となります。

合格、入学手続完了後に辞退をすることは可能か?

AO入学試験や指定校推薦入学試験などは専願制の入学試験であり、日本薬科大学を第一志望とすることが出願資格となるため、合格・手続き完了後に辞退をすることはできません。 さらに、志望理由書の書き方など、総合型選抜(旧AO入試)・推薦入試のことを知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

各学部