無料体験はこちら

今すぐお電話を

075-286-8960

topics | 2017.11.8

【例文あり】AO入試の志望理由書の攻略方法まとめ

AO入試における「志望理由書」とは?

AO入試における「志望理由書」は、大学側にとって最も重要な選考材料となります。この大学に入りたいのか、その目的や目標が明確になっているかが合格の鍵となってきます。なお、自己推薦書は自分を大学に売り込むための文書であるため、志望理由書とは違うものとなります。

志望理由書は書類選考で最も重要?

最近では、AO入試など学力試験を行わない大学も増えています。AO入試とは、そもそも受験生の「学力」ではなく、「人物面」を重視して選考を行う選抜方法です。
AO入試や推薦入試では、志望理由書以外にも調査書、成績証明書、活動報告書などたくさんの書類の提出が求められます。調査書や成績証明書は、あくまで学力や受験生がこれまでに活動してきた内容がまとめられています。これに対して、志望理由書は受験生がこれから想い描く将来や、目標、受験生の考え方などを大学側への知らせるものです。AO入試では、どれだけ普段成績が良くても、ボランティアなどの活動に従事していたとしても、「志望理由書」の内容が薄いとそれだけで合格のチャンスが減ってしまうと考えたほうが良いでしょう。

大学は、調査書に記載されている担当教員・高校からのコメントももちろん参考にしていますが、一番重視しているのは、やはり本人の言葉で作られた「志望理由書」です。

志望理由書は面接の大切な情報源

AO入試の面接試験では、基本的に志望理由書に書かれている内容を元にした質問がなされます。大学入試に限らず、就職活動やアルバイトの面接においても同じですが、書類選考はあくまで応募してきた人に「面接をする価値があるかどうか」を判断するために行われます。
つまり、AO入試における志望理由書では、大学側に興味を持ってもらったり、注意を引きつけたりすることも大事なのです。例えば、志望理由書に自分の言葉ではない文章や自分で書いた内容ではないものを書いてしまうと、書類選考に受かったとしても、面接で何にも答えられずに結果不合格ということもあり得ます。そのため、基本的には面接官に突っ込まれて困ることは書かずに、自分が自信を持って答えられる範囲内で書く意識が大切です。
AO入試において、志望理由書はとにかく重要な情報源です。時間はたくさんあるので、熟考しながら書いていきましょう。

AO入試の志望理由書の攻略ポイント

志望理由書を書く前に、志望理由書の攻略ポイントについて紹介しておきたいと思います。
そもそも志望理由書は、「なぜ、自分はこの大学に入りたいのか?」「なぜ、大学は自分を選ぶのか」という両方の視点が大切になります。自分が求めている内容だけをずらずら書いてしまってはただの「リクエスト」になってしまいます。「自分が求めている環境がこの大学にあり、大学もこういう人材が欲しいはず」というニュアンスの内容を書いていくことがベストです。
大学が求めている人材が分からないという方は、志望する大学の学部・学科の「アドミッションポリシー」を確認しておきましょう。

攻略ポイントは、以下の4つです。

  • なぜこの大学なのかを明確にする
  • 自分の目標や目的を達成するために志望大学の環境が必要なことを示す
  • 自分がアドミッションポリシーに当てはまる人材ということをアピールする
  • 自分と志望する大学・学部との関わりを示す

AO入試におすすめの「志望理由書」の書き方

次に、志望理由書を書くときの基本的なステップをご紹介いたします。

  • 自己分析(自分の情報を集める)
  • エピソードの掘り下げ
  • 志望する大学・学部・学科についてリサーチする
  • 文章の構成を考える
  • 文章を書いていく
  • 文章をダブルチェックする

STEP①「自己分析」

自己分析とは、文字通り自分とはどういう人間なのかを探っていく自己理解の方法です。自己分析で洗い出しておきたい主な内容は次の通りです。

  • エピソード
  • 自分の特徴
  • 長所や短所
  • 価値観
  • 自己PR
  • 志望動機を具体化する

【洗い出し例】
・○○が好き
・○○で優勝した
・○○が苦手
・将来の夢は○○である
・短所を改善するために、○○に努めている
・アルバイトを頑張った

まずは、抽象的な内容から始めましょう。何点か洗い出せたら、それらをカテゴリー毎に分けていくと次のステップでまとめやすくなります。
自分のことを知らないと良い志望理由書は書けません。そのためにも自己分析は必ずしておくようにしましょう。

ポイント①具体的なエピソードで説得力が増す

内容の薄いエピソードよりも、深く掘り下げられた具体的なエピソードの方が相手の心に刺さりやすいのは明らかです。自己分析で自分しか経験していない「自分だけの人生」を細分化して分析していくことによって、自分だけのオリジナルストーリーが誕生します。

ポイント②自己分析は面接にも役立つ

よくある大きな失敗は、「志望理由書に書いている内容と面接の回答内容が異なること」です。面接官も矛盾を感じてしまい、場合によっては誇張や虚偽の内容を話していないかと疑われる可能性もあります。しっかり自己分析で自分を理解できていれば、質問回答の際も応用が効き、一貫性のある回答をすることができます。

STEP②「エピソードを掘り下げる」

STEP①「自己分析」で洗い出した情報を掘り下げていきます。エピソードを掘り下げていくことで、ふんわりしていた内容が徐々にオリジナル性を帯び、「自分の姿」があらわになってきます。

【エピソードの掘り下げ例】

  • なぜ○○が好きなのか
  • ○○で優勝した時の経緯
  • ○○が苦手な理由
  • なぜ、将来の夢は○○なのか
  • なぜ、アルバイトを頑張ったのか

基本的に、エピソードを掘り下げるときは「Why(なぜ)」、「How(どうやって」と自分自身のエピソードや項目に疑問を投げかけていくように考えましょう。そうすることで、そのときの感情やその時の出来事をより深く掘り下げていくことが可能になります。

STEP③「志望する大学・学部・学科にういてリサーチする」

志望理由書を書く上では、受験する大学の情報収集は欠かせません。いくら自分のオリジナル性を見出したとしても、志望する大学が求めている人物像に当てはまっていなかったり、志望する大学では自分の目的が達成できるものがなかったりすれば、「他の大学でも良いのではないか」と思われてしまいます。

【リサーチしておきたいこと】

  • 志望する大学・学科のアドミッションポリシーに合う人物かどうか
  • 学部の授業内容・授業体系
  • 学部で取れる資格
  • 在学生・卒業生のインタビューなど

なぜこの大学でないといけないのかという理由を自分なりにリサーチしてみてください。

STEP④「文章の構成を考える」

STEP②「エピソードを掘り下げる」で掘り下げたエピソードと、STEP③「志望する大学・学部・学科をリサーチする」で集めた情報を元に、文章の構成を考えます。文章の構成を事前に考えておくことで、読み手には伝わりやすい文章に、もちろん自分でも読みやすい文章となります。

【構成例①】

  • 志望理由と将来やりたいこと
  • やりたいと思った理由やきっかけ
  • 将来やりたいことのためにこれまでしてきたこと
  • 大学でやりたいこと・大学を選んだ理由

【構成例②】

  • なぜこの大学を志望したのか
  • 志望する経緯・きっかけ
  • 大学で学びたいこと(具体的に)
  • 全体のまとめ

STEP⑤「実際に文章を書いていく」

STEP④で構成が決まったら、早速志望理由書を書いていきましょう。このとき、言葉遣いには気をつけましょう。基本的に志望理由書は「です/ます」がベストです。「~だ/である」などの言い切りは控えておいた方が無難です。また、学部・学科によっては指定の文字数があるため注意しておきましょう。

STEP⑥「文章のダブルチェック」

志望理由書を書く上で最も注意しておきたいのが誤字・脱字です。全て書き終えたら、何度も見直して誤字・脱字が無いか、おかしな日本語がないかをチェックしましょう。保護者の方や先生に確認してもらうのもおすすめです。

AO入試の志望理由書の例文一覧

最後に、志望理由書の例文を一つ紹介しておきます。

「貴学を志望した最大の理由は、先輩方の実績が素晴らしく、私が将来働きたいと考えている業界へもキャリアパスがしっかり見通せる環境にあると考えたからです。
私は、大学でマーケティングについて深く学んでいきたいと考えており、そのためには貴学以上の大学はないと考えています。特に○○教授の「マーケティングの授業」は素晴らしいと聞いておりますし、その豊富な経験と知見から学ぶべき点は無限にあると考えています。
貴学に入学した際にはより一層勉学に励み、将来的に一流のビジネスマンとなれるよう精一杯頑張ります。」

カバまる

カバまる

カバは、ライオンを倒すくらい強いですが、口に小鳥が止まるくらい優しいのです。そこで、強さと優しさの両方を追い続けて欲しいという思いから、カバをイメージキャラクターにしました。

関連記事

関連キーワード

Contact Us!

無料でaoiブランドを体感しにきてください。

私たちは、aoi生一人ひとりに最高の教育を施したいので、
入塾者を制限しております。
お早めにお問い合わせください。

  • 必須お名前

  • 必須電話番号

  • ご相談、お悩み、ご要望など