作成日: 2019年5月23日 最終更新日:

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜(公募推薦)について解説!【日程や条件、倍率については?】

沖縄県立芸術大学

こんにちは!総合型選抜専門塾AOIの編集部です!

この記事では沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜(公募推薦)について選抜方式や、倍率、出願条件、2次試験の内容など専門塾が、どのサイトよりも詳しく解説しています!

またこの記事を見てくれた方限定でお得な情報です!

期間限定で総合型選抜の対策に関するプレゼントを無料で10個もらえるキャンペーンを行っています!

AOI公式LINEで配布しているのでぜひ受け取ってください!

沖縄県立芸術大学の推薦の選抜方式

沖縄県立芸術大学は那覇市の首里城の真下にキャンパスを有する公立大学で、美術工芸学部、音楽学部の2学部3学科7専攻からなる芸術大学です。

全国でも数少ない国公立の芸術大学で、沖縄文化が造りあげてきた個性の美と人類普遍の美を追究することを理念とした特色ある大学です。

沖縄県立芸術大学の推薦の選抜方式は、学校推薦型選抜のみです。

以下に、沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜について解説していきます。

1.学校推薦型選抜

 学校推薦型選抜は、高校の推薦が必要になる選抜方式で、高校で一定の成績があることが受験資格となってきます。

学校推薦型選抜とは?公募制推薦と指定校推薦の違いを解説!

それぞれの実施学部・学科を見ていきましょう。

学校推薦型選抜

学部学科専攻・コース
美術工芸学部美術学科絵画専攻
美術工芸学部美術学科芸術学専攻
美術工芸学部デザイン工芸学科デザイン専攻
美術工芸学部デザイン工芸学科工芸専攻
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 声楽コース
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 ピアノコース
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 弦楽コース
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 打楽器コース
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 作曲理論コース
音楽学部音楽学科音楽文化専攻 沖縄文化コース
音楽学部音楽学科音楽文化専攻 音楽学コース
音楽学部音楽学科琉球芸能専攻 琉球古典音楽コース
音楽学部音楽学科琉球芸能専攻 琉球舞踊組踊コース

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜入試の募集定員・倍率

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜入試の倍率は最大5.0倍から定員割れの枠まで存在します。

この記事では2024年度入試の倍率を掲載しています

それぞれの選抜方式別に見ていきましょう。

学校推薦型選抜

学部学科専攻・コース受験形式募集定員受験者数合格者数実質倍率
美術工芸学部美術学科絵画専攻学校推薦型選抜(県内枠)1515.0
美術工芸学部美術学科絵画専攻学校推薦型選抜(全国枠)1414.0
美術工芸学部美術学科芸術学専攻学校推薦型選抜(県内枠)1111.0
美術工芸学部美術学科芸術学専攻学校推薦型選抜(全国枠)1000.0
美術工芸学部デザイン工芸学科デザイン専攻学校推薦型選抜(県内枠)31644.0
美術工芸学部デザイン工芸学科デザイン専攻学校推薦型選抜(全国枠)3300.0
美術工芸学部デザイン工芸学科工芸専攻学校推薦型選抜(県内枠)5651.2
美術工芸学部デザイン工芸学科工芸専攻学校推薦型選抜(全国枠)51152.2
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 声楽コース学校推薦型選抜(県内枠)3(音楽表現専攻 県内枠合計で)212.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 ピアノコース学校推薦型選抜(県内枠)3(音楽表現専攻 県内枠合計で)400.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 弦楽コース学校推薦型選抜(県内枠)3(音楽表現専攻 県内枠合計で)200.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 打楽器コース学校推薦型選抜(県内枠)3(音楽表現専攻 県内枠合計で)522.5
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 作曲理論コース学校推薦型選抜(県内枠)3(音楽表現専攻 県内枠合計で)000.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 声楽コース学校推薦型選抜(全国枠)3(音楽表現専攻 県外枠合計で)313.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 ピアノコース学校推薦型選抜(全国枠)3(音楽表現専攻 県外枠合計で)321.5
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 弦楽コース学校推薦型選抜(全国枠)3(音楽表現専攻 県外枠合計で)000.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 打楽器コース学校推薦型選抜(全国枠)3(音楽表現専攻 県外枠合計で)100.0
音楽学部音楽学科音楽表現専攻 作曲理論コース学校推薦型選抜(全国枠)3(音楽表現専攻 県外枠合計で)100.0
音楽学部音楽学科音楽文化専攻 沖縄文化コース学校推薦型選抜(県内枠)2(音楽文化専攻 県内枠合計で)000.0
音楽学部音楽学科音楽文化専攻 音楽学コース学校推薦型選抜(県内枠)2(音楽文化専攻 県内枠合計で)111.0
音楽学部音楽学科音楽文化専攻 沖縄文化コース学校推薦型選抜(全国枠)1(音楽文化専攻 県外枠合計で)000.0
音楽学部音楽学科音楽文化専攻 音楽学コース学校推薦型選抜(全国枠)1(音楽文化専攻 県外枠合計で)000.0
音楽学部音楽学科琉球芸能専攻 琉球古典音楽コース学校推薦型選抜(県内枠)4(琉球芸能専攻 県内枠合計で)641.5
音楽学部音楽学科琉球芸能専攻 琉球舞踊組踊コース学校推薦型選抜(県内枠)4(琉球芸能専攻 県内枠合計で)111.0
音楽学部音楽学科琉球芸能専攻 琉球古典音楽コース学校推薦型選抜(全国枠)1(琉球芸能専攻 県外枠合計で)100.0
音楽学部音楽学科琉球芸能専攻 琉球舞踊組踊コース学校推薦型選抜(全国枠)1(琉球芸能専攻 県外枠合計で)000.0

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜の入試日程

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜の入試日程について解説します!

参考に、2024年度の入試日程を紹介します。

1.学校推薦型選抜

出願期間

令和5年11月1日(水)~11月8日(水)

2次試験日

令和5年11月18日(土)~11月19日(日)

合格発表日

令和5年12月1日(金)午前10時 

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜の必要書類・2次試験の内容

名桜大学の総合型選抜・学校推薦型選抜における必要提出書類と2次試験の内容について解説します!

なお、学部学科や入試方式によって必要な書類や2次試験の内容は異なってくるので、下の学部別の解説をご参照ください!

名桜大学の総合型選抜・学校推薦型選抜の必要書類・2次試験の内容は以下の通りです。

【必要書類】

  1. 志望理由商
  2. 調査書
  3. 推薦書
  4. 小論文(課題論文)
  5. 課題作品 
  6. 作品資料・作品ファイル・収集資料(ポートフォリオ)

 

【2次試験】

  1. 面接・口述試験
  2. 専攻試験・音楽に関する基礎能力検査

1.志望理由書

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜では、全ての学部学科の入試方式でエントリーシート(志望理由書)の提出が求められます。

志望理由書とは、その名の通り「その大学を志望する理由」をアピールするための提出書類です。

総合型選抜や学校推薦型選抜などは、志望理由書の提出が1次試験となっており、2次試験の面接では志望理由署をもとに質問が組み立てられます。

そのため、志望理由書はとても重要であり、ライバルよりも良い状態に仕上げなければいけません。

志望理由書の書き方、解説については下記の3つの記事で詳しく解説しています!

関連記事『志望理由書の書き方について大学受験のプロが徹底解説 | AOI|総合型選抜専門塾(旧AO推薦入試)なら AOI【公式】

関連記事『志望理由書添削をしてくれるおすすめの添削サービスを紹介 | 総合型選抜専門塾(旧AO推薦入試)なら AOI【公式】

関連記事『志望理由書で将来の夢がないときの対処法を専門塾が解説!

2. 調査書

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜では、志望理由書と同様に、全ての学部学科の入試方式で志望理由書の提出が求められます。

調査書の役割としては、大学側が志願者の卒業規定の単位と欠席数の確認をするためにあります。

名桜大学における総合型選抜・学校推薦型選抜では、大多数の学部で受験資格として、一定水準の平均評定を設定しているので、調査書の提出は必須となっています。

調査書は、各高校の窓口や担任の先生に申請することで入手することができます。

入学願書受付期間までに各日に用意するようにしましょう。

関連記事『総合型選抜(AO入試)の調査書は合否に影響あり?

3. 推薦書

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜においては、全ての学部学科の入試方式で高校の学校長が作成した推薦書の提出を求められます。

推薦書の入手は高校の担任の先生などを通して、入学願書受付期間までに確実にするようにしましょう。

4. 小論文(課題論文)

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜では、美術工芸学部の全ての入試方式で、小論文(課題論文)の提出が求められます。

小論文は自分の意見を筋道の通った理論で読み手を納得させるための文章の文章で、大学側は小論文を通し、志願者の論理的思考力や学力を図っています。

関連記事『小論文と作文の違いは?それぞれの重要ポイントを解説 | AOI|総合型選抜専門塾(旧AO推薦入試)なら AOI【公式】

2023年度入試の問題は以下の通りです!

学科専攻設問
美術学科絵画専攻問:あなたの好きな絵画作品を 2 点取り上げて論じなさい。条件: 400 字詰め原稿用紙(B4 判・縦書)に手書きで 1200 字以内
美術学科芸術学専攻問:任意の作品を一つ選び、それについて論じなさい。 条件:400 字詰め原稿用紙、手書きで7枚、2,800 字以内
デザイン工芸学科デザイン専攻問:あなたが感動した日常のデザインについて述べなさい条件:400 字詰め原稿用紙(B4版・縦書)手書きで 1,200 字以内
デザイン工芸学科工芸専攻問:あなたが作品制作をする際にテーマにしたいと思う「美しい自然(動植物・風景・現象など)」について述べなさい。 条件:400 字詰め原稿用紙(B4版・縦書)手書きで 2,000 字以内

また、小論文には書き方のコツや十分な対策が求められます。

総合型選抜専門塾AOIでは、小論文の対策について詳しく、分かりやすく解説した記事を出しています!

関連記事『小論文の書き方や構成を例文つきで専門家が解説!【読むだけで2倍書けるようになる】 | 総合型選抜専門塾(AO入試)AOI

関連記事『小論文は「です・ます」と「だ・である」のどちらで書くべき?「だ・である」を推奨する理由。 | 総合型選抜専門塾AOI

関連記事『小論文の書き出し(序論)は○○でOK!知るだけで得点UPする書き出し例3選 | 総合型選抜(AO入試)専門塾AOI

総合型選抜専門塾AOIでは小論文に関する無料相談も行なっています!

小論文についての無料相談に申し込む

5. 課題作品

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜では、美術工芸学部 美術学科 絵画専攻、デザイン工芸学科 デザイン専攻、デザイン工芸学科 工芸専攻にて課題作品の提出を課しています。

それぞれの学科専攻ごとの2023年の課題は次の通りです。

学科専攻設問
美術学科絵画専攻素描及び着彩 (油画又は日本画の課題を選択する)
油絵(素描)課題:透明ビニール傘(1本)、フェイスタオル(1枚)、トイレットペーパー(1個)、玉ねぎ(2個)を机上で組み合わせ素描しなさい。
油画(着彩)課題:自画像を自由に着彩しなさい
日本画(素描)課題:素描として、モチーフ:手を細密描写しなさい
日本画(着彩)課題:自画像を自由に着彩写生しなさい
デザイン工芸学科デザイン専攻鉛筆デッサン
課題:食材1点・キッチン用品 1 点・食器類 1 点、以上3点のモチーフ(いずれも自分で選んだもの)を自由に配置して鉛筆デッサンした作品
デザイン工芸学科工芸専攻鉛筆デッサン
作品の大きさ及び枚数:A3サイズの画用紙を3枚提出すること。モチーフ:ペットボトル(500ml銘柄自由)、野菜または果物、以上2点のモチーフを自由に配置する。 

6.作品資料・作品ファイル・収集資料(ポートフォリオ)

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜においては、美術工芸学部 美術学科 絵画専攻、デザイン工芸学科 デザイン専攻、デザイン工芸学科 工芸専攻において作品資料・作品ファイル・収集資料(ポートフォリオ)の提出を課しています。

学科専攻ごとに条件が異なります。

それぞれの学科専攻ごとの2023年の条件は次の通りです。

学科専攻設問
美術学科絵画専攻1年以内に制作した素描、着彩(合計10点以内)を撮影し、プリントアウトした用紙(A4)をクリップで留めること。提出時は課題作品と共に提出
デザイン工芸学科デザイン専攻受験者が3年以内に制作したもの(3点以上・10 点以内、立体作品、サイズの大きい作品は写真にすること)をA4のクリアーファイル1冊にまとめた作品集
デザイン工芸学科工芸専攻A3サイズのファイル 1 冊にまとめる。これまでに制作した作品や収集資料などのあなたの美意識をアピールできるもの。

ポートフォリオについて詳しく下の記事で解説しているので確認しましょう!

関連記事『総合型選抜(AO入試)のポートフォリオを専門塾が徹底解説します!

また、ポートフォリオの作成は難しいためプロ講師に添削してもらうことをオススメします。

総合型選抜専門塾AOIではポートフォリオに関する無料相談も行なっています!

ポートフォリオについての無料相談に申し込む

1.面接・口述試験

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜においては全ての学部学科で面接または口述試験もしくは両方が課せられています。

学校推薦型選抜において面接は、志望動機の確認や大学とのマッチ度を図るために実施されます!

学校推薦型選抜においては、面接は2次試験合格を決める重要な要素なので、しっかりとした対策が求められます。

以下の記事で面接・口頭試問の対策を十分に行ないましょう!

関連記事『大学入試の面接のコツ!合格者しか知らない面接のコツを大学受験のプロが解説! | 総合型選抜専門塾なら AOI【公式】

関連記事『【面接対策】総合型選抜(AO入試)面接の質問例・回答例12選

また、面接・口頭試問は様々な人に相手してもらうことが重要です!
模擬面接をしてくれるサービスもありますので、ぜひ活用しましょう。

関連記事『大学受験の模擬面接をしてくれるオススメサービスを紹介 | 総合型選抜専門塾(旧AO推薦入試)なら AOI【公式】

面接対策に不安がある…

そんな方のために、総合型選抜専門塾AOIでは小論文に関する無料相談も行なっています!

面接についての無料相談に申し込む

2.専攻試験

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜においては、音楽学部における全ての専攻・コースにて専攻試験を2次試験として課しています

2023年度の専攻試験の科目は

  1. 実技試験
  2. コールユーブンゲン
  3. 初見視唱
  4. 小論文
  5. 口述試験

の5種類で、この中から1〜2科目課されます。

学科専攻ごとに専攻試験の科目・科目数はことなりますので、入試要項で確認するようにしましょう。

3. 音楽に関する基礎能力検査

沖縄県立芸術大学における学校推薦型選抜においては、音楽学部における全ての専攻・コースにて音楽に関する基礎能力検査を2次試験として課しています

2023年度の音楽に関する基礎能力検査の科目は

  1. 楽典
  2. 聴音
  3. 新曲視唱
  4. 副科ピアノ
  5. 音楽又は舞踊の実技

の5種類で、この中から1〜3科目課されます。

学科専攻ごとに専攻試験の科目・科目数はことなりますので、入試要項で確認するようにしましょう。

沖縄県立芸術大学のアドミッションポリシー

沖縄県立芸術大学のアドミッションポリシーについて解説します!

アドミッションポリシーは大学の入学者受け入れ方針のことを指します。

アドミッションポリシーを定めているのかを知らなければ、自身がその大学に合っているのかどうかを確認することができません。

関連記事『アドミッションポリシーとは?読み方や志望理由書への踏まえ方を詳しく解説します!

沖縄県立芸術大学の全体のアドミッションポリシーは以下の通りです。

1.教育の理念沖縄県立芸術大学の建学の基本的な精神は、沖縄文化が造り上げてきた個性の美と人類普遍の美を追究することにあります。これに基づき、伝統芸術の継承と発展にとどまらず、新たな芸術創造の可能性を広げ、幅広く芸術分野で活躍できる人材を育成していきます。さらに、学生の専門的力量を高め、豊かな人間性と社会性を身につける教育を目指します。

2.本学の求める人材・本学の教育の理念をよく理解し、学習に必要な基礎的知識・技能を備えている人・芸術に強い関心があり、自ら課題を発見し解決するための思考力や判断力、表現力を備えている人・多様な芸術文化に興味を持ち、主体的に人々と協働し、現代社会に向けて新しい芸術創造の営みを発信していく意欲に満ちた人


学部別のアドミッションポリシーについては、以下を確認しましょう。

美術工芸学部

教育の理念

 大学の教育理念に基づき、沖縄県立芸術大学美術工芸学部では、沖縄の伝統に根差した美術工芸はもとより造形芸術に新たな地平を切り拓き、自ら社会的役割を担える作家、研究者、教育者などの専門家を育成するため、専門的素養と総合的知識、国際的視野を身につける教育を行います。

求める人材

 美術工芸学部の教育を達成するために、次に掲げる知識・技能や能力(思考力・判断力・表現力等)、目的意識・意欲等を備えた人材を求めます。

1.本学及び美術工芸学部の教育の理念をよく理解し、大学での学習に必要な基礎的な知識と技能を備えている人
2.美術・デザイン・工芸分野における制作や学習において、自ら課題を発見し解決するための思考力、判断力、表現力を備えている人
3.美術・デザイン・工芸分野において作家、研究者、教育者などの専門家になる意欲のある人
4.芸術文化の多様な背景を理解し、人とのコミュニケーションを大切に考え、社会性を認識し主体性を持って他者と協働できる人
5.沖縄固有の芸術文化や自然等に関心があり、沖縄で学ぶことに意義を見出せる人

音楽学部

教育の理念

 大学の教育理念に基づき、沖縄県立芸術大学音楽学部では、沖縄で育まれた個性ある音楽・芸能及び普遍的価値を持つ音楽芸術の体系的な研究を通じ、それらの継承発展とともに新たな芸術創造に寄与できる人材育成を目指します。そのために、専門分野における知識・技能を深めるとともに、広い視野を持って思考し、問題解決を行うために必要な教養を身につける教育を行います。

求める人材

 音楽学部の教育を達成するために、次に掲げる知識・技能や能力(思考力・判断力・表現力等)、目的意識・意欲等を備えた人材を求めます。

1.本学及び音楽学部のポリシーを十分理解し、大学での学習に自律的に取り組むことのできる人
2.音楽学部における学習に必要な基礎的知識・技能及び課題解決のための思考力・判断力・表現力を備えている人
3.自身の知識・技能をさらに伸ばし、将来、演奏家、作曲家、実演家、研究者又は教育者など、音楽・芸能分野における専門家となる意欲のある人
4.芸術創造の営みについて、現代社会との関わりの中で思考し、主体性を持って多様な人々と協働する意欲のある人
5.音楽や舞踊、沖縄における芸術文化や本学での学びに関心がある人

沖縄県立芸術大学の学部別 学校推薦型選抜 出願条件・必要事項

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜における出願条件について学部別に解説します!

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜においては全ての学科・専攻・コースにて県内枠と全国枠を設けています。

1.美術工芸学部

〇美術工芸学部 美術学科 絵画専攻

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員1
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
・課題作品
・作品資料
二次試験・面接
出願要件・全体の評定3.5~5.0
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員1
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文 
・課題作品
・作品資料
二次試験・面接
出願要件・全体の評定3.5~5.0
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇美術工芸学部 美術学科 芸術学専攻

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員1
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
二次試験・面接
・口述試験
出願要件・全体の評定3.5~5.0
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員1
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
二次試験・面接
・口述試験
出願要件・全体の評定3.5~5.0
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇美術工芸学部 デザイン工芸学科 デザイン専攻

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員3
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
・課題作品
作品資料
二次試験・面接
出願要件・全体の評定3.5~5.0
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員3
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
・課題作品
作品資料
二次試験・面接
出願要件・全体の評定3.5~5.0
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇美術工芸学部 デザイン工芸学科 工芸専攻

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員5
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
・課題作品
・作品ファイル、収集資料
二次試験・面接
出願要件・全体の評定3.5~5.0
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員5
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
・小論文
・課題作品
・作品ファイル、収集資料
二次試験・面接
出願要件・全体の評定3.5~5.0
現浪現役のみ
併願/専願専願

2.音楽学部

〇音楽学部 音楽学科 音楽表現専攻 声楽コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員3(音楽表現専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員3(音楽表現専攻 全国枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 音楽表現専攻 ピアノコース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員3(音楽表現専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願
選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員3(音楽表現専攻 全国枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 音楽表現専攻 弦楽コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員3(音楽表現専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員3(音楽表現専攻 全国枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 音楽表現専攻 打楽器コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員3(音楽表現専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員3(音楽表現専攻 全国枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 音楽表現専攻 作曲理論コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員3(音楽表現専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員3(音楽表現専攻 全国枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 音楽文化専攻 沖縄文化コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員2(音楽文化専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員1(音楽文化専攻 県外枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 音楽文化専攻 音楽学コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員2(音楽文化専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員1(音楽文化専攻 県外枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.5以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 琉球芸能専攻 琉球古典音楽コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員4(琉球芸能専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.0以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員1(琉球芸能専攻 県外枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.0以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

〇音楽学部 音楽学科 琉球芸能専攻 琉球舞踊組踊コース

選抜方式学校推薦型選抜(県内枠)
募集定員4(琉球芸能専攻 県内枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.0以上
・沖縄県内の高等学校を卒業
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

選抜方式学校推薦型選抜(全国枠)
募集定員1(琉球芸能専攻 県外枠合計で)
出願書類・調査書
・推薦書
・志願理由書
二次試験・専攻試験
・音楽に関する基礎能力検査
・面接
出願要件・評定3.0以上
現浪現役のみ
併願/専願専願

 

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜はこんな人におすすめ!

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜について理解していただけたでしょうか?!

ここからは、この選抜方法がどのような学生におすすめなのかを詳しくご紹介していきます!

継続して芸術活動・音楽活動に取り組んできた人

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜は継続して芸術活動・音楽活動に取り組んできた人は有利と言えます。

例えば、美術工芸学部の学校推薦型選抜では作品資料・作品ファイル・収集資料等のポートフォリオ提出が求められますし、音楽学部の学校推薦型選抜では音楽に関する基礎能力検査や専攻試験で実技試験が課される場合があります。

だからこそ、継続して芸術活動・音楽活動に取り組んできた人には沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜はおすすめと言えます!

沖縄県内出身の人

沖縄県立大学の学校推薦型選抜はすべての学部、学科、専攻・コースにおいて沖縄県内在住者向けの「県内枠」が設けられています。

また、沖縄県内の国公立大学なので、経済的負担を大きくしたくない人にはおすすめできる大学となっています。

加えて、沖縄県立芸術大学は、音楽学部に沖縄文化コースや琉球古典音楽コース、琉球舞踊組踊コースが設けられているので、幼い頃から沖縄の芸能文化に取り組んできた人にはおすすめの大学と言えます。

平均評定に自信がない人

沖縄県立芸術大学の総合型選抜では、出願条件として定められている平均評定が、音楽学部 音楽学科 琉球芸能専攻で3.0から、その他の学部学科専攻で3.5から設定されているので平均評定に自信がない人でもチャレンジしやすくなっています!

関連記事『総合型選抜(AO入試)や学校推薦型選抜(推薦入試)で評定平均は必ず必要? | 総合型選抜専門塾なら AOI【公式】

学校推薦型選抜で沖縄県立芸術大学に合格するためには?

名桜大学は最高倍率が6.3倍にも上る人気がある大学であるため、総合型選抜・学校推薦型選抜で名桜大学に合格するためには以下のことが必要です!

高校時代の芸術活動・音楽活動実績

先程も、述べた通り沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜は全ての入試方式においては作品資料・作品ファイル・収集資料等のポートフォリオ提出や2次試験において音楽に関する基礎能力検査や専攻試験で実技試験が課される場合があります。

だからこそ、高校時代の芸術活動・音楽活動実績も必要となってきます。

どのように活動実績を積んだらいいのか分からない…という人向けに

総合型選抜専門塾AOIでは活動実績についての悩みに関する無料相談も行なっています!

活動実績についての無料相談に申し込む

万全な志望理由書・二次試験対策

沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜では、全ての学部学科、入試方式において志望理由書の提出が求められています。

望理由書は、なぜその大学に入りたいのか、何を学んでそれを今後のキャリアにどのように生かしたいのかを大学側に説明するための文章で、そんな志望理由書が不十分であると、合格する可能性は一気に下がってしまいます…

だからこそ、志望理由書への万全な対策と、志望理由書を完成させるための自己分析が重要となってきます。

志望理由書の書き方に関しては、以下の記事で解説していますのでぜひ確認しましょう!

関連記事『志望理由書の書き方について大学受験のプロが徹底解説 | AOI|総合型選抜専門塾(旧AO推薦入試)なら AOI【公式】

また、美術工芸学部では提出書類として小論文(課題論文)の提出も必要となってきます。

小論文(課題論文)は他の提出書類に比べ難易度が高いため、1人での対策は非常にリスクが高いです。

加えて、志望理由書や小論文(課題論文)が完璧でも、2次試験対策が不十分だと、2次試験で落とされてしまいます。

そのため、万全な面接対策が必要となってきます。

総合型選抜専門塾AOIでは志望理由書・二次試験対策が不安だな…という人向けに無料相談も行なっています!

無料相談に申し込む

沖縄県立芸術大学に学校推薦型選抜で合格したいならAOI

ここまで、沖縄県立芸術大学の学校推薦型選抜について解説してきました!

沖縄の芸術文化の創造と継承を第一線で行なっている沖縄県立芸術大学の魅力について感じていただけたのではないでしょうか。

しかし、沖縄県立芸術大学に合格するためには、やはり万全な志望理由書対策や小論文対策、面接といった二次試験対策をしなければ、合格することが難しくなっています。

また、志望理由書や二次試験の対策を万全に行なうには様々なことが求められます。

だからこそ、プロ講師のもとでの対策を強くおすすめします!

関連記事『メンター(講師)紹介 | 総合型選抜(AO入試)専門塾AOI

総合型選抜専門塾AOIではプロ講師による大学合格に向けた対策を行なっています!

業界トップクラスの合格実績を誇るAOIだからこそ、万全な対策を行なうことができます。

関連記事『小論文の塾なら総合型選抜(AO入試)専門塾AOIで決まり!最高レベルの小論文指導をあなたに。

まずは無料で行なっている受験相談にご参加ください。

下の画像をタップしてお申込みください。