0120-335-440

電話対応時間:10:30 - 21:30

作成日: 2018年4月21日 最終更新日:

中央大学の総合型選抜(旧AO入試)対策【2022年度入試版】

中央大学の概要

GMARCHの一角を担う大学として知られている有名私立大学であり、「行動する知性」をユニバーシティメッセージとしている中央大学は1885年に創立されました。
中でも法学部は看板学部であり、司法試験の合格者数は毎年トップを争うほどです。
同じくMARCHの青山学院大学・立教大学などと比べると静かな雰囲気があり、メインキャンパスの多摩キャンパスの立地の不便さが少し悩みどころと言えるかもしれません。

歴史

1885年に創立された中央大学は、当初は法学を中心に教えていましたが、1905年に中央大学と改称された際多くの文系学部が設置されました。1977年に多摩キャンパスが作られ、現在では創立125年を超える伝統のある大学となっています。

理念

中央大学の建学の精神は「個人の自由の尊重と実証的・合理主義の学風」です。

建学者

増島六一郎、菊池武夫、穂積陳重、藤田隆三郎ら

著名な卒業生

海部俊樹(政治家・第77代内閣総理大臣)、阿部寛(俳優)、秋元康(作詞家・プロデューサー)、ナオト・インティライミ(ミュージシャン)、阿部慎之助(元プロ野球選手)、中村憲剛(元サッカー選手)、石川祐希(バレーボール選手)、菊池幸雄(弁護士)

中央大学の総合型選抜(旧AO入試)(特別入試)の特徴

学部によって異なりますが、いずれにせよ募集人数は少なめです。まずは出願書類を抜けのないよう作りましょう。
対策は学部によって大きく異なります。特に法学部の試験は難易度の高いグループディスカッションがあります。詳しくは後ほどご紹介いたします。

中央大学の総合型選抜(旧AO入試)(特別入試)の各学部の実施状況

中央大学で総合型選抜(旧AO入試)(特別入試)を実施しているのは、法学部、経済学部、商学部、理工学部、文学部です。
それぞれの募集人数は以下の通りです。

法学部

学科(人数)

法律学科15名、国際企業関係法学科5名、政治学科10名

チャレンジ入試(総合型選抜入試)

日程

出願期間:2021年9月1日(水)〜9月7日(火)締切日消印有効
合格発表(1次選考):2021年10月16日(土)
2次選考試験日:2021年10月30日(土)➢  合格発表(最終):2021年11月8日(月)

内容

1次選考/書類
2次選考/講義理解力試験、面接試験

英語運用能力特別入試

学科(人数)

法律学科9名、国際企業関係法学科2名、政治学科4名

日程

出願期間:2021年9月15日(水)〜9月22日(水)締切日消印有効
試験日:2021年10月23日(土)
合格発表:2021年11月1日(月)

経済学部 

学科(人数)

経済学科
経済情報システム学科
国際経済学科
公共・環境経済学科

いずれの試験方法、実施学科についても若干名

<高大接続入学試験>

日程

出願期間
【自己推薦型】2021年9月6日(月)〜9月10日(金)締切日消印有効
【資格・実績評価型】2021年9月13日(月)〜9月17日(金)締切日消印有効
試験日:2021年11月6日(土)
合格発表:2021年11月15日(月)

内容

➢  【自己推薦型】

1次選考/書類(書類審査合格発表:2021年10月22日(金))
2次選考(1次選考合格者のみ)
筆記:小論文、外国語(英語/ドイツ語/フランス語/中国語から1カ国語選択)
プレゼンテーション

➢  【資格・実績評価型】

筆記:小論文、外国語(英語/ドイツ語/フランス語/中国語から1カ国後選択)
面接

<海外帰国生等特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月13日(月)〜9月17日(金)締切日消印有効
試験日:2021年11月6日(土)
合格発表:2021年11月15日(月)

内容

筆記:小論文、外国語(英語/ドイツ語/フランス語/中国語から1カ国語選択)
面接

<英語運用能力特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月13日(月)〜9月17日(金)締切日消印有効
試験日:2021年11月6日(土)
合格発表:2021年11月15日(月)

内容

小論文、面接

<ドイツ語•フランス語•中国語•スペイン語特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月13日(月)〜9月17日(金)締切日消印有効
試験日:2021年11月6日(土)
合格発表:2021年11月15日(月)

内容

小論文、面接

商学部 

学科(人数)

経営学科
会計学科
国際マーケティング学
金融学科

コース(上記学科における)
フレックス・コース
フレックスPlus1・コース

いずれの試験方法、学科についても若干名

<英語運用能力特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月15日(水)〜9月22日(水)締切日消印有効
試験日:2021年10月23日(土)
合格発表:2021年11月1日(月)

内容

国語(小論文)、面接

<ドイツ語•フランス語•中国語•スペイン語特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月13日(月)〜9月17日(金)締切日消印有効
試験日:2021年11月6日(土)
合格発表:2021年11月15日(月)

内容

小論文、面接

商学部

学科(人数)

経営学科
会計学科
国際マーケティング学
金融学科

コース(上記学科における)
フレックス・コース
フレックスPlus1・コース

いずれの試験方法、学科についても若干名

<英語運用能力特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月15日(水)〜9月22日(水)締切日消印有効
試験日:2021年10月23日(土)
合格発表:2021年11月1日(月)

内容

国語(小論文)、面接

<ドイツ語•フランス語•中国語•スペイン語特別入学試験>

日程

出願期間:2021年9月15日(水)〜9月22日(水)締切日消印有効
試験日:2021年10月23日(土)
合格発表:2021年11月1日(月)

内容

筆記:国語(小論文)、外国語(ドイツ語/フランス語/中国語/スペイン語から1カ国語選択)
面接

理工学部 

学科(人数)

・数学科(10人)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記、面接

・物理学科(8人)

内容

1次選考/書面提出した課題
2次選考/筆記、レポート発表

・都市環境学科(3人)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記、面接

・精密機械工学科(5人)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記、面接

・電気電子情報通信工学科(5人)

内容

1次選考/書類
2次選考/実験または演習、面接

・応用化学科(2人)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記、面接

・ビジネスデータサイエンス学科(2人)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記、面接

・情報工学科(1人)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記、面接

・人間総合理工学科(8人)

内容

1次選考/書類
2次選考/プレゼンテーション、質疑応答

<高大接続型自己推薦入学試験>

日程

出願期間:2021年9月15日(水)〜9月22日(水)締切日消印有効
合格発表(1次選考):2021年10月22日(金)
2次選考試験日:2021年11月6日(土)
合格発表(最終):2021年11月12日(金)

文学部 

<自己推薦特別入学試験>

※【外国語型】と【専攻適正型】の併願は不可

学科

人文社会学科

日程

出願期間:2021年9月1日(水)〜9月7日(火)締切日消印有効
合格発表(1次選考):2021年10月4日(月)
2次選考試験日:2021年10月23日(土)
合格発表(最終):2021年11月1日(月)

内容

1次選考/書類
2次選考/講義理解力試験等、面接
※【外国語型】と【専攻適正型】および専攻•プログラムによって内容は異なるため要確認

【外国語型】

専攻・プログラム

国文学専攻
英語文学文化専攻
ドイツ語文学文化専攻
フランス語文学文化専攻
中国言語文化専攻
日本史学専攻
東洋史学専攻
西洋史学専攻
哲学専攻
社会学専攻
社会情報学専攻
教育学専攻
心理学専攻
学びのパスポートプログラム

人数

上記の専攻・プログラム全てにおいて若干名

【専攻適正型】

専攻・プログラム(人数)

フランス語文学文化専攻(4人)
日本史学専攻(5人)
哲学専攻(3人)
社会学専攻(15人)
心理学専攻(4人)
学びのパスポートプログラム(10人)

国際経営学部

<自己推薦入学試験>

学科(人数)

国際経営学科25名

日程

出願期間:2021年9月1日(水)〜9月7日(火)締切日消印有効
合格発表(1次選考):2021年10月5日(火)
2次選考試験日:2021年10月23日(土)
合格発表(最終):2021年11月4日(木)

内容

1次選考/書類
2次選考/筆記(小論文)、面接(英語•日本語)

法学部

法学部は、言わずと知れた中央大学の看板学部です。意欲の高い学生が多く、法曹の道に進む人も私立大学の中では群を抜いて多いです。人数が多いため周辺のサークルも充実していますが、キャンパスが東京23区外であるため少し通いづらいという面があります。
法学部の自己推薦入試は2020年度より停止しており、チャレンジ入試(総合型選抜入試)となっています。

法律学科

憲法や民法といった基本的な科目はもちろん、保険法や運送法といった専門学部ならではの授業も行われています。
1年生から基礎演習クラスが始まり、2年生から法曹コース・公務員コース・民間企業コースと3つのコースに分かれます。法律学科だけで1,000人以上の学生がいるので、広い交友関係を築くことができます。

国際企業関係法学科

国際企業関係法学科ではグローバルな人材を育成することを重視しており、法律や経済だけでなく英語にも力を入れています。1年次ではスピーキングとライティング、リーディング、2・3年時ではプレゼンテーションも行います。ネイティブスピーカーの先生も多く、英語の授業では毎回課題が出されますがその分実力もアップします。

政治学科

法律だけでなく行政学や政治学、経済学などを学ぶことができる学科です。法律科目である民法や刑法などは3年生までに詳しく学ぶことができます。

就職先としては公務員や銀行などが多く、公務員試験や予備試験にも大きく生かすことができるでしょう。

アドミッションポリシー

中央大学法学部では、「グローバルなリーガルマインド」つまり全世界的な広い視野からの法的問題意識と法的解決能力を兼ね備えた人材を教育目標としています。それを達成するために次のような資質や姿勢を持った学生を求めています。
身近な問題に対して関心を持つこと
ものごとを厳密に考え、うのみにせず批判的に考えること
強い倫理観や責任感を持つこと

また、入学前に次のようなスキルを身につけていることが望まれます。
①コミュニケーションの手段として、多文化社会を知る手立てとして必要となる最低限の英語力
②批判的思考力や読解力の基礎となる国語力や論理性の軸となる数学の考え方

チャレンジ入試(総合型選抜入試)

ポイント

看板学部なだけあって、入試の内容も段階を踏んだ濃いものとなっています。倍率も高く、レベルの高い入試であると言えます。
アドミッションポリシーにも取り扱う分野に興味関心のある学生を求めているとある通り、自分の経験や性格が大学での学びにどのように生かすことができるかを論理的に記述することがカギとなります。志望理由書や自己推薦書は完璧に仕上げておきましょう。

英語運用能力特別入試

ポイント・倍率

小論文・面接試験を受けなければならないため、それらのトレーニングをしておく必要があります。最低限、法学部を志望する理由や法学部で何を学びたいかなどは日本語と英語の両方で話せるようになっておきましょう。

2019年度の法学部英語運用能力特別入試の倍率は以下の通りです。
法律学科 1.9倍
国際企業関係法学科 2.0倍
政治学科 2.5倍

理工学部

数学科

代数学、解析学、統計数学のほかにプログラミングの授業も受けることができます。数学科専用の計算機室があり、それを使ってレポートや課題に取り組むことができます。

物理学科

1~3年で物理学科の基幹科目とそれを学ぶのに必要な数学やプログラミング、4年で専門的な内容を学びます。研究室は理論系(現象をコンピュータを用いた計算で説明する)と、実験系(実権を重ね統計的なデータを用いた研究をする)に分かれます。

都市環境学科

旧土木学科であり、就職においても需要が高いです。都市プランナーコースと環境クリエイターコースのどちらかを選択することができ、都市プランナーコースは公務員志望者、環境クリエイターコースは建設会社などに就職したい人向けとなっています。

精密機械工学科

機械の加工法や性質などを学ぶ学科で、物理の授業が多くなっています。また、物理を学ぶのに数学を学習することがあります。
機械系ではありますが、電子回路についての授業がカリキュラムにあるため電気系とも関連した学びをすることができます。

電気電子情報通信工学科

電気分野について深く学ぶことができます。将来この分野に進もうと考えている方にとってはとても良い環境で、就職にも大変有利です。勉強熱心な学科のため、他の学部学科よりも忙しい傾向にあります。

応用化学科

基本的に化学漬けの学部で、かなりハードと言われています。1・2年次には外国語や数学、その他一般教養科目を学びます。ノーベル賞受賞候補となっている有名研究室もたくさんあり、3・4年次では最先端の内容を学習、研究することができます。

経営システム工学科

理系ではありますが文系要素の強い学科です。情報学や数学、経営学などを広く学ぶことができます。

情報工学科

プログラミングを学びたい人にとっては、充実した環境を学ぶことができるようになっています。近年プログラミングスキルを求める企業は増加傾向にあるため、就職に関しても良い実績を残しています。

生命科学科

1年次は一般教養科目を履修し、2年次以降専門的な内容を学習するようになります。2年次から生物の講義が始まり、3年次から実験が多くなり、冬からは研究室配属があります。4年次は卒業研究がメインとなります。

人間総合理工学科

様々な理工に関する分野の知識を横断的に学び、複数の専門家を結ぶパイオニアを育てるための学科です。人をテーマとした分野が8つ(脳科学、生物統計学、生態学、空間情報科学、救命科学、環境デザイン学、水循環学、エネルギー工学)開講されていて、1・2年次で8つの分野すべての授業を受け、3年次に自分の入りたい研究室を選択します。

アドミッションポリシー

理工学部はエンジニアや科学者として将来活躍したい人、モティベーションの高い人、社会貢献をしたいと考えている人を求めています。入学前には高校までの数学、理科の教科書に載っている問題が解ける程度の学力を想定しています。

高大接続型自己推薦入試

ポイント・倍率

特別入試においては、何を見られるのかが明記されていない場合が多いです。しか、しアドミッションポリシーを活用することによって何が評価対象であるのかなどを推測することができます。理工学部ではどの学科についてもアドミッションポリシーが細かく発表されていますので参考にしましょう。

なお、2019年度の倍率は以下の通りです。
数学科 2.3倍
物理学科 -
都市環境学科 5.3倍
精密機械工学科 2.0倍
電気電子情報通信工学科 7.0倍
応用化学科 ‐
経営システム学科 1.0倍
情報工学科 ‐
人間総合理工学科 2.5倍

経済学部

キャンパスが都心から離れていて、モノレールでの通学となり多少不便さを感じることもあるかもしれません。しかし、その分自然豊かでゆったりとした雰囲気の広いキャンパスで学生生活を送ることができます。施設がとても充実していて、中でもパソコンの貸し出しや学食には定評があります。

経済学科

経済学を重点的に学びます。1.2年次には語学や入門の必修が多くあり、2年次から始まるゼミでは希望者の半分程度の人しか入れないゼミもあるため、やる気のある学生が集まりやすいです。

経済情報システム学科

情報システム学科という名前ではありますが、経済に関しての授業はほかの学科と変わらず充実しています。理工学部などの情報関係の学科と比べるとパソコンを用いた授業は少なめで、文系業務に必要なofficeの知識などを主に学びます。

国際経済学科

2年次から始まるゼミ活動はとても充実した内容となっています。ゼミに入る際には面接試験などが課され、公務員志望者が多いため公務員試験対策も行われます。

公共・環境経済学科

公共政策や環境政策について学ぶことができます。具体的には地方自治体や公共事業について経済学的な観点から研究をします。NGOやNPOなどの多国間機構の活動についても学習します。

アドミッションポリシー

中央大学経済学部では、冷静な思考力と温かい心を持つ国際的な視野を持つ人材を育成目標としています。そのため経済学や情報処理技術、公共事業や環境問題について興味を持ち学ぶ意欲を持つ学生を求めています。
自己推薦入試は幅広い関心や優れた資質を持つ学生を選抜するために実施されます。経済学部での学習を進めるのにあたって重要な国語、英語、地理歴史、公民、数学の高校卒業レベルの知識を有していることが望ましいです。

高大接続入試

ポイント・倍率

いずれの学科も倍率はあまり高くはないものの、合格者数は少ないので注意が必要です。特に2017年度入試では受験者数は十分にありましたが、合格者が0人となっていますので、確実に合格者が出るわけではないことが明白です。経済学科は経済学部の中でも人気な学科でありますので、基準が厳しいと考えることができます。
アドミッションポリシーにあるように、冷静な思考力が評価対象となっている可能性が高いです。大学が何を求めてその試験を行っているのかをアドミッションポリシーから読み解くとこが大切です。

学科試験の外国語または数学では、自分の得意な方を選ぶことに越したことはないですが、私立大学の入学試験は人によって相性もありますので、必ずどちらも過去問題をチェックしておきましょう。

なお、過去の倍率は以下の通りです。
経済学科 2.0倍 (2016年度)
経済情報システム学科 1.9倍 (2017年度)
国際経済学科 1.7倍 (2017年度)
公共・環境経済学科 4.0倍 (2017年度)

英語運用能力特別入試 

ポイント・倍率

小論文・面接試験を受けなければならないため、それらのトレーニングをしておく必要があります。最低限、法学部を志望する理由や経済学部で何を学びたいかなどは日本語と英語の両方で話せるようになっておきましょう。

2019年度の倍率は以下の通りです。
経済学科 1.7倍
経済情報システム学科 1.6倍
国際経済学科 2.0倍
公共・環境経済学科 2.0倍

商学部

アドミッションポリシー

中央大学のホームページでは、文学部のアドミッションポリシーついて以下のように定めています。

商学部では、教育研究上の目的を踏まえ、21世紀の社会に貢献できる優れた実地応用力と人間性を備えた有為な人材を商学部の教育課程を通じて育成することができるように、学生として受け入れる者には、それにふさわしい基礎学力と学習意欲を有していることはもとより、商学部および各学科の教育目的や教育内容についてよく理解し、商学部で学んでみたいという強い志向性や目的意識、向上心などを有していることを望みます。
このような方針に基づき、商学部の入試制度のもとで実施する各種入学試験を経て学生を受け入れます。

英語運用能力特別入試

ポイント・倍率

小論文・面接試験を受けなければならないため、それらのトレーニングをしておく必要があります。最低限、法学部を志望する理由や商学部で何を学びたいかなどは日本語と英語の両方で話せるようになっておきましょう。

2019年度の倍率は以下の通りです。
経営学科 4.0倍
会計学科 -
商行・貿易学科 15.5倍
金融学科 - 

文学部

アドミッションポリシー 

中央大学のホームページでは、文学部のアドミッションポリシーにおいて、以下のような学生を求めるとしています。

・人間や社会に関するテーマを深く探究したい人
・日本や外国の言語と文学、歴史、文化、社会に広く関心を寄せる人
・人間の思考や行動、人間関係や社会構造に積極的な興味を抱く人
・鋭い感性と幅広い教養を身に付けたいと思う人
・論理的な思考力、柔軟な発想力、的確な表現力を養いたいと思う人
・高等学校段階までの学習において、社会に関する基礎的な教養、言語、文化を学ぶ基礎としての国語と外国語の能力、論理的な思考力と読解力を身に付けている人 

自己推薦特別特別入試

ポイント・倍率

専攻・プログラムによって試験内容が異なるため、それらのトレーニングをしておく必要があります。最低限、法学部を志望する理由や文学部で何を学びたいかなどは話せるようになっておきましょう。

2018年度の倍率は以下の通りです。
国文学専攻 2.5倍
英語文学文化専攻 2.6倍
ドイツ語文学文化専攻 1.25倍
フランス語文学文化専攻 −
中国言語文化専攻 1倍
日本史学専攻 −
東洋史学専攻 1倍
西洋史学専攻 -
哲学専攻 1.5倍
社会学専攻 1.6倍
社会情報学専攻 1.25倍
教育学専攻 4倍
心理学専攻

さらに、志望理由書の書き方とかも知りたい方は、「自分だけの物語で逆転合格する AO・推薦入試 志望理由書&面接」や「改訂版 何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55」という本もおすすめなので、ぜひこの本も読んで、本番に備えてみてください。

無料体験受付中 「あなたは総合型選抜に向いてる?」が丸わかり!総合型選抜とAOIを体験しよう!

各学部